ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > こころの病気 >  精神疾患

精神疾患

精神疾患でも入れる・加入できる保険

精神疾患でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

「精神疾患」に関する相談例

持病や既往症がある方向けの保険商品をご案内しているニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、精神疾患と、診断を受けた方からのご相談が数多くあります。
主な質問とその回答例をご紹介します。

気分が不安定なときに、睡眠薬や安定剤を飲んでいるだけで日常生活に支障はありません。ほかの持病もありません。保険に加入出来ますか?

回答はこちら

過去2年以内に入院や手術がなく、医師からも入院・手術などをすすめられていなければ、「引受基準緩和型」の医療保険や終身保険をご案内できる可能性があります。

これまでに精神疾患などの病気と診断されたことはありませんか? もしあれば正確な病名をお伝えください。その上で、過去2年以内に入院や手術がなく、医師からも入院・手術などをすすめられていなければ、「引受基準緩和型」の医療保険や終身保険をご案内できる可能性があります。現在、服薬中の方は、通常の保険への加入は難しくなります。

うつ病で1年ほど通院しています。引受基準緩和型の医療保険は入院・手術の保障が中心のようですが、通院の保障はありますか?

回答はこちら

保険会社によっては、「入院後の通院保障」を特約として付帯できる医療保険を取り扱っています。

引受基準緩和型の医療保険の多くは、入院・手術の保障が中心となります。ただ保険会社によっては、「入院後の通院保障」を特約として付帯できる医療保険を取り扱っています。詳細はカスタマーコンタクトセンターにお問い合わせください。

統合失調症と診断され通院しています。医師からは半年前に入院するように勧められましたが、自分では大丈夫だと思ったので断りました。引受基準緩和型医療保険の告知を見たところ、すべての項目が「いいえ」でした。保険に加入できますか?

回答はこちら

すべて「いいえ」で保険に加入できたとしても、保障開始前に医師から勧められていた入院や手術は保障対象外となります。

告知書に対してすべて「いいえ」で保険に加入できたとしても、保障開始前に医師から勧められていた入院や手術は保障対象外となります。十分ご注意ください。

不眠症で通院しています。先日ニッセンライフから引受基準緩和型医療保険と無選択型医療保険のパンフレットが届きました。無選択型は告知が不要で簡単なので、無選択型に申し込むべきですか?

回答はこちら

無選択型の医療保険は告知が不要で、どなたでも申し込めるため、保険料が割増しされていて保障内容にも制限がございます。

無選択型の医療保険は告知が不要で、どなたでも申し込めるため、保険料が割増しされていて保障内容にも制限がございます。まずは、引受基準緩和型の商品にお申し込みいただけないかご検討ください。

20代の男性です。統合失調症で現在休職中です。どんな保険に加入できますか?

回答はこちら

現在休職中の方でも、引受基準緩和型の医療保険に加入できる可能性があります。

引受基準緩和型の保険でご案内出来る可能性がございます。告知や保険会社の引受制限に該当する場合は、告知が不要な無選択型の医療保険をご案内させていただいています。

*ニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターでは、精神疾患と、診断を受けた方の保険加入のご相談を受け付けています。ぜひお気軽にお電話ください。

精神疾患でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3820】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ