ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > こころの病気 >  うつ病

うつ病

うつ病でも入れる・加入できる保険

うつ病でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

うつ病とは

うつ病の記事に関する挿絵

うつ病は精神疾患の一つです。
「ゆううつである」「気分が落ち込む」などの精神面の不調が現れることが特徴です。
それによって、意欲や集中力の低下、決断力や性欲の減退など行動の障害が出ることがあります。
もちろん他の疾病の可能性もありますが、これらの状態が2週間以上続くと「うつ病」が疑われます。
もっとも、精神面よりも身体面の症状が、先に出現することもあります。

たとえば、「疲れやすい」「体がだるい」「食欲がない」などの状態に加えて、吐き気やめまい、胃の不快感、便通異常、手足のしびれなどの症状も出る場合もあります。
うつ病の初期症状として典型的なのは「不眠」です。うつ病患者の9割は不眠症などの睡眠障害に悩んでいるとされています。うつと不眠には深い関係があり、これらが重症化すれば「自殺」のリスクが高まります。厚生労働省や警察庁の調査によると、年間約3万人の自殺者のうち、3~4割がうつ病にかかっていたという結果があるほどです。

うつ病は、精神的・身体的なストレスによって、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの働きが低下することが原因といわれており、自律神経の機能やホルモンの分泌の低下も原因のひとつといわれています。

うつ病でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

発症の引き金としては、仕事や家庭における環境の変化、本人の性格や考え方の特徴、遺伝的な要素が関係する場合が多いようです。
たとえば、仕事における異動や昇進、単身赴任などの環境変化や、人間関係の問題でストレスを感じることは少なくありません。女性では妊娠・出産、子育てによる家庭内の変化が原因になることもあります。もちろん、家族や大切な人との死別は、誰にとってもうつ病の原因となりえます。

性格的には、まじめで几帳面、責任感が強く、何でも頑張りすぎてしまう人などが、うつ病になりやすい傾向があるようです。
遺伝的な要因もあり、親子や兄弟にうつ病の罹患者がいると、家庭内での発症率がそれ以外の家庭と比べて1.5~3倍高まるという報告もあります。

身体的なストレスも発症要因となります。
たとえば、がんや脳卒中、心筋梗塞、その他生活習慣病などの持病が重症化すればそれだけストレスを感じやすく、うつ病を発症するリスクも高まります。抗がん剤の服用など、治療のための薬剤の副作用でうつ病を併発するケースも出ています。

うつ病は「心の風邪」などと言われることはありますが、実際は脳の機能障害が原因であり、誰もが発症する可能性がある病気なのです。

うつ病でも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

うつ病でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3820】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ