ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > 女性の病気 > 卵巣嚢腫

卵巣嚢腫

卵巣嚢腫でも入れる・加入できる保険

卵巣嚢腫でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

卵巣嚢腫の治療法

卵巣嚢腫は良性の腫瘍ですが、悪性の腫瘍(卵巣がんなど)も含まれています。
そのため、卵巣の検査・治療に関しては、常に悪性の腫瘍(卵巣がんなど)の可能性を考えなくてはいけません。

卵巣嚢(のう)腫の治療は、一般に「手術療法」がおこなわれます。
腫瘍が小さい場合は経過観察になる場合もありますが、一般に腫瘍が6センチ以上になると卵巣が重くなって、茎捻転(けいねんてん:腫瘍の茎がねじれること)を起こしやすくなりますし、悪性腫瘍である可能性もゼロではないので、原則的に手術が選択されます。

手術については、事前に「経腟超音波検査(膣から検査機器を挿入してエコーで検査すること)」、「CT(コンピューター断層撮影)」、「MRI(磁気共鳴画像診断装置)」、腫瘍マーカー検査(採血)などで、総合的な広がり具合を評価してからおこないます。最近ではおなかに穴をあけておこなう腹腔鏡(ふくくうきょう)手術が実施されることが増えてきています。

卵巣嚢腫でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

腹腔鏡手術のメリットとしては、お腹の中で操作スペースを確保するためにガスで膨らませながら手術を進めるため、圧迫止血の効果が得られること、身体の中の膜構造を認識しやすく、慣れた医師がおこなえばかなり繊細な手術ができることなどがあげられます。反対に、腫瘍があまりにも大きかったり、周囲との癒着が強かったりするような場合には腹腔鏡だけでは手術が完遂できないこともあります。

過去に手術の経験があり、腹腔内の癒着が予想される場合などは、最初から「開腹手術」でおこなわれる場合もあります。また、腹腔鏡手術で腹腔内を観察したあとで、安全確保を第一に考えて、開腹手術に変更することもあります。

卵巣嚢腫の手術方法については、腫瘍部分だけを摘出して卵巣を温存する「卵巣嚢腫摘出術」と、腫瘍を含めて卵巣・卵管の全体を摘出する「付属器切除術」があります。これらは、腫瘍の状態や症状だけでなく、患者の年齢や妊娠希望の有無などを総合的に判断して、どの方法でおこなうかが選択されます。

もし、2つの卵巣の両方ともに腫瘍が発生した人が、妊娠・出産を希望している場合は、少なくとも正常な部分を一部残して「妊孕性(にんようせい/妊娠のしやすさのこと)」を温存する手術が検討されます。

摘出した腫瘍の病理検査によって、悪性腫瘍(卵巣がんなど)と診断された場合は、追加治療が必要になることもあります。

卵巣嚢腫でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

卵巣嚢腫でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3810】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ