ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > こころの病気 >  統合失調症

統合失調症

統合失調症でも入れる・加入できる保険

統合失調症でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

統合失調症とは

統合失調症の記事に関する挿絵

統合失調症とは、思考や行動、感情を統合する能力が長期間にわたって低下する疾病です。

かつては「精神分裂症」という名称でしたが、
「社会的に見て否定的な響きがあり、偏見や差別につながる」
との全国精神障害者家族会連合会の申し入れを受けて、2002年の日本精神神経学会で統合失調症と変更されています。
https://www.jspn.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=77

典型的な症状は「幻覚」や「幻聴」、「妄想」です。
「幻覚」とは実際にないものをあるように感じる知覚の異常で、「幻聴」とは自分の悪口やうわさ話などが聞こえてくるように感じることです。
一方、「妄想」とは、明らかに誤った内容を信じてしまい、周りが訂正しようとしても受け入れられない状態で、「被害妄想」や「誇大妄想」がよく知られています。被害妄想とは、常に誰かから嫌がらせをされていると考える症状、誇大妄想とは「自分が世界を動かしている」などと勘違いをするような状態です。
症状が悪化すれば、会話や行動に支障が出たり、他人の感情や表情の理解が困難になったりすることもあります。

統合失調症でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

では、統合失調症の発症原因はどこにあるのでしょうか。
これまでの研究の結果から、統合失調症の患者の脳には軽度の変化があることが明らかになっています。脳内のドーパミンやセロトニン、グルタミン酸、GABAなどの神経伝達物質の作用が過剰になり、意欲やその持続、情報処理・認知などに障害が起こります。
さらに、患者の脳をCTやMRIで検査すると、前頭葉や側頭葉など脳の一部分の体積が健康な人よりも小さい傾向があることが分かっています。

こうした変化がなぜ起こるのかは実は解明されてはいません。
もともと統合失調症になりやすい素因を持っている人が仕事や人間関係のストレス、進学・就職・結婚などの人生の転機における環境変化をきっかけとして発症するのではないかという説が有力です。遺伝性の統合失調症もあると指摘する専門家もいます。

統合失調症でも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

統合失調症でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3820】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ