ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > がん >  大腸がん

大腸がん

大腸がんでも入れる・加入できる保険

大腸がんとは

大腸がんの記事に関する挿絵

大腸がんとは、結腸がんと直腸がんの総称ですが、中でも直腸がんは全体の約4割を占めます。
この他にも、直腸の手前であるS状結腸部にも比較的多くがんが発生します。

大腸がんの原因は、近年の食生活の欧米化や高齢化が発生要因となっている上、遺伝的な要素で大腸がんになる方がいるのも分かっています。
では、大腸がんを発症したらどんな症状が出るのでしょうか。

実は、大腸がんは発症初期には無症状のことが少なくありません。そのため、自覚する症状は全く何もなく、検診などの便潜血(べんせんけつ)検査で、便に血液(ヒトヘモグロビン)が混じっていることが大腸がん発見のきっかけだったというケースがよくあります。大腸がんは、ある程度進行してから、血便、下痢や便秘、便が細い、残便感、腹痛などの症状が出てくるケースが多いのです。

大腸がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

大腸は170センチ程度と長い臓器のため、症状のあらわれ方はがんができた部位によっても異なります。たとえば、肛門から遠い「結腸の右半分」にできたがんは症状が出にくく、がんが大きくなって腹部腫瘤として初めて気がつくということもあります。じわじわと出血が続いて、貧血症状が出てから異変に気が付くことも少なくありません。
一方、肛門に近い直腸やS状結腸部分にできたがんは、血便や便の通過障害(便秘)が起こりやすく、比較的早期の段階から症状が出ることが多いのが特徴です。

検診の便潜血検査で陽性となったり、血便や便通異常などの自覚症状があったりして、大腸がんが疑われる場合、「内視鏡検査」で詳しく大腸内部を調べます。
内視鏡検査とは、肛門から内視鏡を挿入し、直腸、S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸まで、大腸全体を調べる方法です。事前に下剤を服用し、大腸内部を綺麗にした状態で検査をおこないます。
全身麻酔を要するほどの大きな苦痛を伴う検査ではありませんが、曲がりくねった大腸内を内視鏡が通過する際にある程度の圧迫感や痛みを感じることがあります。そのため、検査前に鎮痛剤を静脈内に投与して、ぼんやりした状態で苦痛なく検査が受けられるように工夫している病院もあります。

内視鏡検査でがんが疑われた場合、組織の一部を採取し病理検査を行い、がん細胞の有無を確認します。もし、がんと判断されれば、CT検査などで、がんの進行度やリンパ節やほかの臓器への転移の有無などを詳しく調べます。こうした検査の結果により、大腸がんの病期(ステージ)を判定し、その後の治療方針を決定します。

大腸がんでも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

大腸がんでも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3840】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ