ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > がん >  前立腺がん

前立腺がん

前立腺がんでも入れる・加入できる保険

前立腺がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

前立腺がんとは

前立腺がんの記事に関する挿絵

前立腺は男性固有の臓器で、膀胱(ぼうこう)の下側、直腸の前にあり、栗の実に形が似ています。尿道を取り囲むように位置しており、ここで精液の一部がつくられています。
前立腺がんとは、前立腺の細胞が無秩序に増殖をくり返すことで発症する悪性腫瘍のことです。早期に発見すれば治癒することが可能です。また、多くの場合比較的ゆっくり進行します。

男性特有のがんである前立腺がんですが、日本人の患者数は増加傾向にあります。前立腺がんのリスクを高める要因として、前立腺がんの家族歴、高年齢が明らかにされています。前立腺がんは50歳以上の男性では加齢とともに発症するリスクが高まっており、家系(特に父親または兄弟)に前立腺がんの方がいる場合は、前立腺がんになる確率が高くなりやすいといわれています。

その他にも肥満、食品(カルシウムの過剰摂取など)、喫煙などについて多くの研究がおこなわれていますが、まだ明らかではありません。しかし、多くのがんで喫煙やかたよった食生活などが要因でがんが発症しているケースも多くあるため、気をつける必要があります。

ほかの多くのがんもそうですが、前立腺がんについても、早期発見することが、がんを克服し根治するためにはとても重要なのです。しかし早期の前立腺がんは無症状のことが多いので注意が必要です。
排尿機能障害などの症状が出ることがありますが、これらは合併することが多い前立腺肥大症の特徴的な症状であり、前立腺がんが進行して血尿や骨への転移などによる腰痛を発症して初めて発見されることも少なくありません。

では早期発見に大切なことはどんなことでしょうか?
それは、症状が出る前から定期的に検査を受けることです。前立腺がんの発見には血液中の腫瘍マーカーを調べる「PSA(前立腺特異抗原)検査」が普及しています。血液中のPSAは前立腺がんの進行につれて高い値を示すことが分かっており、前立腺がんの発見にはPSAの測定が欠かせなくなっています。とくに50歳を過ぎたら、特に自覚症状がなくても人間ドックなどで定期健診を受けることが大切です。

前立腺がんでも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

前立腺がんでも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3840】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ