ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > 女性の病気 > 子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症でも入れる・加入できる保険

子宮内膜症でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮内膜症のデータ

近年患者数が増加傾向にある女性特有の疾病です。
厚生労働省の「患者調査」によると、子宮内膜症の総患者数は、平成26年は5万4,000人となっており、増加傾向にあります。年齢層で言えば、子宮内膜症は20〜40歳代の女性に発症するケースが多く、もっとも罹患率が高い世代は30歳代前半です。近年は低年齢化が進んで、20歳代の女性の患者が増えています。

子宮内膜症の総患者数の推移(年齢)

子宮内膜症の総患者数の推移

出典:厚生労働省 「患者調査」 より

ただしこの数字は、実際に病院で治療を受けている患者数であり、治療をしてない子宮内膜症の罹患者数はこの数字以上に多いことが考えられます。

子宮内膜症でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮内膜症の患者数が増加傾向にある要因には、女性の晩婚化や晩産化と言われています。女性の社会進出が活発化するとともにライフスタイルが変化し、女性の結婚年齢や出産年齢は以前よりも高くなっています。これが子宮内膜症のリスクを高めることにつながっていると考えられています。

当然ながら、出産年齢が高くなればなるほど、一人の女性が経験する月経回数は増加します。子宮内膜症の詳しい発症原因はよく分かってはいませんが、月経と症状とに関係があることは分かっています。月経をへるごとに、症状が悪化する傾向あるのです。そのため、月経回数が多くなれば、子宮内膜症の発症リスク高まるといえるのです。

子宮内膜症でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮内膜症でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3810】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ