ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > がん >  甲状腺がん

甲状腺がん

甲状腺がんでも入れる・加入できる保険

甲状腺がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

甲状腺がんの治療法

甲状腺がんの記事に関する挿絵

がんの治療は、がんの種類や病期(ステージ)、患者の状態などによって選択される治療法が異なります。甲状腺がんも例外ではありません。甲状腺がんの治療には手術、放射線治療、薬物療法(ホルモン療法、抗がん剤治療)などがあり、これらを組み合わせて治療されることが一般的です。

分化がん(乳頭がんや濾胞がん)や髄様がんは基本的に甲状腺の切除と頚部リンパ節の郭清(かくせい:がん根治のために転移の有無にかかわらずリンパ節をすべて取りのぞくこと)をおこないます。甲状腺の切除範囲などはがんの進行程度に応じて決められます。

手術後は、甲状腺ホルモン剤の服用が必要な場合があります。甲状腺を全部摘出した場合には、甲状腺ホルモンが作れなくなるため、薬によって補うことが必要です。甲状腺全摘手術後には副甲状腺機能低下症となることがあります。このような場合にはビタミンD剤やカルシウム剤の服用が必要となることがあります。

甲状腺がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

濾胞がんが肺や骨などに遠隔転移した場合には、甲状腺の組織がヨードを取り込む性質があることを利用した「放射線ヨード内用療法」がおこなわれることがあります。手術で甲状腺を全部切除したあとに放射線ヨードを内服すると、甲状腺がんの再発・転移した部分の組織がそれを取り込み、放射線を放出することでがん細胞を破壊する療法です。別名「アイソトープ治療」とも呼ばれます。

この放射線ヨード内用療法(アイソトープ治療)では、高い治療効果をあげるために、ヨードを含む海藻類や貝類、寒天などの食品の摂取を制限したりすることが必要です。ただこの治療法は、髄様がんなど転移巣にヨードを取り込む力がない場合や未分化がんには効果は期待できません。

未分化がんは進行が早く悪性度が高いため、がんを取り残すことなく手術を行なうだけでなく、さらに放射線や抗がん剤による化学療法が必要になります。一方で、分化がんでは手術による効果が高いため、抗がん剤などは使用されることはほとんどありません。

甲状腺がんは比較的進行が遅いがんですが、早期発見・治療をおこなうことで根治がみこめる病気でもあります。また、手術による体への負担や予後のこともあるため、担当医に事前に話をしっかり聞いて自分にあった治療法を選択できるようにしましょう。

甲状腺がんでも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

甲状腺がんでも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3840】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ