用語集

専門用語が分からない、言葉の意味を知りたい…そんな時に役立つ、保険の用語集です。

アルファベットは仮名読み(例:「A」は「え」

「 へ 」からはじまる用語

  • 平均寿命 【へいきんじゅみょう】

    人が生存する平均年数、つまりは0歳の乳幼児が生存するだろうと考えられる平均年数のことを意味します。平均寿命は、その年の死亡者年齢を平均したものではないことには注意が必要です。

  • 平均余命 【へいきんよめい】

    ある年齢の人が、その後何年間生きることができるかという期待値のことを意味します。一般に平均寿命という言葉が使われる場合には、“0歳における平均余命”を指していることになります。

  • 平準払込方式 【へいじゅんはらいこみほうしき】

    保険料を、契約から保険料払込期間満了時まで一定にして払い込む方式をいいます。

  • 変換 【へんかん】

    契約中の保険を解約して、他の保険種類の契約に変更することができる制度です。一部例外を除き解約返戻金があれば、契約者に返戻されます。
    所定の条件を満たした場合など、一定の条件のもとで被保険者の告知や医師の診査を行なわず、新規で保険加入することができますが、契約内容、保険金額、保険料、保険料払込期間など、契約内容は以前の契約とは異なります。

  • 変額個人年金保険 【へんがくこじんねんきんほけん】

    株式や債券を中心に資産を運用し、その運用の実績によって年金や解約返戻金などが増減する個人年金保険のことです。

  • 変額保険 【へんがくほけん】

    株式や債券を中心に資産を運用し、運用の実績によって保険金や解約返戻金が増減する保険をいいます。

  • 変額保険販売資格(変額保険販売資格制度) 【へんがくほけんはんばいしかく へんがくほけんはんばいしかくせいど】

    生命保険の「変額保険」を販売するための独自の資格のことをいいます。変額保険販売資格を取得するには一般課程試験に合格し、生命保険募集人として登録がなされており、専門課程試験に合格していることが最低条件となります。

  • 変更 【へんこう】

    保険料の払込満了時など所定の時期に、契約している保障内容を所定の範囲内で変更できる取り扱いがあります。

  • 返戻率 【へんれいりつ】

    支払った保険料の総額に対する受け取った保険金(一時金・年金など)の総額の割合をいいます。返戻率(%)=受取総額÷保険料払込総額×100

  • ベンチマーク 【べんちまーく】

    投資信託を運用する際に、目標とする基準あるいはパフォーマンスを評価する基準のことをいいます。例えば、国内の上場株式を投資対象とする場合、TOPIX(東証株価指数)、日経平均株価、JPX日経400などが適用されます。

  • ペイオフ 【ぺいおふ】

    「預金保険制度」とも呼ばれており、①金融機関が破綻した場合、預金者に保険金を直接支払うという意味と、②金融機関が破綻した時に預金等の一定額を保護するという2つの意味で用いられます。要は、金融機関が破たんしたときに、その金融機関を清算して預金を払い戻す仕組みのことです。

  • ペット保険 【ぺっとほけん】

    家庭で飼っているペットのケガや病気にかかる治療費や病院診療費などを補償します。加入にあたって、ペットの種類が「犬」や「猫」などに限定されていたり、年齢条件が設けられていたりする場合があり、また、具体的な補償内容も保険会社によって異なります。一方、ペットが他人にケガをさせたり、他人のモノを壊したりして、飼主が法律上の損害賠償責任を負った場合、支払限度の範囲内で保険金が支払われる特約を設けている保険商品もあります。

当サイトに掲載されている用語は2018 年1 月末現在に作成しておりますが、不定期に更新・改訂されていますのでご了承ください。