ホーム > 用語集 > 代襲相続

代襲相続

専門用語が分からない、言葉の意味を知りたい…そんな時に役立つ、保険の用語集です。

アルファベットは仮名読み(例:「A」は「え」)

代襲相続 【だいしゅうそうぞく】

相続人が相続の開始前に死亡したときやその他の事由(民法891条の相続欠格、民法892条、893条の推定相続人の廃除など)によって相続権を失った場合に、相続人の子や兄弟姉妹などが相続人に代わって相続する制度のことをいいます(民法887条)。

当サイトに掲載されている用語は、2019年7月末現在に作成しておりますが、不定期に、更新・改訂されますのでご了承ください。