1. ホーム
  2. 保険のほ
  3. 保険全般の記事一覧
  4. 【保険】「特約」選びのポイントを解説します。

【保険】「特約」選びのポイントを解説します。

  • 公開日:
  • line
  • はてなブックマーク
【保険】「特約」選びのポイントを解説します。

保険について調べていると、「特約」という言葉を目にすると思います。

たくさんの特約があり、どの特約を選べばいいのか迷いますよね。

この記事では生命保険における「特約」について具体的に解説します。
特約の役割、比べ方がわかることで、自分に最適な保険を選ぶことができようになるでしょう。

ぜひ、今後の保険選びに生かしてください。

保険の特約とは

「特約」とは保険を構成する「オプション」のことです。
申込者が保障に加えるか自由に選べます。

生命保険には死亡保険、医療保険、がん保険などさまざまな種類があります。
それぞれに特約があります。
ただし、保険商品によっては特約がなく、パッケージ化されたプランから選ぶものもあります。

「死亡保険」の特約

死亡保険」につけられる特約の例です。

死亡に関する特約主な内容
定期保険特約一定期間だけ保険金額を上乗せして受け取れる
災害割増特約不慮の事故や所定の感染症で死亡または高度障害に該当したときに、保険金が上乗せして受け取れる
傷害特約不慮の事故や所定の感染症による死亡の場合、または不慮の事故で所定の身体障害状態になった場合に保険金・給付金を受け取れる


医療に関する特約主な内容
特定疾病特約「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」などの特定疾病で死亡、または所定の状態になったときに保険金が受け取れる
疾病入院特約病気で入院したときに入院給付金が、病気や不慮の事故で所定の手術を受けたときに手術給付金が受け取れる
女性疾病入院特約女性特有の病気で入院したときに入院給付金が上乗せして受け取れる
※上記記載の特約は一例です。
名称・保障内容等は各保険会社によって異なる場合があります。


⇒死亡保険の一覧、詳細はこちら

「医療保険」と「がん保険」の特約

医療保険」と「がん保険」の主な特約です。

医療に関する特約主な内容
特定疾病特約特定疾病(がん、脳血管疾患、心疾患など)になったときに一時金が受け取れる特約
以後の保険料の支払いが免除になる(保障はそれ以降も続く)特約がある
女性疾病入院特約女性特有の病気や女性に発生率の多い病気になったとき、保障が上乗せして受け取れる
先進医療特約先進医療とは、厚生労働省が定める高度な医療技術がともなう治療
高額となるが、この治療費が実費で保障される
通院特約入院給付金の支払対象となる「入院」をして、退院後、その入院の直接の原因となった病気やケガの治療を目的として通院した場合に通院給付金が受け取れる
※がん保険の場合は、原則がんの治療だけを対象にします。
※上記記載の特約は一例です。
名称・保障内容等は各保険会社によって異なる場合があります。


医療以外に関する特約主な内容
介護特約所定の「介護状態」になったときに、一時金や年金形式で保険金が受け取れる
死亡特約病気や不慮の事故で死亡した際に、あらかじめ決めた保険金が遺族に支払われる
就業不能特約病気やケガで働けなくなったときに、毎月保険金が受け取れる


⇒医療保険の一覧、詳細はこちら
⇒がん保険の一覧、詳細はこちら

「主契約」と「特約」の関係


保険には必ず保障のメインとなる「主契約」があります。
「特約」は主契約の上乗せ部分です。

特約の種類は多岐に渡り、さらには保険種類を超えたものもあります。
たとえば、次のようなパターンです。



違う保険種類、たとえば死亡保険に医療保障の特約をつければ、保障の幅を広げることができます。
この場合、死亡すれば遺族に保険金が、入院すれば本人に入院給付金が支払われるということです。

ここで紹介した以外にもさまざまな特約、組み合わせがあります。

保障の上乗せだけではない特約


上記で説明した以外にも特約はあります。

たとえば「リビングニーズ特約」です。
ほとんどの死亡保険に無料でつけられる特約です。

「余命6か月」と宣告されると、本来亡くなったときに支払われる保険金が生前に受け取れるというものです。

個人年金保険の特約では、保険金を一括で受け取るのか年金として受け取るのかを、特約で選ぶパターンもあります。

特約で保障内容をカスタマイズ

保険商品の中には、あらかじめ特約を組み合わせた「パッケージプラン」もあります。
通院プラン、がんプラン、死亡保障つきプランなどです。

プランの中から自分にあった保障を選んで完結するのでラクですね。

しかし、「パッケージプラン」を選んだり、複数の保険に加入したりするより、特約をプラスして一つの保険に加入する方がメリットがある場合があります。

くわしく見ていきましょう。

ポイント1:必要な保障だけをつけられる

自分で特約を選ぶことで、自分に必要な保障だけを選ぶことができます。
気になるパッケージプランの中に「通院の保障はほしいけど、がんの保障は必要ないな…」と思うこともありますよね。

自分に必要な保障だけを選ぶことで、余計な保険料を支払う必要がありません。

とくに複数の保険に加入している場合は、重複なく保障を選ぶことが重要です。

ポイント2:管理や手続きがラク

加入している保険が一つであれば、管理と手続きがラクです。

複数の保険に加入していると、手続きも書類の管理もその分、必要になってきます。

その点、1つの保険にまとめてしまえば、管理や手続きは1度で済みます。

ポイント3:別々に入るより保険料が安くなる可能性も

複数の保険に入るより、1つの保険に加入する方が一つ保険料が安くなる可能性があります。
たとえば、医療保険とがん保険に別々で入るより、医療保険にがんの特約をつけた方が全体の保険料が安くなることがあります。

ただし保険商品によって保障内容は異なるため、単純に保険料だけで比較することはできません。保険料と保障内容のバランスをよく検討するようにしましょう。

特約でカスタマイズする際の注意点

主契約に特約をつける際にも注意が必要です。

注意点1:特約だけを残すことはできない

特約だけ継続し、主契約を解約することはできません。
とくに医療保険やがん保険は時代に合わせて改良がされるため、新しい商品に魅力を感じたときに、見直しがしにくいかもしれません。

なお、たとえば医療保険とがん保険を別々に加入していた場合は、一方の保険だけを解約することはできます。

注意点2:途中でつけはずしができない商品もある

特約だけ解約したりあとからつけたりできない場合もあります。
「今は主契約だけにして、あとから保障を上乗せしよう…」というようことができないことがあるのです。

上記と同様、見直しがしにくいといえます。

注意点3:プラスの保険料が必要

特約を「あれもこれもほしい!」とつければ、当然、その分保険料は高くなります。
もしかしたらパッケージプランより、高くなるかもしれません。

本当に必要な特約か慎重に見極める必要があります。

注意点4:完全に理解するのに時間がかかる

同じ特約名でも商品によって条件が違うため、完璧に理解するのが難しいでしょう。特約の保障内容を一つ一つ見極めないといけないので、時間的コストもかかるでしょう。
パッケージプランは多くのニーズを満たせるように作られているため、わかりやすい保険に加入したいという方には、パッケージプランの方が良いかもしれません。

特約の選び方のポイント



死亡に関する特約は商品による違いがあまりないので、保険金額や支払期間を重視しましょう。
難しいのは医療やがんに関する特約です。同じ特約名でも商品によって条件が違うため、保険料だけでは比べられません。

しかし、ポイントさえ理解すれば、自分で必要十分な特約をカスタマイズできるようになります!

特約の内容ごとに、比較するポイントをご紹介します。

通院特約

どの通院が対象になるか「退院後だけ」や「入院の前後」など
通院給付金の支給方法「通院1日につきいくら」「通院1回につきいくら」など

特定疾病特約

一時金がでる特約と、以後の保険料払込が免除になる特約がありますが、見るポイントはどちらも同じです。

対象となる疾病数は?対象となる疾病数が3種類、7種類、8種類などある
3大疾病とは?・「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」や「がん・心疾患・脳血管疾患」などがある
・同じ商品でも、一時金と払込免除の対象疾病が異なることもある
条件は?「診断確定したら」「〇〇日入院したら」「〇〇日後遺症がのこったら」など

女性疾病特約

対象になるがんは?「乳がんなど女性特有のがん」だけの場合と「すべてのがん」の場合がある
手術は保障する?「乳房再建手術金が出る」「子宮や卵巣などの手術は保障する」「ない(入院給付金のみ)」など

がん診断一時金特約

がんと診断された時点で、100万円や200万円などのまとまった保険金が受け取れる特約です。

給付回数は?1回限り、複数回、無制限など
複数回なら期間の条件は?2年に1度、1年に1度など
複数回なら2回目以降の条件は?最初は「診断」されただけで給付されても、2回目は「〇〇日以上入院したら」などの条件がある
上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)は保障の対象になるのか「対象になる」「対象にならない」「上皮内新生物の場合は給付金が半額になる」など
※腫瘍細胞が臓器の表面を覆っている上皮内にとどまっており、基底膜を破壊していない状態のこと

先進医療特約

終身か更新か主契約が終身でも、先進医療特約だけ更新型の場合があり、特約部分の保険料が年齢とともに変わる可能性がある
他の先進医療特約の加入は?同じ保険会社の商品だと、がん保険か医療保険どちらかの先進医療特約にしか入れない
がん保険の先進医療特約ではがんの先進医療にしか適用されない
一時金はあるか?「先進医療にかかる費用の10%」「一律〇〇円」「先進医療を受けるための交通費や宿泊費の実費」「一時金はない」など

保険の特約まとめ

生命保険の特約について解説しました。

同じ特約名でもさまざまな内容、条件があることに気づいていただけたと思います。

ポイントは次のとおりです。

  • 保険の加入は「主契約だけ」「特約を追加」「パッケージプラン」の3通りがある
  • 同じ特約でも保険商品によって「保障内容」と「給付条件」が違う
  • 比較のポイントがわかれば自分にあった必要最低限の保障を選ぶことができる


特約の内容をきちんと理解し、選ぶことができれば、保険料の節約につながるかもしれません!
あとから付け外しができないものも多いので、加入の段階で検討するようにしましょう。

ここで説明した以外にもたくさんの種類の特約があります。
保障選びに迷ったときは、一人で悩まずぜひ弊社、保険のプロにご相談ください。
特約の説明だけでなく、あなたにあったプランを一緒に考えさせていただきます。

以上保険の特約についての記事でした。

⇒ファイナンシャル・プランナーに相談してみる
(外部サイトへ遷移します)


ニッセンライフなら保険相談無料!

【お問い合わせ先】

通話・相談無料
0120-880-081
  • 【受付時間】
  • (平日)9:00~19:00 
  • (土・祝)9:00~18:00 
  • 日曜は休み
この記事を書いた人
ニッセンライフ ニッセンライフ

WillNaviを運営する株式会社ニッセンライフは通販でおなじみのニッセンのグループで、セブン&アイグループ傘下の企業です。
40年以上の豊富な経験と実績をもつ保険代理店です。
ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが、保険でお悩みの点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポートいたします。

出典

「先進医療合同会議(第71回先進医療会議、第80回先進医療技術審査部会)の開催について」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000205617_00007.html

掲載内容は執筆時点の情報であり、変更される場合があります。
出典に記載されているURLは、執筆時のリンク情報のため、アクセス時に該当ページが存在しない場合があります。

  • line
  • はてなブックマーク
トップへ