用語集

専門用語が分からない、言葉の意味を知りたい…そんな時に役立つ、保険の用語集です。

アルファベットは仮名読み(例:「A」は「え」)

「 さ 」からはじまる用語

  • 災害 【さいがい】

    保険において、「急激かつ偶発的な外来の事故」のことで、いわゆる不慮の事故(交通事故・自然災害など)のことをいいます。
    また、特定感染症(ペスト・コレラ・細菌性赤痢など)を原因として被害にあった場合も災害と認定していることもあります。

  • 災害死亡保険金 【さいがいしぼうほけんきん】

    災害によって被保険者が死亡した場合に支払われる死亡保険金のことをいいます。
    交通事故・自然災害や火災による事故などが対象となりますが、特定の伝染病や感染症が含まれる場合もあります。

  • 災害入院特約 【さいがいにゅういんとくやく】

    災害が原因で入院した場合に給付金が支払われる補償のことをいいます。

  • 災害割増特約 【さいがいわりましとくやく】

    災害が原因で死亡したときに、主契約の死亡保険金に上乗せして受け取ることができるものをいいます。

  • 再調達価額 【さいちょうたつかがく】

    保険の対象である建物や家財を再度取得するために必要な金額のことです。

  • 裁定審査会 【さいていしんさかい】

    生命保険に関する苦情・紛争を中立・公正かつ迅速に処理する機関のことをいいます。
    弁護士、消費生活相談員、生命保険相談所の職員で構成されています。

  • 再保険 【さいほけん】

    保険者がリスクの分散や収益の追求を目的として、保有する保険責任の一部または全部を移転し、別の保険者がそれを引き受ける保険のことをいいます。

  • 歳満了 【さいまんりょう】

    「歳満了」の保険契約とは、被保険者の年齢を基準に保険期間を設定した契約のこといい、「70歳まで」「80歳まで」など契約時に定めた年齢までを保険期間とすることをいいます。

  • 差額ベッド代 【さがくべっどだい】

    特別療養環境室とも呼ばれ、病院で入院した場合に「差額室料(さがくしつりょう)」として健康保険適用の範囲外で患者に請求される病室の費用のことをいいます。

  • 先物取引 【さきものとりひき】

    特定の商品を予め任意で決めた価格で将来の約束した期日に売買することを、現時点で契約して行う取引のことをいいます。

  • 算定基礎届 【さんていきそとどけ】

    健康保険や厚生年金保険の被保険者について、実際の報酬と標準報酬月額との間に大きな差が生じないようにすることを目的として、事業主が提出する届出書のことをいいます。
    事業主が7月1日現在で雇用している全ての被保険者に4~6月に支払った賃金を管轄の年金事務所等に届出をすることで、厚生労働大臣は、毎年1回標準報酬月額を決定します。

  • 3等級ダウン事故 【さんとうきゅうだうんじこ】

    保険金の請求を行ったときに、翌年のノンフリート等級が3等級下がる保険事故のことをいいます。

  • 三利源 【さんりげん】

    基礎利益を構成する要素です。生命保険における三利源とは、「利差益」「費差益」「死差益」のことをいいます。

  • 財形住宅貯蓄積立保険 【ざいけいじゅうたくちょちくつみたてほけん】

    住宅の取得や増改築等のために保険料を積み立て、住宅取得目的で引き出すときは、財形年金積立保険と合わせて払込保険料累計が550万円までは利子が非課税となるものをいいます。

  • 財形制度 【ざいけいせいど】

    国による税制上の優遇措置や企業による給与の天引きなどで、サラリーマンの財産形成を支援する制度のことをいいます。

  • 財形貯蓄積立保険 【ざいけいちょちくつみたてほけん】

    給与から天引きされる積立貯蓄型の保険のことをいいます。
    中途で自由に引き出すことができますが、利子などの差益は20%の源泉分離課税をうけることになります。
    財形制度で利用できる生命保険のひとつで、ほかに「財形年金積立保険」「財形住宅貯蓄積立保険」があります。

  • 財形年金積立保険 【ざいけいねんきんつみたてほけん】

    払込保険料累計385万円(住宅の取得を目的に保険料を積み立てる「財形住宅貯蓄積立保険」と通算で550万円)までは利子などの差益が非課税となり、さらに年金受取開始後に受け取る年金についても非課税となる保険のことをいいます。
    ただし、年金を受け取る目的以外で引き出す場合には課税対象となります。

  • 財形保険 【ざいけいほけん】

    国による税制上の優遇措置や企業による給与天引きなどにより、サラリーマンの財産形成を支援する制度です。

  • 在職老齢年金 【ざいしょくろうれいねんきん】

    厚生年金に加入中の60歳以上の在職者が受け取る老齢厚生年金のことをいいます。在職中に年金を受け取る場合、老齢厚生年金の支給額は年金額と報酬(給与・賞与)に応じて、全額支給停止になります。

  • 雑所得 【ざつしょとく】

    雑所得とは、他の9種類の所得のいずれにも当たらない所得をいい、公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などが該当します。

当サイトに掲載されている用語は2018 年1 月末現在に作成しておりますが、不定期に更新・改訂されていますのでご了承ください。