ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > 女性の病気 > 子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症でも入れる・加入できる保険

子宮内膜症の治療方法

子宮内膜症は20~40歳代の女性が発症しやすい病気です。
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が、子宮とは別の部位での内膜の増殖に関係していると考えられています。
そのため「薬物療法」として、女性ホルモンの分泌を抑える作用がある「黄体ホルモン」や「GnRHアゴニスト」などの薬物が投与されます。
一方、近年では、子宮内膜症の典型的な症状である痛み(月経痛や下腹痛など)の緩和と治療に、「ピル(経口避妊薬/低容量ピル)」がもちいられることが多くなってきました。ピルは、排卵を抑制する効果があることから「避妊薬」としてよく知られていますが、子宮内膜の増殖抑制や、月経痛の症状緩和など、避妊以外のさまざまな目的で処方されることが増えています。特に症状が強いときや、薬物療法の効果が薄いときなどは、「手術療法」がおこなわれます。

子宮内膜症でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

また、子宮内膜症はさまざまな理由から、「不妊症」の大きな要因となっており、赤ちゃんを希望する女性にとっては、手術療法が最も有効な治療法です。挙児(きょじ=妊娠・出産)希望の場合は、病巣や囊胞など病変部分だけを切除する「保存手術」でおこなわれ、挙児希望しない場合は、子宮や卵巣全体を摘出する「根治手術」が選択されることもあります。手術は、患者への負担が少ない「腹腔鏡下(ふくくうきょうか)手術」でおこなわれることが多くなっています。子宮内膜症の治療に関しては、根治手術(子宮や卵巣などを全摘出すること)をおこなわない限り、「再発」の恐れがあることは忘れてはいけません。

なお、子宮内膜症の検査は、
①内診(腟から指や専用の器具を入れて検査すること)
②経腟超音波検査(膣から検査機器を挿入してエコーで検査すること)
③CT(コンピューター断層撮影)・MRI(磁気共鳴画像診断装置)による検査
④腫瘍マーカー検査(血中CA125の上昇の有無)
などでおこなわれます。確定診断には腹腔鏡検査で病変の存在を確認のうえ、組織を摘出して検査するのが一般的です。
子宮内膜症の検査の中でも、「卵巣」を調べるときはMRI検査は欠かせません。卵巣にできた良性の子宮内膜症(チョコレート囊胞)と、悪性腫瘍(卵巣がん)の区別は、MRIの画像診断による鑑別が最も有効だからです。

子宮内膜症でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮内膜症でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3810】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ