ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > こころの病気 >  精神疾患

精神疾患

精神疾患でも入れる・加入できる保険

精神疾患の治療法

精神疾患の記事に関する挿絵

精神疾患の治療法として、「薬物療法」や「電気療法」、カウンセリングなどの「精神療法」、社会復帰するためのリハビリやプログラムなどの「社会的治療」があります。
治療専念期・リハビリ期・職場復帰準備期に応じた治療が必要になります。

精神疾患で最も基本となる治療法は薬物療法です。
統合失調症や精神疾患は、脳の機能障害で起こっているのですが、本質的な原因は分かっていないので、まずは薬によって乱れた機能を整えることが重要になります。

薬物療法による症状の改善は、第三者、介護する人の介入や、看護を容易にします。また、精神療法をおこなったり、社会復帰プログラムをおこなったりするためには、多くの場合は薬物療法が必要です。

精神疾患でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

治療法 効果・方法
薬物療法 幻覚や妄想、不穏、興奮、焦躁、抑うつ、不安、躁(そう)、緊張、強迫、不眠など様々な症状を改善。精神疾患は再発性がある疾患だが、抗精神病薬にも、抗うつ剤にも、気分安定薬にも症状を改善する作用だけではなく、再発予防にも効果がある。
心理療法 物理的または化学的手段に頼らず、教示、対話、訓練を通して、精神障害や心身症の治療そして、心理的な問題や不適切な行いに対して、患者の精神的健康の回復、保持、増進を図るための技法。
心理社会療法 社会生活技能訓練や、集団療法、アクセプタンス&コミットメント・セラピー(認知行動療法、または臨床行動分析)
電気けいれん療法 頭部(両前頭葉上の皮膚に電極を当てる)に通電することによって人為的にけいれん発作を起こさせ治療をおこなう。
光療法 高照度の光を浴びる治療法。
一部の睡眠障害やうつ病に効果があるとされる治療法の一つ。
脳深部刺激療法 脳の一部が機能不全を起こしている患者の脳に、適切な電気的または磁気的な刺激を継続的に送ることによって、症状の改善をはかる治療法。
経頭蓋磁気刺激法 8の字型の電磁石による急激な磁場の変化によって、弱い電流を組織内に取り入れることにより脳内のニューロンを興奮させる治療法。

精神疾患でも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

精神疾患でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3820】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ