用語集

専門用語が分からない、言葉の意味を知りたい…そんな時に役立つ、保険の用語集です。

アルファベットは仮名読み(例:「A」は「え」

「 ひ 」からはじまる用語

  • 日帰り入院 【ひがえりにゅういん】

    入院基本料などの支払いが必要となる入院日と退院日が同一の入院をいいます。

  • 引受 【ひきうけ】

    「引受」とは何らかの負担を引き受ける場合に用いられます。保険契約における「引受」とは、保険契約における保険者となることで、つまりは保険契約の成立を意味します。

  • 引受基準緩和型医療保険 【ひきうけきじゅんかんわがたいりょうほけん】

    従来の告知・診査を必要とする医療保険に契約できなかった人も、所定の告知項目に該当しなければ契約できる医療保険のことです。

  • 引受保険会社 【ひきうけほけんがいしゃ】

    保険商品の引き受けおよび運用などを行う保険会社のことをいいます。いわゆる保険会社のことです。

  • 非喫煙者割引 【ひきつえんしゃわりびき】

    過去1年間(2年間とする生命保険会社もある)煙草を吸っていない場合、通常より安い保険料率を適用する制度のことです。

  • 費差益 【ひさえき】

    生命保険会社が本業で得た利益のことを基礎利益といいますが、基礎利益は「利差益」「費差益」「死差益」を合計したものから、臨時の損益を差し引いて計算されます。費差益とは、予定事業費率によって見込まれた事業費よりも、実際の事業費が少なくてすんだ場合に発生する利益を意味します。

  • 被保険者 【ひほけんしゃ】

    保険の対象となっている人のことです。

  • 被保険利益 【ひほけんりえき】

    ある対象(目的物)に偶然に事故が発生することにより、ある人が損害を被るおそれがある場合における、ある対象とある人との間に存在する利害関係のことをいいます。損害保険契約では、損害に対して保険金を支払うことを目的とします。そのため、被保険利益の存在が、契約が有効に成立するための前提となります(被保険利益のない損害保険契約は無効となります)。

  • 比例填補(比例填補方式) 【ひれいてんぽ ひれいてんぽほうしき】

    保険会社が限度額の範囲内で、実際の損害額に対して契約時に定めた割合の金額を保険金として支払うものをいいます。

  • 比例払い方式 【ひれいばらいほうしき】

    保険事故が生じた場合に保険価額(時価)に対する保険金額の割合によって保険金を支払う方式のことをいいます。

  • 病床区分 【びょうしょうくぶん】

    病床とは、いわゆるベッドのことをいいます。従来の病院の病床は、精神病床・感染症病床・結核病床・その他の病床の4区分とされていました。しかし、医療法の改正により、その他の病床が一般病床と療養病床に分かれたため、合計で5区分となりました。

当サイトに掲載されている用語は2018 年1 月末現在に作成しておりますが、不定期に更新・改訂されていますのでご了承ください。