がん保険(がんにそなえる保障)

スマイルセブンSuper

無配当7大疾病保険(返戻金なし型)S

朝日生命保険相互会社商品番号1905

「がん」と「6大疾病」に備えてまとまった一時金を受け取れる保険

  • 契約年齢
    15歳〜80歳
  • 保険期間・保険料払込期間
    終身
  • 入院
  • 手術
  • 先進医療
  • がんの一時金
  • 入院前の通院
  • 退院後の通院
  • 放射線治療
  • 抗がん剤治療
  • 保険料払込免除※1
  • 生存給付金

…ご希望により追加可能な保障

月々の保険料

【プラン例】
7大疾病一時金100万円 保険料払込免除特則非適用プラン
契約年齢 25歳 30歳 35歳 40歳 45歳 50歳 55歳 60歳
男性 1,980円 2,400円 2,940円 3,630円 4,470円 5,520円 7,100円 8,970円
女性 1,800円 2,070円 2,420円 2,760円 3,210円 3,720円 4,420円 5,270円

(月払口座振替・クレジットカード扱)

保障内容

【プラン例】 7大疾病一時金100万円 保険料払込免除特則非適用プラン

7大疾病一時金
(無配当7大疾病保険(返戻金なし型)S)※2
①がん(悪性新生物・上皮内新生物)と診断確定されたとき
②6大疾病により所定の状態に該当したとき
1回につき 100万円 回数無制限(①②それぞれについて、1年に1回を限度)

ご希望にあわせて保障(特則・特約)を追加できます。

オプション

保険料払込
免除特則※1
①がん(上皮内新生物は除く)と診断確定されたとき
②6大疾病により所定の状態に該当したとき
左記上記の場合は、以後の保険料はいただきません
7大疾病
初回一時金
(無配当7大疾病
初回一時金特約
(返戻金なし型)S)※3
①がん(悪性新生物・上皮内新生物)と診断確定されたとき
②6大疾病により所定の状態に該当したとき
7大疾病一時金と合わせて
30万円~500万円の範囲内で自在に設定できます
(20万円~(10万円単位))
1回限り
先進医療
(無配当先進医療特約(返戻金なし型))※4
所定の先進医療による療養を受けたとき

先進医療
給付金

先進医療にかかる技術料と同額 1回450万円、
通算2,000万円限度

先進医療
見舞金

先進医療給付金の10%
相当額
1回45万円、
通算200万円限度

上記以外にもご希望に合わせて無配当がん治療特約(返戻金なし型)Sを付加できます。

  • ※1
    • 「保険料払込免除特則」を適用することで、7大疾病一時金の支払事由(上皮内新生物と診断確定された場合は除きます)に該当した場合、以後の保険料のお払込みが免除となります。ただし、がんを原因とする給付の責任開始の時より前にがんと診断確定されていた場合には、保険料払込免除とはなりません。
  • ※2
    • 7大疾病一時金は所定の7大疾病により、所定の状態・手術を受けたときや急性心筋梗塞・拡張型心筋症・脳卒中で1日以上の入院をしたとき等にお支払いします。詳しくは「ご契約のしおり-約款」をご覧ください。
    • がんを原因とする給付の責任開始の時は、保険期間開始の日からその日を含めて90日を経過した日の翌日です。また、がんを原因とする給付の責任開始の時より前にがんと診断確定されていた場合には、「無配当7大疾病保険(返戻金なし型)S」(付加特約を含みます)は無効となり、7大疾病一時金はお支払いしません。
    • 7大疾病一時金を複数回お支払いするときは、その原因が新たに生じていることが要件となります。ただし、「がん」、「6大疾病」それぞれについて、7大疾病一時金が支払われた最終の支払事由該当日からその日を含めて1年以内に支払事由に該当したときは、お支払いしません。なお、拡張型心筋症、人工透析療法の開始、糖尿病性網膜症によるお支払いは1回限りとなります。
    • 同時期にがんによる7大疾病一時金の支払事由に複数該当した場合でも、7大疾病一時金を重複してお支払いしません。また、同時期に6大疾病による7大疾病一時金の支払事由に複数該当した場合でも、7大疾病一時金を重複してお支払いしません。
  • ※3
    • 7大疾病初回一時金は所定の7大疾病により、所定の状態・手術を受けたときや急性心筋梗塞・拡張型心筋症・脳卒中で1日以上の入院をしたとき等にお支払いします。詳しくは「ご契約のしおり-約款」をご覧ください。
    • 「無配当7大疾病初回一時金特約(返戻金なし型)S」の7大疾病初回一時金のお支払いは1回限りです。
    • がんを原因とする給付の責任開始の時は、保険期間開始の日からその日を含めて90日を経過した日の翌日です。また、がんを原因とする給付の責任開始の時より前にがんと診断確定されていた場合には、「無配当7大疾病初回一時金特約(返戻金なし型)S」は無効となり、7大疾病初回一時金はお支払いしません。
  • ※4
    • 1回の療養につき、厚生労働大臣が定める先進医療の技術にかかる費用と同額(被保険者の負担額として、病院または診療所によって定められた金額)をお支払いします。
    • 先進医療給付金の支払対象となる先進医療とは、療養を受けた時点において、厚生労働大臣が定める先進医療として行われるもの(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所にて行われるものに限る)をいいます。ただし、厚生労働大臣が定める施設基準において、歯科(歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、小児歯科)のみで実施することが定められている先進医療は支払対象外となります。
    • 同一の先進医療による療養を複数回にわたって一連の療養として受けたとき、その療養を1回の療養とみなします。この場合、一連の療養を最初に受けた日にその療養を受けたものとみなして取り扱います。

保険料・保障内容は2018年4月現在のものです。上記には、保険商品の内容すべてが表示されているわけではありません。商品を選択される際の参考情報としてご活用ください。ご契約の際には、「商品パンフレット」「ご契約のしおり(抜粋版)/契約概要/注意喚起情報」「ご契約のしおり-約款」を必ずご覧ください。お引き受けに際しては保障の対象となる方の健康状態や、ご契約に関わるお客様の情報に基づいて、総合的に審査いたしますので、お引き受けできない場合があります。

●既往症・ご職業・その他によってはご契約を制限させていただくことがあります。なお、入院中の方はいかなる場合もお引き受けできません。

引受保険会社

朝日生命保険相互会社
〒100-8103 東京都千代田区大手町2-6-1

フリーダイヤル フリーダイヤル0120-360-567

受付時間:
⽉曜⽇〜⾦曜⽇/ 9:00〜17:00
⼟曜⽇/9:00〜12:00、13:00〜17:00
(但し、祝日、12月31日~1月3日を除く)

朝日生命保険相互会社

A-30-18(30.4.13)

ページトップへ