ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > こころの病気 >  パニック障害

パニック障害

パニック障害でも入れる・加入できる保険

パニック障害にそなえる保険選び

パニック障害の記事に関する挿絵

パニック障害は決して珍しい病気では無く、男性よりも女性の方が発症しやすいともいわれています。
またパニック障害の多くは、本人も周囲の人も病気だとは思わないことが多く、気のせい・気にしすぎ・性格的なものなどとみなしてしまいがちです。
しかし、それは精神疾患の1つであり、治療可能な病気であるということをよく理解し、本人だけでなく、家族や周囲の人々にも正しい理解を持ってもらうことが重要なことです。

もしパニック障害になってしまった場合に、罹患期間をより短くするためには、早期発見、早期治療につとめ、ソーシャルサポートの充実のために、家族や周囲の人々の理解や協力を得て、社会的な支援体制を整備することも必要となります。
たとえ発症しても、アルコール依存を避け、うつ病やうつ状態が見られたら早目に十分な治療を行うことが、転帰の悪化を防ぐ重要なポイントです。

ニッセンライフでは、持病や既往症がある方から保険加入の相談を受け付けていますが、パニック発作で治療中の方からの相談も増えています。
一般的に持病や既往症がある方は、症状が悪化して入院する可能性や、生活習慣病など他の病気にかかる可能性があり、健康な方よりもリスクが高くなるため、通常の医療保険や死亡保険に加入することは難しくなります。
そのためニッセンライフでは、持病や既往症のある方については、持病の悪化や再発まで保障する保険「引受基準緩和型保険」をご案内しています。

パニック障害でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

「引受基準緩和型保険」とは、通常の保険よりも保険会社がもうけている加入条件の基準(引受基準)が緩和されている保険のことです。 通常の保険よりも保険料が割増しされているなどの条件はありますが、持病の悪化や再発にもそなえることができます。
また、通常の保険に申し込みをする場合、入院や投薬の有無、過去の病歴など8~10の告知項目(質問事項)に回答する必要がありますが「引受基準緩和型保険」の場合、この告知項目は3~5項目となりその内容もすべて「はい」「いいえ」で回答できるものになっています。

引受基準や告知項目は保険会社によって異なるため「A社の医療保険には申し込みができなかったが、B社の医療保険には申し込みができた」という場合があり、パニック障害の場合、保険会社によっては通常の「がん保険」に加入できる場合もあります。まずはニッセンライフまでお問い合わせください。

パニック障害でも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

パニック障害でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3820】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ