1. ホーム
  2. 保険のほ
  3. 緩和型保険の記事一覧
  4. 持病があると医療保険に入れない?告知条件がゆるい保険の選び方

持病があると医療保険に入れない?告知条件がゆるい保険の選び方

  • 公開日:
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
持病があると医療保険に入れない?告知条件がゆるい保険の選び方

持病がある方ほど医療保険の必要性を痛感しているかもしれません。
持病と保険について考えるとき、2つの視点が必要です。

1.再発する不安にそなえたい(持病も保障してほしい)
2.持病は保障されなくてもいいが、ほかの病気は保障してほしい

どちらの希望を持つかによって、答えは変わります。

あなたはどのような不安を抱えられておられるのでしょうか?

より良い答えが見つかるようにお手伝いさせていただきます。

持病があると医療保険の加入が難しくなるワケ

医療保険に限らず、保険は「保険料を出し合い大きなリスクに備える」という「相互扶助」の精神で成り立っています。

病気になるかどうかは誰にもわかりませんが、「入院や手術のリスクが高い」場合があります。特に、持病や既往症のある方です。

たとえば、がんで闘病中の方が保険に入れば、入院や手術にともない、保険金が支払われる可能性は高くなるでしょう。
そうなれば、健康な人はリスクの高い人のために保険料を出し合う状態になり、相互扶助とはいえなくなりますよね。

保険金が支払われる可能性は、ある程度限定される必要があります。
そのため、「リスクが高い人」ほど保険加入が難しくなるわけです

しかし、持病のある人が保険に加入できないわけではありません。
「持病があっても入りやすい」というキャッチフレーズのもと、持病のある方向けの保険商品が最近増えています。

具体的にどのような保険があるのかをみてみましょう。

持病があっても検討できる医療保険は3つ

持病や既往歴があっても検討ができる医療保険のタイプは主に3つあります。
引受基準緩和型、無選択型、そして通常の医療保険(特別条件付き)です。

持病があっても検討できる医療保険は3つ

大まかなイメージは上のとおりです。
商品ごとに条件や保障範囲は異なりますが、主な特徴をご紹介します。

引受基準緩和型医療保険

引受基準緩和型医療保険とは、名前のとおり「引受基準」を「緩和」している「医療保険」、つまり加入条件がゆるい医療保険です。

告知(こくち:保険申込のときに健康状態や職業などを保険会社に伝えること)の項目が少なかったり、告知内容の条件がゆるかったりします。

基本的に通常の医療保険と同じように入院給付金や手術給付金などで構成されていて、持病や既往症も保障される可能性があります。

一方で通常の医療保険と比べると、

  • 保険料が割高
  • 「1年目は保険金が50%しか出ない」などの支払削減期間がある
  • 選べる特約が少ない
などの制限があります。

ただし商品ごとに特徴が異なり、時代に合わせて商品内容も改定されてきました。
最近では支払削減期間がない商品も出てきました。

無選択型医療保険

無選択型医療保険とは、告知なしで申し込み加入できる医療保険です。
持病があったり、直近で入院をしていたりした方でも検討していただけます。

ただし、保険料はかなり割高です。
だれでも加入できる分、引受基準緩和型よりも、保険料はさらに高くなるでしょう。

また、持病や既往症に関する病気では保険金が給付されない可能性があります
商品によって一定期間保障されない条件がついている場合もあります。持病が保障されない期間は「2年」など商品ごとに決まっているので、その期間を過ぎれば保障の対象になります。

無選択型医療保険の注意点をまとめると、

  • 保険料が引受基準緩和型よりもさらに割高
  • 持病や既往症は保障されない可能性がある

と言えます。

告知がいらないというのは大きな魅力です。
特に、引受基準緩和型の医療保険に加入できなった方にとっては、検討しやすい保険だと言えます。

通常の医療保険:ただし特別条件つき!

実は、通常の医療保険であっても持病のある方が入れるケースがあります。

その場合、契約には下記のような条件がつくことがあります。

条件内容備考
保険金を削減入院給付金が50%など、保険金が削減して支払われる一定期間(1~5年間)、または、終身の条件が適用される
保険料が割増支払う保険料が通常よりも高くなる-
特定部位不担保身体の特定の部位を保障しない一定期間(1~5年間)、または、終身の条件が適用される
特定疾病不担保特定の疾病(病気)を保障しない
このタイプだと、引受基準緩和型医療保険や無選択型医療保険と比べ、保険料をおさえ、保険に加入できる場合があります。

実際に子宮筋腫や白内障、大腸ポリープなどでも条件付きで通常の医療保険に加入できた例があります。
ただし、加入できる条件は治療の状況や年齢などによって大きく左右されるため、一度、保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

3つのタイプの医療保険について紹介しましたが、検討の流れとしては

  1. 通常の医療保険
  2. 引受基準緩和型の医療保険
  3. 無選択型医療保険
の順番でおこないましょう。

保険会社によって加入条件がちがう

加入には保険会社の審査があり、告知事項により加入の可否が判断されます。(健康診断の結果や医師の診断書が必要な場合もあります)

たとえばどんな条件があるのか、引受基準緩和型の告知例を見てみましょう。

  1. 最近3カ月以内に医師・歯科医師から入院・手術をすすめられたことがある
  2. 過去1~2年以内に入院・手術のいずれかをうけたことがある
  3. 過去5年以内にがん(悪性新生物・上皮内新生物)・肝硬変・慢性肝炎で治療を受けたことがある
  • ※ 告知項目は保険会社によって異なります。
    職業や他の保険契約の加入状況などにより、ご加入いただけない場合があります。
  • ※ 告知項目の回答がすべて「いいえ」であることが、申込みの条件です。
    (最終的に加入できるかどうかは保険会社が判断します。)

「Aの保険会社には断られたけど、Bの保険会社では加入できた!」ということが起こりうるのは、この告知項目の違いがあるからです。

持病と医療保険を考える際のポイント

持病と医療保険を考える際のポイント

持病がある方向けの医療保険について解説しましたが、最後に医療保険について考える際のポイントをご紹介します。

入れる保険より入りたい保険を考える

持病のある方が保険を検討するときには、どうしても「加入できるかどうか」を考えてしまいます。もちろん加入できることが大事なのですが、通常の医療保険を選ぶのと同じように、先ずは保障内容にも注目しましょう。

  • 給付金は1日いくら出るのか
  • 入院一時金などの「特約」はつけられるのか
  • 支払削減期間はないか

いくつかの商品を比較することで、自分の希望にあった保険をみつけることができるでしょう。

ごまかすとこんなトラブルに!

通常の医療保険がだめなら複数の引受基準緩和型を検討し、それでも無理なら無選択型…という検討の流れで、だんだんと「保険料の高さ」がネックになってくると思います。しかしそこで虚偽の告知をした場合は、大きなペナルティを受ける可能性があります。

悪質性の度合いによって、

  • 保険金が給付されない
  • 払い込んだ保険料は返ってこない
  • 契約が解除される

などが起こります。
場合によっては詐欺罪が適用されることもあるのです!

虚偽の告知は必ずばれます。
保険会社は申込の時点で他社の契約状況を、給付請求の時点で医療機関に治療の経緯などを確認します。
必ずありのままの告知をしましょう。

無選択型には抵抗がある

引受基準緩和型にも加入できなかった際は、いったん無選択型に入り途中で引受基準緩和型(もしくは通常の医療保険)に加入するという方法もあります。

「無選択型は抵抗があるので保険自体の加入をあきらめよう…」と思う場合、それは無選択型が「持病の保障をしてくれない」からあきらめるのかどうかを考えてみてください。

「持病の保障もしてほしい」つまり「持病での治療費をまかないたいから保険に入りたい!」という場合、無選択型の保険で保障を受けることは難しいでしょう。

しかし「持病の不安はあまりないけど、ほかの病気になったらどうしよう…」という不安を抱えていて、無選択型の保険料の高さに抵抗があるなら、検討の余地があります。
「引受基準緩和型に加入できる」までのつなぎとして、無選択型に加入するという方法です。
保険料はかなり割高になりますが、一定期間でも保障があると心強いですよね。

もし、がんに関して不安をお持ちなら、持病があっても、「がん保険」を検討できる可能性もあります。
がん保険の告知はがんに関する項目のみのケースが多く、他の病気については、告知の制限がゆるいことがあるからです。

〈引受基準緩和型に入れなかったときの検討パターン〉
引受基準緩和型に入れなかったときの検討パターン

このように、「持病」だけでなく「どんな不安を抱えていてどんな保障がほしいか」によっても選択肢が変わってきます。

ただし「期間が経てば引受基準緩和型に加入できる」というのは、その間、新たに入院や手術を受けないことが条件となります。
告知項目も含めて商品によって条件が異なり、パンフレットだけではわからないこともあるので、保険のプロに相談することをオススメします。

⇒ファイナンシャル・プランナーに相談してみる
(外部サイトへ遷移します)

まとめ

持病と医療保険の関係について解説しました。

かんたんにまとめると、

  • 持病があると保険の加入は難しいが、検討できる保険もある
  • 通常の医療保険→引受基準緩和型→無選択型の順に検討する
  • 「加入できるか」よりも、保障内容が重要

持病があると、健康面だけでなく治療費にも不安を抱えてしまいますよね。
そんな不安に少しでも寄り添えるよう、本当に必要な保険に出会えることをお手伝いできればと思います。

⇒持病がある方に人気の医療保険はこちら (商品のページごとに、保険料の目安もまとめています)

⇒引受基準緩和型/無選択型保険の一覧、詳細はこちら
⇒持病があっても入れる可能性のある保険をお探しの方はこちら

ニッセンライフなら保険相談無料!

【お問い合わせ先】

通話・相談無料
0120-880-081
  • 【受付時間】
  • (平日)9:00~19:00 
  • (土・祝)9:00~18:00 
  • 日曜は休み
この記事を書いた人
ニッセンライフニッセンライフ
Will Naviを運営する株式会社ニッセンライフは通販でおなじみのニッセンのグループで、セブン&アイグループ傘下の企業です。 40年以上の豊富な経験と実績をもつ保険代理店です。 ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが、保険でお悩みの点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポートいたします。
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
トップへ