ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > こころの病気 >  精神疾患

精神疾患

精神疾患でも入れる・加入できる保険

精神疾患でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

精神疾患とは

精神疾患の記事に関する挿絵

たくさんのストレスに囲まれている現在社会において、精神疾患(心の病気)を抱えている方はたくさんいらっしゃいますが、精神疾患というのは研究が難しく、医学的にもまだまだわからない所が多い疾患です。
また、精神疾患は外からは見えにくい病気ですが、誰でもかかる可能性がある病気です。
脳の血管障害、脳の感染症による脳の疾患、頭部外傷により直接脳に与えられた障害によって精神症状が出てくるものもあれば、統合失調症や感情障害(そううつ病)など脳の機能的な問題が原因で起こるものもあります。

精神疾患の症状は病気によってことなり、様々な症状の組み合わせや程度、その症状の期間などから診断されます。
精神疾患の中でも多い症状の一つに「抑うつ状態」があります。その症状とは、つらい・悲しい・憂鬱などの気持ちになり気力が出ないといったような症状です。他にも、幻覚・幻聴症状や強迫症状などがあり、症状の中には健康な人にも生じうるものもあります。
しかし、この症状に該当したからといって、精神疾患であるというわけではありませんので、不安な場合は専門機関に相談してみましょう。

精神疾患でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

統合失調症や感情障害(うつ病・そううつ病)などの精神疾患の原因は心因性・外因性・内因性の3つに分けることができます。

分類 原因
心因性 強いストレスによって起こる。
反応性うつ病や不安神経症などがある。
外因性 脳腫瘍や脳血管障害などの脳の病気、感染症や内臓の病気によって精神障害が起こる。
内因性 脳の機能的な問題によって起こる。統合失調症やそううつ病、うつ病などがある。

近年30代から50代の働き盛りの世代にうつ病や不安障害などが広がっており、重症化して長期休養や退職を余儀なくされる人も増えています。従業員の労災認定件数では、精神障害が脳や心臓の疾患を上回っています。
精神疾患の患者が増えた理由には、うつ病などについての認識が広まり、心療内科や精神科を受診する機会が増えていることもあげられます。

精神疾患は決して特別な人だけがかかる病気では無く、誰でもなりうる病気で、その症状に困るだけでなく、生活上の困難を生じさせることが多々あります。
また、精神疾患と向き合っていくには、医療だけでなく周囲の理解や支援がとても重要になります。

精神疾患でも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

精神疾患でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3820】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ