ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > こころの病気 >  パニック障害

パニック障害

パニック障害でも入れる・加入できる保険

パニック障害でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

パニック障害とは

パニック障害の記事に関する挿絵

パニック障害とは、動悸や息切れや強い不安を伴う発作が、思いもかけない時に、突然発生する病気です。
このパニック発作を繰り返していると、また発作に襲われるという「予期不安」や、発作が起こる状況に対する「広場恐怖」という症状が出現するようになり、そして、それらの状況を避けるような行動(回避行動)をとるようになります。
生活の行動範囲が狭くなり、日々の生活にも支障をきたすようになってしまう場合も多々あります。
それが原因で、抑うつ状態になってしまう場合もあります。

パニック発作の症状としては、心臓がドキドキしたり、息切れや息苦しさがしたり、窒息感、胸の痛みや不快感、吐き気、発汗などの全身症状、めまい、ふらつき、自分が自分で無いような感じ、このまま死んでしまうのではないかという不安や恐怖などの症状があげられます。
パニック障害は100人に1人の割合で、女性や若年者、親兄弟がパニック障害の場合に多くみられます。

パニック障害でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

典型的には、電車に乗っている時、会社での会議中やふと緊張感がとけてほっとした時、以前パニック発作を起こした場所や車の運転時などに突然発作が起こります。不安感の強い人や恐怖心を感じやすい人、極端な高所恐怖症、閉所恐怖症、極度の人見知りなどの性質を持つ人は強いストレスを感じるとパニック障害を発症しやすい可能性があります。
しかし、そのように本来の性格も関係している可能性がありますが、最近ではパニック障害を起こす要因として脳の働きの異常が関連しているのではないかと考えられています。

「パニック発作」、「予期不安」、「広場恐怖」などの症状は、脳 (大脳、大脳辺緑系、青斑核・視床下部) の各部分のそれぞれが持つ機能に応じてあらわれているもので、単に気力で発作を防ごうと思っても防げるわけではありません。パニック障害の際に脳の中で起こっている変化に対する医学的治療が必要だということが最近の研究でわかってきています。

パニック障害を発症して長引くと、社会的活動が制限されてしまい、食欲低下、不眠、楽しくない、自分には価値が無い、憂鬱で気分が沈むなどの抑うつ症状があらわれることがよくあります。そして、うつ病と同じように、脳内でセロトニンという伝達物質の働きが低下していることも示されています。
パニック障害は、精神的疾患ではありますが、誰でもがかかる可能性のある脳の病気であることを認識して、早期から積極的に治療を受けることが大切です。

パニック障害でも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

パニック障害でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3820】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ