卵巣嚢腫でも入れる・加入できる保険

病気解説

卵巣嚢腫とは

卵巣嚢腫とは

卵巣は子宮の左右に一つずつあり、直径2~3センチの大きさです。
卵巣に発生した腫瘍を「卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)」といいますが、そのうち、良性の腫瘍の代表例として「卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)」があり、悪性の腫瘍としては主に「卵巣がん」があげられます。
卵子を作る器官である卵巣は、月に1回の排卵により、その都度壁が傷つくため、新陳代謝も盛んで、腫瘍のできやすい臓器のひとつです。

卵巣腫瘍のうち、良性の卵巣嚢腫は全体の約80%を占めます。卵巣嚢腫は、袋状になった腫瘍(嚢=のう)に、液体の内容物がたまって腫れている状態です。

たまっている内容物によって以下の種類に分類されます。

漿液性嚢胞腺腫
(しょうえきせいのうほうせんしゅ)
透明な黄褐色の液体がたまっている腫瘍
粘液性(ねんえきせい)嚢胞腺腫ネバネバしたゼラチンのような粘液がたまっている腫瘍
成熟嚢胞性奇形腫(皮様嚢腫)脂肪や皮脂、毛髪、歯、軟骨などを含んだ腫瘍
チョコレート嚢腫
(子宮内膜症性卵巣腫瘍)
子宮内膜症の一種で、褐色の血液がたまっている腫瘍

嚢腫がある程度の大きさに成長すると症状が出てくることもあり、下腹部の膨満感や腰痛、頻尿、便秘などの症状としてあらわれます。太ったわけではないのに、お腹が出てきたと感じたら、要注意です。婦人科系のできものは、時に人の頭くらいのサイズになってから発見されるようなこともあります。
また、まれではありますが、腫瘍が突然破裂したり、お腹の中でねじれる「茎捻転(けいねんてん)」という状態になったりすると、緊急手術が必要になる場合もあります。

卵巣の病気は自覚症状が出ないことが多いため、妊婦検診や子宮がん検診などで、偶然発見されるケースが多くあります。また、悪性の腫瘍(卵巣がんなど)が潜んでいることもあります。そのため、卵巣の検査では、卵巣腫瘍の有無や種類に加えて、悪性の腫瘍ではないかどうかの鑑別も大切になってきます。

卵巣嚢腫(卵巣腫瘍)の検査は、「内診(腟から指や専用の器具を入れて検査すること)」、「経腟超音波検査(膣から検査機器を挿入してエコーで検査すること)」、「CT(コンピューター断層撮影)」、「MRI(磁気共鳴画像診断装置)」、腫瘍マーカー検査(採血)などを組み合わせておこないます。
これらの検査で、腫瘍が良性か悪性かの判断はある程度できるのですが、確定診断のためには、腫瘍を手術で摘出して、病理検査(顕微鏡で腫瘍の形や広がり方を検査すること)をしなくてはなりません。

ただ、手術は患者にとって負担がかかるため、良性の可能性が高いと考えられる場合は、悪性の腫瘍または今後悪性化するリスクを患者に説明して納得したもらったうえで、ただちに手術をしないというケースもよくあります。反対に、悪性が疑われて手術をしたものの、結果として良性だったということも起こりえます。

保険加入

卵巣嚢腫にそなえる保険選び

卵巣嚢腫にそなえる保険選び

ニッセンライフでは、持病や既往症がある方から、保険加入の相談を受け付けていますが、卵巣嚢腫と診断された20~30代の女性からの相談は、近年とても増えています。
「婦人科検診で卵巣腫瘍が偶然見つかった。経過観察中だが、将来の入院、手術にそなえたい」など、診断をきっかけに保険のことを考え始める方が多いようです。

一般的に、持病や既往症がある方の保険選びには、条件が付くことがあります。「卵巣嚢腫」と診断された方も例外ではありません。

病気による入院や手術を受けた場合の治療費をカバーする保険として「医療保険」がありますが、この保険はあくまでも、「持病や既往症がない健康な方(既往症があっても完治している方)」を加入の対象としています。

その理由は、将来、入院や手術を受ける可能性のあるリスクの高い方が加入すると、保険金の支払いが増え、安定した保険制度の運営が難しくなるからです。

卵巣嚢腫は、良性の卵巣腫瘍で、腫瘍が小さいうちは自覚症状はほとんどありませんが、腫瘍が大きくなると茎の部分が捻じれて緊急手術が必要になる場合があります。

また、腫瘍の中には、悪性の卵巣がんなどが含まれている場合もあります。「持病以外の病気を保障する」という条件で、保険会社が持病がある方の保険加入を引き受ける場合がありますが、「卵巣嚢腫」と診断された方については「加入から5年間は、卵巣・卵管および子宮付属器」の病気を保障しない(特定部位不担保)」などの条件が付くこと、さらに加入できるのは「完治後」になる場合もあります。(不担保の条件は保険会社によって異なります)

そんな中、持病の悪化や再発までを保障する保険として開発されたのが「引受基準緩和型保険」です。
この保険は、3~5項目の簡単な告知項目(質問事項)にすべて「いいえ」であればお申し込みいただくことが可能です。もちろん、保険加入前に治療中の卵巣嚢腫が加入後に悪化した場合も保障します。
ただし、持病も保障対象であるため、保険料が割増になっているなどの条件があるため注意が必要です。
※告知項目については保険会社によって異なりますので、ぜひ複数の会社をあわせてご検討下さい

卵巣嚢腫でも入れる可能性のある医療保険{{ products.length }}商品あります。

該当する保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

治療法

卵巣嚢腫の治療法

卵巣嚢腫の治療法

卵巣嚢腫は良性の腫瘍ですが、悪性の腫瘍(卵巣がんなど)も含まれています。
そのため、卵巣の検査・治療に関しては、常に悪性の腫瘍(卵巣がんなど)の可能性を考えなくてはいけません。

卵巣嚢(のう)腫の治療は、一般に「手術療法」がおこなわれます。
腫瘍が小さい場合は経過観察になる場合もありますが、一般に腫瘍が6センチ以上になると卵巣が重くなって、茎捻転(けいねんてん:腫瘍の茎がねじれること)を起こしやすくなりますし、悪性腫瘍である可能性もゼロではないので、原則的に手術が選択されます。

手術については、事前に「経腟超音波検査(膣から検査機器を挿入してエコーで検査すること)」、「CT(コンピューター断層撮影)」、「MRI(磁気共鳴画像診断装置)」、腫瘍マーカー検査(採血)などで、総合的な広がり具合を評価してからおこないます。最近ではおなかに穴をあけておこなう腹腔鏡(ふくくうきょう)手術が実施されることが増えてきています。

腹腔鏡手術のメリットとしては、お腹の中で操作スペースを確保するためにガスで膨らませながら手術を進めるため、圧迫止血の効果が得られること、身体の中の膜構造を認識しやすく、慣れた医師がおこなえばかなり繊細な手術ができることなどがあげられます。反対に、腫瘍があまりにも大きかったり、周囲との癒着が強かったりするような場合には腹腔鏡だけでは手術が完遂できないこともあります。

過去に手術の経験があり、腹腔内の癒着が予想される場合などは、最初から「開腹手術」でおこなわれる場合もあります。また、腹腔鏡手術で腹腔内を観察したあとで、安全確保を第一に考えて、開腹手術に変更することもあります。

卵巣嚢腫の手術方法については、腫瘍部分だけを摘出して卵巣を温存する「卵巣嚢腫摘出術」と、腫瘍を含めて卵巣・卵管の全体を摘出する「付属器切除術」があります。これらは、腫瘍の状態や症状だけでなく、患者の年齢や妊娠希望の有無などを総合的に判断して、どの方法でおこなうかが選択されます。

もし、2つの卵巣の両方ともに腫瘍が発生した人が、妊娠・出産を希望している場合は、少なくとも正常な部分を一部残して「妊孕性(にんようせい/妊娠のしやすさのこと)」を温存する手術が検討されます。

摘出した腫瘍の病理検査によって、悪性腫瘍(卵巣がんなど)と診断された場合は、追加治療が必要になることもあります。

治療費

卵巣嚢腫の治療費用

2018年に某病院にて卵巣嚢腫を治療した30歳女性の治療費実例にもとづき、患者さんが負担しなくてはならない費用の概算を計算しました。

治療費用例 ~入院日数 5日~
医療にかかる費用
①健康保険適用医療費総額 (保険診療分)500,000円*1
②評価療養・選定療養等の総額(保険外診療分)0円*1
③医療費総額(①+②)500,000
④窓口支払額(3割負担の場合*2①×30%)150,000
⑤高額療養費の自己負担限度額*382,430
⑥高額療養費による割戻額(④-⑤)67,570
⑦医療費自己負担額(②+⑤)82,430
その他の自己負担費用の概算
⑧入院時食事療養費標準負担額*4
(1食460円×入院日数×3回)
6,900
⑨差額ベッド代
(1日6,144円×入院日数)*5
30,720
⑩雑費(1日1,500円×入院日数)*67,500
⑪合計自己負担額(⑦+⑧+⑨+⑩)127,550

*1①②の治療費は、実在する患者の診療明細から監修医の判断のもと個人情報が特定できないよう修正を加えた金額。

*2 70歳未満のサラリーマンを想定。(組合管掌健康保険または協会けんぽの医療保険制度を利用)

*3 年収約370~770万円の方を想定。自己負担額の計算は、80,100円+((1)-267,000円)×1%。但し、自己負担額が80,100円以下の場合は窓口支払い額とした。

*4 (1)の保険診療の食事療養に係る費用のうち、厚生労働大臣が定める一般の方の1食あたりの標準負担額460円(平成30年4月以降)に対して、1日を3食として入院日数を乗じた金額。

*5 (2)の選定療養のうち、いわゆる差額ベッド代に係る費用。「主な選定療養に係る報告状況」厚生労働省 平成28年7月1日現在より1日あたり平均徴収額(推計)の合計値6,144円に入院日数を乗じた金額。

*6 付添いの家族の食事代や交通費,日用雑貨の購入費等の費用を1日あたり1,500円と仮定し、入院日数を乗じた金額。

卵巣嚢腫がある程度大きくなると手術で摘出することになります。
卵巣(直径2~3㎝)は子宮の左右にそれぞれ1つずつありますが、そこに発生した腫瘍を「卵巣腫瘍」といいます。良性と悪性の比率は8:2くらいで、良性の中で代表的な病気として「卵巣嚢腫(のうしゅ)」があり、悪性として代表的なものに「卵巣がん」があります。

卵巣嚢腫は、袋状の嚢(のう)に液体が溜まって腫れている状態。卵子を作る器官である卵巣は、月に1回の排卵によりその都度壁が傷つくため、新陳代謝も盛んで腫瘍のできやすい臓器のひとつです。

卵巣嚢腫は、初期段階では、ほとんど自覚症状はありません。卵巣嚢腫が大きくなってくると下腹部の膨満感や腰痛、頻尿、便秘などの症状が出てくる場合があります。まれに嚢腫がねじれる「茎捻転(けいねんてん)」になり、緊急手術が必要となる場合もあります。

子宮がん検診などで見つかった場合は、超音波検査、CTやMRI検査、血液検査(がんマーカー)などで、どのような腫瘍であるか検査されます。悪性の可能性が高くなければ、経過観察(数か月ごとの通院・検査)の方針になることが多く、卵巣嚢腫が大きく(5~6cm)なった段階で、手術が検討されます。最近は、開腹手術ではなく、体への負担がより少なく侵襲性の低い腹腔鏡下手術が選択されることが多いです。

卵巣嚢腫の治療費について

【 経過観察の場合(目安)】

数ヶ月に一度の通院で、約2,000円(1回につき)
※病院によって、検査項目が違うことがあります。
自覚症状の有無や、血液検査(がんマーカーなど)の数値により追加の検査がされる場合があります。

【 腹腔鏡下手術の場合(目安)】

卵巣嚢腫の腹腔鏡下手術にかかる費用は、3割負担、5~7日の入院期間、検査、手術などの処置、部屋代などを含めると、上記の治療実例の通り10~20万円くらい見込まれます。
また保険適用の治療に対しては「高額療養費制度」が使えるので、事前に限度額適用認定証の申請・交付を受けておくことをオススメします。

治療費に関しては、監修医の診療経験に基づく平均的な金額を記載しております。患者の病状や受診される診療機関、治療方法などによって費用は異なります。あくまでも治療費の目安として情報を提供するものです。

監修

かわい医師

内科医/産婦人科医/薬剤師

プロフィール

薬学部で薬に関しての専門的知識を勉強し、薬剤師免許を取得。
『不妊に悩む患者さんをより多く助けたいと考えて、医学部受験を決意』。
愛知県内の大学病院で薬剤師として勤務する傍ら、医師免許を取得。
「医学」と「薬学」の専門家として、不妊と性に悩む患者を救う産婦人科医として活躍中。

よくある質問

「卵巣嚢腫と保険」に関する相談例

持病や既往症がある人向けの保険商品をご案内しているニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、卵巣嚢(のう)腫と、診断された方からのご相談が数多くあります。
主な質問とその回答例をご紹介します。

卵巣嚢腫と診断されましたが、腫瘍が小さく、症状もまったく出ていないので、経過観察となりました。ただ不安なので医療保険への加入を検討しています。(40代女性)

回答はこちら

通常の医療保険への加入は難しい可能性が高いです。

卵巣嚢腫と診断された方は、たとえ経過観察中であっても通常の医療保険への加入は難しい可能性が高いです。また条件付きでのお引受けとなる場合もあります。持病の入院・手術への備えには、「引受基準緩和型医療保険」もあわせてご検討ください。

6年前に卵巣嚢腫の手術をして完治しています。現在はまったく症状はありません。通常の医療保険に加入できますか?(50代女性)

回答はこちら

完治して5年以上が経過して、ほかの持病や既往症がなければ、通常の医療保険に加入できる可能性は高くなります。

はい。完治して5年以上が経過して、ほかの持病や既往症がなければ、通常の医療保険に加入できる可能性は高くなります。また、死亡保険(終身保険、定期保険など)やがん保険などもあわせてご検討いただけます。

半年前に卵巣嚢腫と診断され、投薬治療中です。今後その病気が悪化することが不安です。また、妊娠・出産の際の異常分娩リスクやそのほかの病気にもそなえたいと思っています。いい保険はありますか?(30代女性)

回答はこちら

引受基準緩和型の医療保険は、持病や既往症が悪化した場合はもちろん、現在のご病気以外の疾病で入院・手術した場合も保障対象となります。

引受基準緩和型の医療保険は、持病や既往症が悪化した場合はもちろん、現在のご病気以外の疾病で入院・手術した場合も保障対象となります。もちろん、異常分娩も保障の対象です。ただ、保険料が通常の医療保険よりも割り増しされているうえ、加入から1年間は保険金額が半額となるなど条件がありますのでご注意ください。(保障内容は商品によって異なります。)

半年前に婦人科で卵巣嚢腫と診断されました。将来妊娠・出産を希望するなら手術をした方がいいといわれ、現在迷っているところです。現在検討している引受基準緩和型医療保険の告知項目は、「過去3ヶ月以内に入院・手術をすすめられたか?」となっていますが、私の場合は「半年前にすすめられた」ので該当しませんね?(20代女性)

回答はこちら

確かに告知書には該当しませんが、「ご加入前に医師から入院・手術をすすめられていた病気は保障対象外」となります。

「半年前に入院・手術をすすめられた」ということであれば、確かに告知書には該当しませんが、「ご加入前に医師から入院・手術をすすめられていた病気は保障対象外」と約款に定められています。ですので、保険にご加入できたとしても、卵巣嚢腫の入院・手術については保障されませんのでご了承ください。

持病があっても安心ナビ

「持病があっても安心ナビ」なら、病名・年齢・性別・治療状況を入力することで、入れる可能性がある保険を検索することが可能です。

動画で紹介!あんしんナビ

今すぐ無料で検索する

相談をする

ニッセンライフでは、卵巣嚢腫の方の保険加入のご相談を受け付けています。ぜひお気軽にお電話下さい。

電話で相談する

電話にて相談する

ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが対応いたします。保険でお悩みな点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポートいたします。

電話番号

0120-880-081

受付時間

月曜~金曜:
9:00~19:00
土曜・祝日:
9:00~18:00

※日曜は休み

対面で相談する

対面で相談する

ニッセンライフのコンサルタントもしくは提携している共同募集代理店のコンサルタントが直接お会いし、お客様のライフプランに関するご相談や、ご家庭の問題解決策として保険のご提案をいたします。

電話番号

0120-880-081

受付時間

月曜~金曜:
9:00~19:00
土曜・祝日:
9:00~18:00

※日曜は休み