1. ホーム
  2. 保険のほ
  3. ライフステージの記事一覧
  4. 結婚したときの保険はどうそなえる?

結婚したときの保険はどうそなえる?

  • 公開日:
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
結婚したときの保険はどうそなえる?

結婚すると、自分自身だけでなく、パートナーの生活を守る必要が出てきます。しかし新婚時は、貯金が少ないことも珍しくありません。 当コラムでは、結婚した時の医療保険や死亡保険の見直し方や使える公的制度、保険書類の保管方法などについてご紹介します。

結婚後の医療保険と死亡保険の見直し方

結婚すると、万が一のときには夫婦で支え合えるようになります。 パートナーの働き方や収入を考慮しながら、独身時代に加入した保険が適切かどうかを見直しましょう。

夫婦共働きの場合

夫婦それぞれに収入のある共働きの家庭では、本来、手厚い保障(補償)は必要ありません。しかし十分な貯金がないうちは、まとまった出費が発生する事態にそなえておきたいものです。死亡時に必要となるお墓や葬儀費用をカバーするため、死亡保障を準備しましょう。 貯蓄性のある「終身保険」でそなえておけば、保障を得ることはもちろん、いざお金が必要な時には解約して解約返戻金を使うこともできます。終身保険は保障と貯蓄をバランスよくできる保険になります。最近では、より利殖に重点をおいた外貨建ての終身保険や変額保険なども人気があります。

片働きの場合

妻が専業主婦やパートタイマー勤務の家庭では、主たる家計の担い手である夫に何かあると、一家の収入は大きく減ってしまいます。そのときの生活を維持できるように、夫の保険は独身時代より保障を手厚くしておくことが大切です。ケガや病気、収入の減少をカバーするために、「医療保険」に加入しましょう。また、お墓や葬儀費用などをそなえるための終身保険と、残されたパートナーの生活を維持するために、保険料が安くて高額な保障を準備できる「収入保障保険」や「定期保険」でそなえてみてはいかがでしょうか。

⇒結婚したときに見直したい!オススメの死亡保険はこちら

妊娠にそなえて医療保険に加入

近い将来子供を望んでいる場合には、妊娠や出産にそなえて、医療保険に加入しておきましょう。何かと出費が増える出産前後は、想定外の長期入院などのトラブルが発生すると、家計へ大打撃となります。妊娠すると加入できない商品もあるので、早めに準備しておきましょう。より手厚い保障(補償)を得るために、女性特有の疾患をカバーする特約を付帯するのもオススメです。

⇒医療保険の一覧、詳細はこちら

公的制度を知って、保障は必要最低限に

死亡保険や医療保険に加入するときは、公的制度の内容を理解しておくことが大切です。たとえばパートナーが亡くなった場合に、受け取れる可能性があるのが「遺族年金」です。ケガや病気の場合には、「高額療養費制度」の利用で、治療費の自己負担金額は抑えられます。会社員であれば、休業時に「傷病手当金」が受け取れる場合もあります。このような公的制度を使った上で、そこで不足する保障(補償)を民間の保険でそなえるようにしましょう。

加入している保険内容は夫婦で共有しよう

結婚を機に、夫と妻の両方が保険内容や保険会社の連絡先をすぐに確認できるように、保険書類の管理方法を決めましょう。クリアブックを用意して、保険証券やパンフレットを入れ、夫婦で決めた場所に保管するといった、簡単なことでかまいません。 家族の保険をまとめることで、現在の保険内容が適切かどうかを確認しやすくなります。同時に、住所変更も忘れずにおこなってください。

結婚を機に確認したいポイント

  • 加入している保険の保障(補償)内容を理解しているか
  • 親が加入している保険の有無を把握しているか、結婚したことで対象外となっている保険や保障(補償)はないか
  • 死亡保険金の受取人の変更は必要か
  • 自動車保険や自転車保険は、夫婦とも補償の対象となっているか
  • 重複した保障(補償)や、不要な保障(補償)はないか

ここまで、結婚したときにそなえたい保険をご紹介しました。しかし、保険に加入すれば将来安泰だとは言えません。教育費やマイホーム費用の準備などは、自ら計画的に貯蓄していく必要があります。 結婚を機に、保険を見直すと同時に、将来のための貯蓄計画を立てましょう。

⇒FPによる総合的なライフプラン診断サービスはこちら

【お問い合わせ先】

通話・相談無料
0120-880-081
  • 【受付時間】
  • 月曜~金曜:9:00~20:00   
  • 土曜・祝日:9:00~18:00
この記事を書いた人
張替 愛(ファイナンシャル・プランナー) 張替 愛(ファイナンシャル・プランナー)
FP事務所マネセラ代表。大学で心理学を学んだ後、国内損害保険会社に就職。夫の海外赴任を機に独立。教育費・老後資金・女性の働き方・資産運用・海外赴任など、ひとつひとつの家庭の状況とその想いを大切にした家計相談を中心に、執筆やマネー講師など、幅広く活動する。

メニュー