ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > がん >  前立腺がん

前立腺がん

前立腺がんでも入れる・加入できる保険

前立腺がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

前立腺がんのデータ

国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によると、平成25年時点で前立腺がんの罹患数は男性で4番目に多いがんです。ですが、死亡率は人口10万人あたりで19.4となっており、低い数値となっており、5年相対生存率は97.5と高くなっています。以上のことから、前立腺がんは、多くの患者数がいるがんですが、早期に発見することで根治し、死亡する可能性は低いということがわかります。

厚生労働省の調査によると、前立腺がんの患者数は平成17年から23年は約18万人となっていましたが、26年には21万1,000人に増加しています。前立腺がんの直接的な原因として明らかになっているのが「加齢」です。年齢別の患者数のグラフのとおり、50代頃から患者数は増え始め、70代でピークをむかえています。ホルモンバランスの変化が原因と考えられていますが、詳細は明らかにはなっていません。

前立腺がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

前立腺の悪性新生物の総患者数(年齢)

前立腺の悪性新生物の総患者数(年齢)

出典:厚生労働省 「平成26年 患者調査」より

がんの早期発見による死亡者数の減少は、わが国にとっても大きな課題です。厚生労働省は、全体目標として「がんによる死亡者の減少」が掲げられ、その達成に向けて「がん検診の受診率を50%以上に」と目標を設定しています。

前立腺がん検診については、胃がんや大腸がん、乳がん検診ほど高くはありません。腫瘍マーカーの測定による「PSA検診」によって早期発見が期待できることを考えると、検診の普及が前立腺がんの死亡者数の減少に向けての課題の一つといえそうです。

加齢にともなって罹患リスクが高くなる前立腺がんですが、早期発見と予防をしっかりおこなうことで、根治の可能性があるがんです。 50歳をすぎたら、1年に1回程度、がん検診を受けるようにしましょう。
また、生活習慣を見直すにあたって、もっとも重要なのは「食生活」です。できるかぎり動物性脂質の多い食事を控えるなど、バランスのいい食事を心がけましょう。他にも喫煙や、運動不足なども影響します。

生活習慣を見直すことで、前立腺がんのリスクだけではなく、その他のがんや心疾患、脳血管疾患などの生活習慣病を予防することも可能です。

前立腺がんでも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

前立腺がんでも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3840】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ