1. ホーム
  2. 保険のほ
  3. がん保険の記事一覧
  4. 医療保険とがん保険の明確な違い!がん診断一時金に注目

医療保険とがん保険の明確な違い!がん診断一時金に注目

  • 公開日:
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
医療保険とがん保険の明確な違い!がん診断一時金に注目

なんとなく耳にしたことのある医療保険やがん保険。具体的にはどんな保障をしてくれるのでしょうか。
「医療保険とがん保険の違いは?」
「一方にしか入らない場合、保障が足りないのかな?」
「両方に加入した場合、保障が重複してもったいないのでは?」

そんな疑問にお答えします。
なお細かな給付条件は保険会社、商品によって定められていますが、本記事では主なものについて触れています。

医療保険とがん保険の違いは保障する対象

まずは医療保険とがん保険の役割について知りましょう。

医療保険が保障する主なもの

入院 入院をしたとき、「1日につきいくら」「1回につきいくら」と決められた入院給付金を受け取れる
手術 所定の手術を受けたとき、入院・外来の別や手術の種類に応じた手術給付金を受け取れる
通院 入院の前後に通院した場合、「1日につきいくら」「1回につきいくら」と決められた通院給付金を受け取れる
先進医療 所定の先進医療を受けたとき、技術料の実費など決められた給付金を受け取れる

これらの保障は主契約(保険契約のベース部分)の場合もあれば、特約(自分で選べるオプション)の場合もあり、保険会社や保険商品によって異なります。

さらに特約は上表の例だけでなく、
「女性特有の病気なら入院給付金が上乗せされる特約」
「特定疾病で入院したときは、支払限度日数が延長される特約」
「健康で過ごせたときに、お祝い金として一時金が受け取れる特約」
などさまざまなものがあります。

不安に思うリスクは一人ひとり違いますが、保障の範囲が広い医療保険は個別のニーズにこたえてくれるのです。

ただし、この保障もあの保障もほしい!と特約をつければ、その分保険料も高くなってしまいます。
保険料、リスクの高さ、貯蓄の有無などと照らし合わせて、保障を考えていくことが大切です。

がん保険が保障する主なもの

次にがん保険について見ていきましょう。
がん保険とはその名のとおり、「がん」に特化した保険です(一部、がんを含む他の疾病も対象としている商品があります)。

診断 がんと診断されたとき、一時金を受け取れる
入院 がん治療を目的とした入院をしたとき、「1日につきいくら」「1回につきいくら」などの入院給付金を受け取れる
手術 がん治療を目的として所定の手術を受けたとき、手術給付金を受け取れる
通院 がん治療を目的として通院した場合、「1日につきいくら」「1回につきいくら」などの通院給付金を受け取れる
先進医療 がんの診断や治療で所定の先進医療を受けたとき、技術料の実費など決められた給付金を受け取れる

医療保険と同じように、主契約なのか特約なのかは、商品によって異なります。入院保障が必ずついているものもあれば、オプションで付けない限り保障されないものもあるのです。

またがん保険の最大の特徴として、「診断一時金」を受け取れる商品が多くあります。がんと診断確定されれば、治療を行う前であっても「一時金」が受け取れるというものです。

診断一時金は、商品により

  • 初めて悪性新生物と診断されたときに1回限りで給付される
  • 2年に1回や、1年に1回などの限度はあるものの何度でも給付される
  • 上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ:がん細胞が粘膜の一番上の上皮内に留まり、基底膜を破壊していない状態。転移の可能性は極めて低い。)は保障の対象外としている
  • 上皮内新生物は特約をつけることで対象としている

など条件はさまざまです。

一般的に、保障が手厚いと保険料が高くなる傾向にあります。保障が手厚いというのは、保険金額が高いという意味だけではありません。給付される回数が多かったり、対象が広かったりすることも、保障が手厚いと言えます。

医療保険とがん保険で違うポイント

医療保険もがん保険も、どちらも病気になったときに支えてくれる保険だとわかりました。その主な違いについて整理しましょう。

医療保険 がん保険
A 給付対象 病気全般やケガ がん(商品によってはその他の特定疾病も含む)
B 免責期間(保障がされない期間) なし(一部定められている商品あり) あり。多くの場合は契約日から90日間
C 入院給付金の支払限度日数(1回の入院につき) 60日や120日など商品によって制限あり がんによる入院は無制限の場合が多い
D 入院給付金の支払限度日数(保険期間を通して) 1,000日や1,095日など商品によって制限あり 原則、がんによる入院は無制限
E 給付条件 「入院したら」「手術したら」など給付金ごとに条件あり 「入院したら」「手術したら」「がんと診断されたら」など給付金ごとに条件あり

「がん保険」という商品があるということは、医療保険はがんを対象としていないのでしょうか。
もちろんそんなことはなく、がんで入院・手術をした場合でも、医療保険で入院給付金・手術給付金を受け取ることはできます。

ではなぜ、がんに特化した保険があるのか。その答えは、上の表のC,D,Eにあります。がんの治療費やがんの特徴を交えて考えてみましょう。

がん治療のすべてをカバーするのは医療保険よりがん保険

がん治療のすべてをカバーするのは医療保険よりがん保険

がん治療の現状について知ることで、がん保険の役割がよりわかります。

がん治療にかかる費用

「がんの治療にはお金がかかる」というイメージがあるかもしれませんが、治療費はがんの部位やステージ(がんの進行度)によって異なります。

たとえば結腸がんの0期ステージでがん病変を切除する治療を行った場合は

治療費総額 約144万6,000円
がん治療費.com  https://www.ganchiryohi.com/cost/348 より引用

ですが、同じ結腸がん4期ステージで治療をした場合、

治療費総額 約543万5,000円
がん治療費.com  https://www.ganchiryohi.com/cost/360 より引用

となっています。ステージが変わることで、治療費の総額は約400万円も変わるんですね。

ただし治療費がどれだけ高額になっても、月々に支払う医療費の上限は決まっています。これを高額療養費制度といいます。

月々の上限額は所得や年齢によって異なります。たとえば70歳未満で標準報酬月額が28万円~50万円の場合、80,100円+(医療費-267,000円)×1%が上限額になります。標準的ながん治療であれば、1か月の医療費負担は8万円~10万円くらいでおさまります。

つまりどれだけ治療が高額になっても、保険が適用される治療に関しては毎月上限額までの支払いで済みます。まずはこの高額療養費制度を押さえておきましょう。

では保険適用外の費用とはどのようなものがあるのでしょうか。
代表的なものに個室を利用した場合の差額ベッド代があります。地域や病院によって金額に差はありますが、厚生労働省の統計では1日あたり平均で6,188円です。この差額ベッド代が、入院基本料と合算して請求されます。
がん(悪性新生物)での入院日数は平均で17.1日なので、仮に1日6,000円の部屋に17日入院するとなると、10万2,000円が全額自己負担となります。

食事療養費は1食につき460円かかるので、17日間で2万3,460円(460円×17日間×1日3回)です。もし保険適用外の治療を受けるなら、その費用も全額自己負担になります。

ここまで説明してきた、「高額療養費制度を適用した後の医療費」「差額ベッド代」「食事療養費」「保険適用外の治療費」については、がんでもほかの病気でも同様にかかります。
次はがんならではの費用に着目しましょう。

NPO法人がん患者団体支援機構とニッセンライフががん患者に調査したアンケートによると、
「治療のための交通費や、遠方にある病院で治療を行う場合の宿泊費、定期検査費用、健康食品・サプリメントの購入費、家族のサポートにかかるお金などさまざまな費用がかかり、治療以外にかかる費用は、平均すると約54万6,000円(年間)」
だったことがわかりました。

医療費については公的な助成が充実しているとはいえ、差額ベッド代などの支出も多く、がんの場合はさらに多くの費用も必要だということがわかります。

がんの特徴は「入院の短期化」「再発のリスク」

がんは治療以外にも費用がかかるとわかりましたが、ほかの病気とは違う、がんならではの特徴がほかにもあるのです。 それが「入院の短期化」「通院治療の主流化」「再発のリスク」です。くわしく見ていきましょう。

悪性新生物の患者の平均在院日数

これは厚生労働者「患者調査」で発表された、悪性新生物での入院日数を表すグラフです。3年という短い期間ごとの統計なのですが、入院日数が目に見えて急減しているのがわかります。

しかしがん患者総数が減っているわけではありません。国立がん研究センターがん情報サービスによると、

「がんの死亡数と罹患数は、人口の高齢化を主な要因として、ともに増加し続けている。」

と言っています。

がんの患者数が増えている一方で入院日数は減っていることから、「入院での治療は短期化傾向にある」そして「通院での治療が増えている」といえます。

さらに、がんには再発のリスクがあります。ほかの部位にも転移して、新たに治療を開始しなければいけない可能性もあるのです。

一概にほかの病気と比べることはできませんが、がんになるとこのようなリスクから「仕事を辞める、休む、転職するなど収入減」となる可能性が高いと言えます。

入院給付金が主な医療保険はがん治療をカバーしきれない

冒頭の疑問に戻ります。
「なぜ、がんに特化した保険があるのか」の答えは、「医療保険でがん治療のすべてをカバーするのは難しいから」です。

もちろん医療保険は原則すべての病気が対象になりますが、がんで入院・手術をしても入院給付金・手術給付金は受け取れます。ただし入院が短期化している今、通院で長期にわたりがんの治療をする場合はどうでしょうか。医療保険の中には通院を保障する(通院給付金が出る)商品も一部にありますが、「入院の前後〇〇日間」など範囲は限定的です。

一度も入院をせずに通院だけで治療するときや、手術ではなく放射線治療や抗がん剤治療をおこなうときなどは、医療保険の給付対象外になるケースがあります。再発をした場合、入院給付金の支払限度日数を超えてしまい、支払われないことも考えられます。

一方、「がんで通院すると通院給付金が受け取れる」という通院保障がついたがん保険なら、一度も入院しなくても給付金が受け取れます。放射線治療や抗がん剤治療も保障されます。

医療保険の主な保障である入院給付金や手術給付金は、入院や手術といった用途が限られます。一方、がん保険の「診断一時金」であれば、がんと診断確定されたときに100万円、200万円などの一時金が受け取れるため、給付金を治療費にあてることはもちろん、治療費以外の費用にも充てられます。

つまりがん保険は、今のがん治療にとてもマッチした保険なのです。

医療保険とがん保険の両方に入るべき?保障は重複しない?

医療保険とがん保険の両方に入るべき?保障は重複しない?

「医療保険だけだと不安だし、がん保険にも入ろうかな。」もしくは「がん保険の魅力はわかったけど、ほかの病気も不安だから医療保険にも入りたい。」

そう思った場合、医療保険とがん保険の両方に入るべきなのでしょうか。

両方加入するとどちらからも保険金が受け取れる

がん保険と医療保険の保障は重複するというよりも、どちらからも保険金が受け取れるといえます。

火災保険や自動車保険などの損害保険では、同種の補償内容に加入していた場合、実損額が保険金支払いの限度になります。つまり、それぞれの契約で設定した保険金額の合計が実損額以内であれば問題にはなりませんが、実損額を超えていた場合は、それぞれの設定した保険金額に応じて按分されてしまいます。保険料を2社に払っていたのに、設定した保険金が満額出ないのであれば、「重複して払って損した!」と思うかもしれませんが、医療保険やがん保険は違います。

もしがんで入院すれば、医療保険からもがん保険からも入院給付金が受け取れるのです。治療費以外にお金がかかるがんの場合、給付金が多いと心強いものです。

それでも入院・手術給付金が重複することに抵抗がある場合、診断一時金だけがついたがん保険を選ぶのも1つです。主契約に入院や手術の保障がついていないので、医療保険とは重複しません。医療保険で入院を、がん保険で入院以外の治療をカバーするイメージです。

とはいえ、その分保険料が高くなるのは不安ですよね。
保険料は年齢があがるにつれて高くなるので、とくに健康やがんについて考えはじめる年齢になると、2契約分の保険料は負担に感じてしまうかもしれません。

がん保障を特約でつけるのもアリ

2つの保険に加入することに抵抗がある場合、医療保険にがんの特約をつけるという方法があります。放射線治療や抗がん剤治療を受けたときに給付金が出る特約や、がんと診断された時点で一時金が支払われる特約などがあります。

今加入中の医療保険があるなら、がんの特約がつけられるか確認してみてはいかがでしょうか。
もしがん特約がつけられなかった場合、新たにがん特約つきの医療保険に加入するのか、今の保険を残したまま新しいがん保険に加入するかは、保険のプロに相談することをオススメします。

⇒ファイナンシャル・プランナーに相談してみる
(外部サイトへ遷移します)

医療保険には入らず貯金でまかなって、高額・長期化しやすいがんだけ保険で備えるというのも一つです。どんなリスクに不安を感じるか自分なりに考えましょう。

まとめ

最初の疑問に戻ります。

「医療保険とがん保険の違いは?」

→がん保険はがんだけを保障。ただし支払日数に限度はなく、がん診断確定時に一時金が受け取れる。

「一方にしか入らない場合、保障が足りないのかな?」

→医療保険だけではがん治療をカバーしきれない。がん保険だけだと他の病気が保障されない。

「両方に加入した場合、保障が重複してもったいないのでは?」

→それぞれから満額が受け取れる。保険料が気になる場合は医療保険にがんの特約をプラスすることも可能。

医療保険とがん保険はそれぞれ目的があります。すべてのリスクに備えて保険に入る必要はありませんが、いざというときに支えてくれる保険があれば心強いものです。貯蓄では難しいなと思うリスクがあれば、一度検討してみることをオススメします。

※ここで紹介した特徴は一般的なもので、個別の商品ごとに所定の条件が定められています。

⇒がん保険の一覧、詳細はこちら
⇒がんの特約がつけられる医療保険はこちら

ニッセンライフなら保険相談無料!

【お問い合わせ先】

通話・相談無料
0120-880-081
  • 【受付時間】
  • 月曜~金曜:9:00~19:00   
  • 土曜・祝日:9:00~18:00
この記事を書いた人
太田 太田
保険代理店のニッセンライフの一員として保険比較総合サイト「Will Navi」の運営に携わって2年。母親目線で保険のことをわかりやすくお伝えいたします。
出典
「主な選定療養に係る報告状況」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000400350.pdf

(がん治療費.com)
https://www.ganchiryohi.com/

「がん情報サービス」(国立がん研究センター)
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/annual.html

「平成29(2017)年患者調査」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/17/index.html

「がん患者アンケート」
http://www.nissen-life.co.jp/ganhoken/enquete/cost/index.html

掲載内容は執筆時点の情報であり、変更される場合があります。
出典に記載されているURLは、執筆時のリンク情報のため、アクセス時に該当ページが存在しない場合があります。

メニュー