1. ホーム
  2. 医療保険
  3. 終身医療保障保険 マイ フレキシィ
医療

終身医療保障保険 マイ フレキシィ

メットライフ生命保険株式会社

契約年齢 満18歳~85歳(付加する特約により異なります)
保険期間・保険料払込期間 終身
(先進医療特約は10年*)
保険料払込方法(経路) 口座振替扱・クレジットカード払
申込方法 ネット 郵送 対面
※ネット申し込みは満20歳以上
  • *先進医療特約は10年ごとに更新されますので、保険料が変わる場合があります。

保険料を試算する

自分の年齢、性別を選択して月払保険料を試算できます。

試算結果
{{ price }}円/月払

【試算条件】入院日額5,000円コース(基本保障、健康サポートなし)+先進医療特約 保険期間・払込期間:終身(先進医療特約は10年) 保険料払込方法(経路):口座振替扱・クレジットカード払

商品の特長

  • 必要な保障を柔軟にデザインできる

    基本的な保障(入院・手術)に長期入院や通院、三疾病・ガンの保障などの特約*1を組み合わせて、一人ひとりの想いやこだわりに合わせた保障をデザインできます。

  • 日帰り入院*2でも一時金が受け取れる

    病気やケガで1日以上の入院を一時金で保障。日帰り入院も対象です。11日以上の入院には一時金に加えて、11日目以降の日数分の入院給付金が受け取れます。

  • 健康サポート*3を選べる

    健康で過ごされたら、最長100歳まで5年ごとに給付金を受け取れる「健康サポート」もお選びいただけます。給付金を健康維持や将来の楽しみのために活用できます。

  • *1
    契約年齢などにより選択いただけない特約もあります。
  • *2
    「日帰り入院」とは、入院日と退院日が同一の入院のことをいい、入院基本料のお支払いの有無などにより判断されます。外来で病院のベッドを使用して透析・点滴・手術を行った場合や単なる覚醒、休養などが目的の場合は「日帰り入院」とはみなされません。
  • *3
    健康サポートは基本保障(主契約)に追加できます。健康サポートをつけずにご契約いただくことも可能です。

保障内容

入院日額5,000円コース(基本保障、健康サポートなし)+先進医療特約の場合
入院の保障(主契約)
病気・ケガ短期入院(1日以上)[短期疾病入院一時金・短期災害入院一時金]
病気やケガで入院されたとき
一律5万円
病気・ケガ入院(11日目から)[疾病入院給付金・災害入院給付金]
病気やケガで入院されたとき
1日につき5,000円
★病気・ケガそれぞれ、1回の入院の支払限度60日、通算支払限度1,000日 (短期疾病入院一時金、短期災害入院一時金 は、それぞれ、1回の入院につき1回を限度)
骨髄ドナー入院[骨髄ドナー入院給付金]
骨髄ドナーとして所定の手術を受けることを目的に入院されたとき
ただし、責任開始時の属する日からその日を含めて1年以内にその入院が終了した場合を除きます。
5万円(保険期間を通じて1回限り)
手術の保障(手術総合特約Ⅰ型)
入院中の手術[入院手術給付金]
所定の手術*を受けられたとき
1回につき10万円(支払限度はありません)
  • *公的医療保険制度における医科診療報酬点数表に手術料の算定対象として列挙されている診療行為など所定の手術が対象となります。なお、支払対象とならない手術があります。詳しくは資料をご請求のうえご確認ください。
外来での手術[外来手術給付金]
所定の手術*を受けられたとき
1回につき2.5万円(支払限度はありません)
  • *公的医療保険制度における医科診療報酬点数表に手術料の算定対象として列挙されている診療行為など所定の手術が対象となります。なお、支払対象とならない手術があります。詳しくは資料をご請求のうえご確認ください。
放射線治療[放射線治療給付金]
所定の放射線治療を受けられたとき
1回につき10万円(支払回数に限度はありません。ただし、直前の放射線治療を受けられた日からその日を含めて60日の間に1回を限度)
  • * 所定の放射線治療がお支払いの対象となります。
骨髄ドナー手術[骨髄ドナー手術給付金]
骨髄ドナーとして所定の手術を受けられたとき
ただし、責任開始時の属する日からその日を含めて1年以内にその手術を受けた場合を除きます。
5万円(保険期間を通じて1回限り)
先進医療の保障(先進医療特約 保険期間10年)
先進医療への備え[先進医療給付金]
所定の先進医療による療養*を受けられたとき
先進医療にかかる技術料と同額(通算支払限度2,000万円)
  • *医療行為や医療機関および適応症などによっては給付対象とならないことがありますのでご注意ください。
先進医療に関するサポート[先進医療支援給付金]
先進医療給付金が支払われる療養を受けられたとき
先進医療にかかる技術料相当額の20%(1回の療養につき100万円を限度)
保障内容の注意事項
  • 短期疾病入院一時金、短期災害入院一時金が支払われた場合は、それぞれ、入院日数にかかわらず、1回の入院の支払限度および通算支払限度に10日を算入します。
  • 短期疾病入院一時金、疾病入院給付金(短期災害入院一時金、災害入院給付金)の支払事由に該当する入院を2回以上された場合は、それらの入院が同一の原因(不慮の事故)であるか否かにかかわらず、1回の入院とみなします。ただし、短期疾病入院一時金、疾病入院給付金(短期災害入院一時金、災害入院給付金)が支払われることとなった最終の入院の退院日の翌日からその日を含めて60日経過後に開始した疾病(不慮の事故)による入院については、新たな入院とみなします。

    例えば、疾病による1回の入院とみなされる10日以内の入院を2回した場合、入院に対するお支払いは以下のとおりとなります。

    ①1回目の入院に対して短期疾病入院一時金をお支払いします。

    ②2回目の入院に対しては、短期疾病入院一時金のお支払いはありません。2回の入院の通算入院日数が11日以上のとき、11日目以降分から疾病入院給付金をお支払いします。(2回の入院の通算入院日数が10日以内のとき、お支払いはありません)

  • 先進医療特約は10年ごとに更新されますので、保険料が変わる場合があります。

特約・特則

各特約・特則の保障額について、特に記載がない場合は全コース共通の金額となります。

付加可能な特約・特則
健康サポート特則[5年型]
健康のサポート[健康サポート給付金]
健康サポート給付金支払対象期間の満了時(5年ごと)に生存し、かつその期間中に短期疾病入院一時金、短期災害入院一時金(骨髄ドナー入院給付金は含みません)のお支払いがなかったとき
入院日額5,000円コースの場合:5年ごと5万円(最長100歳まで)
※健康サポート特則は、契約時のみ付加できます。この特則を解約することはできません。
八疾病延長入院特約
八疾病での長期入院への備え[八疾病延長入院給付金]
ガン(悪性新生物・上皮内新生物)・糖尿病・心疾患・高血圧性疾患・脳血管疾患・肝疾患・腎疾患・膵疾患のいずれかの治療を目的として1日以上入院されたとき
入院日額5,000円コースの場合:1日につき5,000円(支払限度はありません)
在宅医療特約(契約年齢満20歳~85歳)
在宅医療による治療への備え[在宅医療給付金]
この特約の責任開始時以後に生じた疾病または傷害により、公的医療保険制度における医科診療報酬点数表により在宅患者診療・指導料(往診料および救急搬送診療料を除く)が算定される在宅医療*を受けたとき
1回につき5万円(月ごとに1回を限度・通算支払回数60回)
※この特約は、郵送または対面でのお申し込みになります。
  • * 支払対象とならない在宅医療があります。詳しくは資料をご請求のうえご確認ください。
退院後・外来手術通院特約
病気・ケガの退院後の通院への備え[退院後通院給付金]
病気やケガによる入院*の退院後に所定の通院をされたとき
1日につき5,000円(1回の入院のその退院後通院につき30日まで/外来手術通院給付金とあわせて通算支払限度1,000日)
  • * 主契約の短期疾病入院一時金、疾病入院給付金、短期災害入院一時金、災害入院給付金が支払われる入院をされ、その入院の退院日の翌日からその日を含めて180日以内にその入院の原因となった病気やケガの治療のために通院されることを要します。なお、骨髄ドナー入院給付金が支払われる入院の退院後の通院は、お支払いの対象ではありません。
病気・ケガの外来手術後の通院への備え[外来手術通院給付金]
病気やケガにより手術*を外来で受けられ、所定の通院をされたとき
1日につき5,000円(1回の外来手術のその外来手術通院につき30日まで/退院後通院給付金とあわせて通算支払限度1,000日)
  • * 所定の外来手術を受けられ、外来手術を受けられた日からその日を含めて180日以内にその外来手術の原因となった病気やケガの治療のために通院されることを要します。支払対象とならない手術があります。詳しくは資料をご請求のうえご確認ください。
ガン通院充実特約
ガンの通院治療の備え[ガン通院充実給付金]
この特約の責任開始日以後に診断確定されたガン(悪性新生物・上皮内新生物)で、診断確定された日以後に通院*されたとき
1日につき5,000円(ガン通院充実給付金支払基準期間(1年)ごとに60日まで/通算の支払日数に限度はありません)
※この特約の保険期間の始期の属する日からその日を含めて90日間の保障されない期間があります。
  • * 退院後・外来手術通院特約の通院給付金が支払われる通院をした日は除きます。
三疾病一時金特約(契約年齢満18歳~80歳)
ガン(悪性新生物・上皮内新生物)の治療への備え[ガン一時金]
ガン責任開始日前を含めて初めてガン(悪性新生物・上皮内新生物)と診断確定されたとき、2回目以降は診断確定されたガンの治療を目的として、所定の手術*、放射線治療*、または抗がん剤治療*を受けられたとき
1回につき50万円(支払回数に限度はありません。ただし、支払事由に該当するたびに1年に1回を限度)
心疾患の治療への備え[心疾患一時金]
心疾患で所定の手術*を受けられたとき、または、急性心筋梗塞は1日以上、それ以外の心疾患は継続20日以上の入院をされたとき
1回につき50万円(支払回数に限度はありません。ただし、支払事由に該当するたびに1年に1回を限度)
脳血管疾患の治療への備え[脳血管疾患一時金]
脳血管疾患で所定の手術*を受けられたとき、または、脳卒中は1日以上、それ以外の脳血管疾患は継続20日以上の入院をされたとき
1回につき50万円(支払回数に限度はありません。ただし、支払事由に該当するたびに1年に1回を限度)
※ガン一時金には、この特約の責任開始時の属する日からその日を含めて90日間の保障されない期間があります。
  • * 所定の手術、放射線治療、抗がん剤治療について詳しくは資料をご請求のうえご確認ください。
ガン一時金特約(契約年齢満18歳~80歳)
ガン(悪性新生物・上皮内新生物)の治療への備え[ガン一時金]
責任開始日前を含めて初めてガン(悪性新生物・上皮内新生物)と診断確定されたとき、2回目以降は診断確定されたガンの治療を目的として、所定の手術*、放射線治療*、または抗がん剤治療*を受けられたとき
1回につき100万円(支払回数に限度はありません。ただし、支払事由に該当するたびに1年に1回を限度)
※ガン一時金には、この特約の保険期間の始期の属する日からその日を含めて90日間の保障されない期間があります。
  • * 所定の手術、放射線治療、抗がん剤治療について詳しくは資料をご請求のうえご確認ください。
女性疾病入院特約 短期入院一時金型60日型(契約年齢満18歳~80歳)
女性特有の病気による短期入院への備え[短期女性疾病入院一時金]
所定の女性疾病*で入院されたとき(1日以上)
一律5万円
女性特有の病気による入院への備え[女性疾病入院給付金]
所定の女性疾病*で入院されたとき(11日目から)
1日につき5,000円
★1回の入院の支払限度60日、通算支払限度1,000日 (短期女性疾病入院一時金は、1回の入院につき1回を限度)
  • * 対象となる主な疾病について詳しくは資料をご請求のうえご確認ください。
女性特定部位手術・形成サポート特約Ⅰ型(契約年齢満18歳~80歳)
女性特定部位の手術への備え[女性特定部位手術給付金]
入院中の手術[女性特定部位入院手術給付金]
手術総合特約の入院手術給付金が支払われる所定の乳房・子宮・子宮附属器(卵巣・卵管)・甲状腺・副甲状腺(上皮小体)に対する手術*を受けられたとき
1回につき10万円(支払限度はありません)
外来手術[女性特定部位外来手術給付金]
手術総合特約の外来手術給付金が支払われる所定の乳房・子宮・子宮附属器(卵巣・卵管)・甲状腺・副甲状腺(上皮小体)に対する手術*を受けられたとき
1回につき2.5万円(支払限度はありません)
※この特約の責任開始時の属する日からその日を含めて90日目までに生じた疾病や傷害を原因とした乳房に対する手術(91日目以後に受けた手術を含みます)は、支払対象にはなりません。
  • * 帝王切開など、女性特定部位手術給付金の支払対象とならない手術があります。詳しくは資料をご請求のうえご確認ください。
女性特有の治療への備え[女性形成サポート給付金]
乳房再建[乳房再建術サポート給付金]
女性特定部位手術給付金が支払われる所定の乳房に対する切除手術を受けた乳房について、所定の乳房再建術を受けられたとき
1回につき50万円(その乳房に対する切除手術1回につき1回を限度)
乳輪・乳頭再建[乳輪・乳頭再建術サポート給付金]
女性特定部位手術給付金が支払われる所定の乳房に対する切除手術を受けた乳房について、所定の乳輪・乳頭再建術を受けられたとき
1回につき10万円(その乳房に対する切除手術1回につき1回を限度)
脱毛[悪性新生物治療脱毛時サポート給付金]
診断確定された悪性新生物の治療により、頭髪に脱毛の症状が生じたと医師に診断されたとき
1回のみ5万円(1回限り)
※悪性新生物治療脱毛時サポート給付金は、上皮内新生物による脱毛の症状は保障の対象となりません。
瘢痕(はんこん)[瘢痕形成サポート給付金]
瘢痕(はんこん)に対する所定の植皮術または瘢痕形成術を受けられたとき
1回につき10万円(支払限度はありません)
認知症診断特約(契約年齢満20歳~80歳)
認知症への備え[認知症診断一時金]
認知症責任開始日前を含めて初めて認知症と診断確定されたとき
1回のみ100万円(1回限り)
軽度認知障害への備え[軽度認知障害診断給付金]
認知症責任開始日前を含めて初めて軽度認知障害と診断確定されたとき
1回のみ5万円(1回限り)
※この特約の保険期間の始期の属する日からその日を含めて180日間の保障されない期間があります。
骨折診断特約
骨折への備え[骨折診断給付金]
骨折をしていると診断*されたとき
1回につき5万円(90日に1回を限度・通算支払回数10回)
※この特約の保険期間の始期の属する日からその日を含めて90日間の保障されない期間があります。
  • * 「骨折」とは、外力により骨の構造上の連続性が完全または不完全に途絶えられた状態をいいます(ただし、治療を目的として骨の構造上の連続性が途絶えられた状態、変形治癒および偽関節を除く)。なお、診断は、医師の資格を持つ者によってなされることを要します。
特約・特則の注意事項
  • 八疾病延長入院給付金は、主契約の短期疾病入院一時金、疾病入院給付金、短期災害入院一時金、災害入院給付金が支払われる期間はお支払いしません。
  • 退院後通院給付金と外来手術通院給付金は重複してお支払いすることはありません。なお、この場合は退院後通院給付金のお支払いを優先します。
  • ガン通院充実特約は、退院後・外来手術通院特約とあわせて付加する必要があります。
  • 短期女性疾病入院一時金が支払われた場合は、入院日数にかかわらず、1回の入院の支払限度および通算支払限度に10日を算入します。
  • 主契約および女性疾病入院特約のそれぞれにおいて、1回の入院とみなす取り扱いと支払限度があります。そのため、どちらか一方のみのお支払いとなる場合があります。
  • 短期女性疾病入院一時金、女性疾病入院給付金の支払事由に該当する入院を2回以上された場合は、それらの入院が同一の女性疾病によるものであるか否かにかかわらず、1回の入院とみなします。ただし、短期女性疾病入院一時金、女性疾病入院給付金が支払われることとなった最終の入院の退院日の翌日からその日を含めて60日経過後に開始した入院については、新たな入院とみなします。

    1回の入院とみなされる10日以内の入院を2回した場合、入院に対するお支払いは以下のとおりとなります。

    ①1回目の入院に対して短期女性疾病入院一時金をお支払いします。

    ②2回目の入院に対しては、短期女性疾病入院一時金のお支払いはありません。2回の入院の通算入院日数が11日以上のとき、11日目以降分から女性疾病入院給付金をお支払いします。(2回の入院の通算入院日数が10日以内のとき、お支払いはありません)

  • 女性特定部位手術・形成サポート特約Ⅰ型は、手術総合特約Ⅰ型とあわせて付加する必要があります。
  • 乳房再建術サポート給付金と乳輪・乳頭再建術サポート給付金の支払事由に該当する手術を同時に受けた場合、および同時に両乳房について乳房再建術サポート給付金または乳輪・乳頭再建術サポート給付金の支払事由に該当する手術を行った場合、それぞれの給付金をお支払いします。
  • 軽度認知障害診断給付金が支払われていない場合で、認知症診断一時金が支払われるときは、認知症診断一時金とあわせて軽度認知障害診断給付金をお支払いします。

資料請求

年齢別の保険料や詳しいご案内は資料をご覧ください。

資料を請求する
(無料)

ニッセンライフに相談も可能です

ニッセンライフに相談も可能です
電話での相談

ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが対応することで、保険でお悩みの点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポート可能です。

通話無料0120-880-081

受付時間:平日9時~19時、土・祝:9時~18時
(年末年始を除く)
対面での相談

ニッセンライフのコンサルタント、もしくは提携している共同募集代理店のコンサルタントが直接お会いし保険のご提案をいたします。

このホームページの情報は、保険商品について一定の項目のみを表示したものであって、保険商品の内容の全てが記載されているものではありません。また表示の保険料は一例であり、年齢・性別・保障内容などの前提条件によって異なります。保障内容などの他の要素も考慮し、総合的にご検討ください。商品の詳細はパンフレットや契約概要等を、その他ご注意いただきたい事項は注意喚起情報を必ずご確認ください。

●既往症・ご職業・その他によってはご契約を制限させていただくことがあります。なお、入院中の方はいかなる場合もお引き受けできません。

●記載のプランには解約返戻金はありません。

【引受保険会社】
メットライフ生命保険株式会社
東京都千代田区紀尾井町1-3
メットライフ生命保険株式会社
  • H2103-5785

    H2103-5785

トップへ