用語集

専門用語が分からない、言葉の意味を知りたい…そんな時に役立つ、保険の用語集です。

アルファベットは仮名読み(例:「A」は「え」

「 あ 」からはじまる用語

  • 青色申告 【あおいろしんこく】

    納税者が日々の取引を所定の帳簿に記帳し、その記帳に基づいて正しい申告をすることで、所得の計算などについて有利な取扱いが受けられる制度のことを青色申告制度といいます。青色申告をすることができる方は、不動産所得、事業所得、山林所得のある方です。

  • 青色申告会 【あおいろしんこくかい】

    青色申告を行っている個人事業主を中心に組織された納税者団体です。一部地域を除いて全国各地の税務署ごとに組織され、記帳指導や税制改正運動などを行っています。

  • 悪性新生物 【あくせいしんせいぶつ】

    悪性腫瘍(あくせいしゅよう)のことです。一般に癌(がん)とも呼びますが、癌のほかに悪性リンパ腫や白血病、骨肉腫なども含めて悪性新生物と呼びます。

  • アクチュアリー 【あくちゅありー】

    確率論や統計学などの数理的手法を用いて、保険や年金に関わる諸問題を解決する専門職であり、財政の健全性の確保や制度の公正な運営に務めることを主な業務とします。アクチュアリーは「保険数理人」とも呼ばれます。

  • 頭金 【あたまきん】

    保険契約時に保険金額の一部に対応する保険料を1回で払い込む方法のことをいいます。

  • 頭金制度 【あたまきんせいど】

    保険契約時に、保険料の一部を一時払いにする制度のことをいいます。

  • 頭金払い 【あたまきんばらい】

    頭金払いを利用することによって保険料支払合計が割引され、以降の支払額が少なくなります。頭金払いには、主契約の一部に充当する方法と、特約の一部に充当する方法があります。

  • アンダーライティング 【あんだーらいてぃんぐ】

    保険契約時に引き受けの可否を判断することや、どういった引受条件・保険金額・保険料率で引き受けるかなどを決める一連の業務のことをいいます。

  • アーンド(インカード)ベイシス損害率 【あーんど(いんかーど)べいしすそんがいりつ】

    損害保険における保険料の算出方法のひとつです。アーンド(インカード)・ベイシス損害率は、期間中の発生損害額を既経過保険料で割ることにより計算されます。

当サイトに掲載されている用語は2018 年1 月末現在に作成しておりますが、不定期に更新・改訂されていますのでご了承ください。