ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > 女性の病気 > 子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症でも入れる・加入できる保険

子宮内膜症でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮内膜症とは

女性特有の病気である子宮内膜症。どんな特徴がある病気で、どのような症状があるのでしょうか。

まず、子宮内膜症とは、女性にとって大切な子宮の内側おおっている「子宮内膜」と言われる組織が、子宮の内側以外の場所に発生する病気です。
子宮の内側以外と言ってもピンとこないかもしれませんが、たとえば卵巣や、子宮と直腸の間の「ダグラス窩(か)」と呼ばれる場所での発症です。

卵巣にできた卵巣子宮内膜症では、褐色の血液が組織内に留まっていくことから「チョコレート囊胞(のうほう)」と呼ばれ、一度は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。このほか、ごくまれですが肺や腸などの臓器にできることもあります。

子宮内膜症でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮内膜症の典型的な症状は、約9割の患者に見られる月経痛です。このほか、腰痛、下腹痛、排便痛、性交痛などが現れ、月経のたびに痛みが強くなってくるようであれば子宮内膜症が疑われます。また子宮の筋層内に異常な内膜ができる「子宮腺筋症」では、子宮が拡大することで月経時の出血が増えることがあります。
もう一つの大きな症状は「不妊」です。子宮内膜症では、周囲の臓器に癒着を起こしやすく、それによって卵管や卵巣の動きがさまたげられて、不妊を引き起こす場合があります。長い間、赤ちゃんができなくて悩んでいる女性が、不妊検査を受けたら、子宮内膜症だったというケースは珍しくありません。
聖マリアンナ医科大学・産婦人科学(婦人科診療部長)の鈴木直教授は、「子宮筋腫も腫瘍の大きさや位置によっては不妊症の原因となりますが、子宮内膜症の方が不妊症のより大きな原因となっています」と話しています。

子宮内膜症の発生原因については完全に解明されていません。月経時にはがれ落ちた子宮内膜の組織が、月経血とともに卵管を通って、卵巣など別の部位に移植されるという説(1927年・Sampson提唱)が最も有力とされています。

子宮内膜症は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が活発な20~30歳代の女性に多く発症し、月経を重ねるごとに増殖していきます。一方、女性ホルモンの分泌が減少する閉経後は、増殖することはほとんどありません。

子宮内膜症でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮内膜症でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3810】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ