ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > 女性の病気 > 子宮筋腫

子宮筋腫

子宮筋腫でも入れる・加入できる保険

子宮筋腫でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮筋腫とは

子宮筋腫とは、子宮の筋肉にできる腫瘍のことです。
婦人科があつかう病気の中では、最も患者数が多く、約10万人以上が通院していると概算されています。
生殖可能年齢の女性の20~30%に発生しているとされており、特に30歳~40歳代の発症率が高い傾向にあります。
子宮筋腫の約95%が子宮体部にできます。

発生部位によって、
①粘膜下筋腫(ねんまくかきんしゅ)=子宮の内側に向けて発育する筋腫
②筋層内筋腫(きんそうないきんしゅ)=子宮の筋肉の中で発育する筋腫
③漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)=子宮の外側に向けて発育する筋腫
の3つに分類されます。

子宮筋腫の大きさは1センチ以下のものから、20~30センチのものまでさまざまで、複数の筋腫が同時に発生するケースも多くあります。子宮筋腫のほとんどは、良性の腫瘍とされています。
「良性」とは、「腫瘍が大きくなれば、さまざまな症状をもたらす可能性はあるが、すぐに生命をおびやかすものではない」という意味であり、症状が全く出ない人も多くいます。

子宮筋腫でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

しかし、良性で症状がなければ100%安心というわけではありません。短期間のうちに肥大化することもあれば、内出血を起こして重症化することもありえます。また、子宮筋腫は不妊症を引き起こす要因のひとつです。だからこそ、健康な人も子宮筋腫が見つかった人も、定期的な婦人科検診に行く必要があるのです。

その一方で「悪性」とは、がんなどに代表されるように、「命を奪う可能性がある腫瘍」です。悪性はまれで、全体の0.5%程度となっています。

子宮筋腫の発症要因は、はっきりと分かっていません。ですが、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)が、筋腫の発生・増大に大きな影響を与えていると考えられています。そのため、女性ホルモンの働きが活発な20~50歳代にみられる病気で、その間にできた筋腫は、女性ホルモンの影響を受けて増大していきます。

一方、女性ホルモンの分泌が急激に減る「閉経後」には筋腫は縮小していき、新たに発症することはほとんどありません。月経時に出血量が増えたり、生理以外に不正出血があったりするのは、子宮筋腫のひとつのサインです。

また、出血が増えることで貧血になり、婦人科で診察したら子宮筋腫が原因だったということもよくあります。これらは子宮筋腫の典型的な症状ですが、筋腫の発生する部位によっては、自覚症状が出ないことも少なくないので注意が必要です。

子宮筋腫でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮筋腫でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3810】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ