1. ホーム
  2. 保険のほ
  3. がん保険の記事一覧
  4. がん治療ってどんなことにどれぐらいお金がかかるの?

がん治療ってどんなことにどれぐらいお金がかかるの?

  • 公開日:
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
がん治療ってどんなことにどれぐらいお金がかかるの?

今や日本人にとってがんは馴染み深い病気です。

一度がんになってしまうと高額な医療費がかかるイメージですが、実際にどういった費用がかかるのでしょうか。

いざとなってからでは遅いので、事前に治療に関する費用について把握して備えておきましょう。

がんの治療にはさまざまな種類の費用が発生する

がんの治療に一体いくらかかるか知っていますか?

「治療費」といってもその治療法によってかかる費用は大きく違ってきますし、最近は必ずしも入院する必要はなく、通院治療が可能なことも多くなっています。

ここでは、入院・通院でかかる費用や「治療費」に何が含まれているかを解説します。

直接治療にかかる費用

がんのステージや治療法により金額は大きく変動しますが、主に治療にかかってくる費用は以下のような名目があります。

  • 血液検査、CT、レントゲン、エコーや生検などの検査代
  • 診察代
  • 手術代
  • 外服薬などの薬代
  • 抗がん剤などの薬代
  • 入院費

そのほか、治療以外でかかる費用

治療費以外にも、がん治療のためにはさまざまなコストがかかります。
入院時に個室を望めば差額ベッド代、遠くの病院に通うならガソリン代や電車代もかさみます。
がん保険やがん特約のある医療保険に加入しておかないと、がんの治療費はあっという間に膨大な金額になってしまうのです。

治療以外でかかる費用
  • 通院のための交通費(ガソリン代含む)
  • 診断書や生命保険会社への証明書の作成代
  • 入院時の日用品や寝衣代
  • 入院時の個室代(差額ベッド代)
  • 食事代

また仕事も今まで通りには出来なくなるため収入が減ったり、会社を辞めざるを得ない場合も出てくると思います。
今は収入面をカバーしてくれるがん保険もあるので、とくに大黒柱のかたは保険の選択は慎重にしておくことをオススメします。

がんの治療にかかる費用はどれぐらいか

がんの治療にかかる費用はどれぐらいか

では実際にがんの治療を行った場合、治療費やその他の費用を合わせるとどれくらいの金額になるのでしょうか?

治療内容によって費用は大きく変わる

先ほども述べたとおり、がんのステージや治療内容によって金額はピンキリです。
入院より通院の方が安く済む場合が多いですし、先進医療を受ける場合は自費なので高くなりがちです。

がんの治療は不安も多く、人によって症状がさまざまなので治療費の目安は付きにくいです。さらに、治療費が全く分からないとなるともっと不安ですよね。
そんな方々のために、一部の例とその費用を掲載しますので、参考にご一読いただければと思います。

手術に関する費用

早期発見のがんの場合、そのほとんどは切除手術によって治療されます。
医療が進歩するにつれ、手術による体への負荷や入院日数など、患者への負担がどんどん減っていっています。

手術に関する費用もやはり手術部位や内容、手法により開きがあります。

例えば胃がんの場合でも、内視鏡による胃粘膜の手術なら30万円程度で済みますが、胃の一部を切除するとなると100万~130万円もの費用がかかるといわれています。

化学療法に関する費用

がんが全身に転移している場合や、手術後の再発防止のためには抗がん剤やホルモン剤などの化学療法が用いられます。
よくドラマなどで副作用によって髪が抜け落ちるシーンがありますが、それはホルモン剤や抗がん剤による副作用です。
がんの進行を防ぐ作用が、他の正常な細胞にも働くために苦しむことも多く、患者の身体への負担が大きいです。

たとえば肝臓がん Aステージで化学療法を行う場合、肝動注化学療法という治療法を5年間行えば、合計で約1,898,000円かかるとされています。
ただし保険適用内の治療であれば、原則その3割の負担でおさまります。

放射線治療に関する費用

がんの病巣がまだ狭い範囲だった場合、放射線によってがん細胞を破壊する放射線治療も有効です。
体の外側から照射するパターンと、内側から照射する2パターンが主です。

定位放射線治療と呼ばれる治療では約60万円がかかるので、3割負担の方は約18万円の負担です。
ただし高額療養費制度により、一般的な所得の方の実際の負担は、ひと月あたり9万円前後となります。

先進医療に関する費用

がん治療は日々研究されており、その一部は先進医療として自費で受けることが可能になっています。

まだ未承認の抗がん剤や陽子線治療など、先進医療にかかる費用は様々で、数百万円から数千万円にまで登ると言われています。

がん保険に加入していざという時に備えよう

今回は、他人事ではない「がん治療」のお話でした。
がんの治療は入院、通院、治療、薬代など保険適用外となる部分も多く、その治療費は決して安くありません。

高額医療請求や医療保険などをしっかり活用するとともに、保険の見直しは定期的にしておきましょう。
とくにがんの治療法は日々進歩しているので、保険も定期的な見直しが必要です。
自分に合ったがん保険を見つけて加入し、いざというときにそなえておきましょう。

⇒がん保険の一覧、詳細はこちら

ニッセンライフなら保険相談無料!

【お問い合わせ先】

通話・相談無料
0120-880-081
  • 【受付時間】
  • (平日)9:00~19:00 
  • (土・祝)9:00~18:00 
  • 日曜は休み
この記事を書いた人
ニッセンライフニッセンライフ
Will Naviを運営する株式会社ニッセンライフは通販でおなじみのニッセンのグループで、セブン&アイグループ傘下の企業です。 40年以上の豊富な経験と実績をもつ保険代理店です。 ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが、保険でお悩みの点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポートいたします。
出典

「医療給付実態調査(平成29年度)」第3表」(厚生労働省)
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450389&tstat=000001044924&cycle=0&tclass1=000001044945&tclass2=000001132104

「部位別がんの治療費:肝臓がん Aステージでの治療方法と治療費(概算」(がん治療費.com)
https://www.ganchiryohi.com/cost/406#link_06

「令和2年度診療報酬改定について(第3 関係法令等 (2)-1放射線治療)」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411_00027.html

「平成30年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告について」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/12401000/000473028.pdf

「平成30年6月30日時点における先進医療Aに係る費用」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/12401000/000473030.pdf

掲載内容は執筆時点の情報であり、変更される場合があります。
出典に記載されているURLは、執筆時のリンク情報のため、アクセス時に該当ページが存在しない場合があります。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
トップへ