1. ホーム
  2. 緩和型保険-持病がある方-
  3. からだ(身体)の病気
  4. 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

病気解説

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(英語名SAS=サス)とは、その病名のとおり、「睡眠中に呼吸が断続的に停止する」病気です。
1時間あたりで、10秒以上の無呼吸・低呼吸が5回以上(または、7時間あたりで10秒以上の無呼吸・低呼吸が30回以上)あり、イビキや日中の眠気、疲労感などをともなっている場合に、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

では睡眠時無呼吸症候群ではどのような症状があらわれるのでしょうか。
まず喉がふさがれることで、十分に酸素を体内に取り込むことができなくなり、血液中の酸素が不足し、動脈硬化や不整脈を引き起こします。さらに無呼吸から無理に覚醒すると、身体を休めるための副交感神経よりも、交感神経が優位になり、血圧や血糖値が上昇します。
その状態が続くと、糖尿病や心疾患、脳卒中になるリスクが増します。
生活習慣病だけではありません。一晩中眠りが浅い状態が続けば、不眠症やうつ病など精神疾患を発症する可能性も高くなる上、症状が進行すれば「突然死」にいたることもあります

この病気は、睡眠中に空気の通り道である「気道」がふさがれることで引き起こされます。
その原因で一番多いのは肥満です。舌の周辺などに脂肪が付着することで、仰向けに寝た際に喉がふさがれやすくなるのです。
ただ、日本人などアジアの人に多い顎(あご)が細い骨格も実は、舌根や口蓋垂(のどちんこ)が落ち込んで気道がふさぎやすくなるため、睡眠時無呼吸症候群の要因になります。また、扁桃肥大(へんとうひだい)やアデノイドなどがあっても発症しやすくなります。

典型的な症状として「日中に眠くなる」ということがあり、自動車運転時などでの居眠り運転につながりかねません。睡眠時無呼吸症候群を原因とする大きな事件も発生しています。
2003年にJR山陽新幹線の運転士が最高時速270キロで走行中に、約8分間も眠ってしまったのです。幸い事故にはつながりませんでしたが、一歩間違えば大事故になるところでした。

このように睡眠時無呼吸症候群は放置していれば大変怖い病気ですが、自覚症状がないまま日常生活を送っている人も少なくありません。
ただ、イビキがひどかったり、睡眠中に無呼吸状態から呼吸を開始する際に出す「グワッ」という鋭い音を何度も立てていると、この病気にかかっている可能性があります。病院で検査を受けるべきでしょう。

病気データ

睡眠時無呼吸症候群のデータ

睡眠中に呼吸停止を繰り返す睡眠時無呼吸症候群。いったいどのぐらいの人がこの病気にかかっているのでしょうか。
厚生労働省の「平成26年 患者調査」をみてみると、睡眠時無呼吸症候群を含めた睡眠障害の総患者数は55万1,000人となっており、平成20年以降は年々増加傾向にあります。
性別や年齢ごとにみると、中高年層である40代~60代にかけて増加傾向にあり、女性よりも男性の方が罹患者は高くなっています。ただ女性は、女性ホルモンの分泌が減少する閉経後に発症率が高まる傾向があります。閉経前には女性ホルモンがのどの筋肉に作用して、気道が狭くなるのを防ぐ効果がありますが、閉経後にはその効果が薄れるからです。

在宅持続陽圧呼吸療法用治療器加算 CPAP使用件数

在宅持続陽圧呼吸療法用治療器加算 CPAP使用件数

出典:厚生労働省 「社会医療診療行為別統計」 より

睡眠障害の平成26年総患者数(年代・性別)
年度 実施件数 回数 点数
平成28年 38万4,253人 431,870回 475,057,000点
平成29年 41万1,732人 481,169回 529,285,900点

出典:厚生労働省 「平成26年患者調査」 より

注1:「件数」は、明細書の数である。
注2:「実施件数」は、当該診療行為が実施された明細書の数である。なお、大分類計以外の計については、実施件数を計上していない。
注3:「回数」は、当該診療行為が実施された延べ算定回数である。
注4:総数には、入院時食事・生活療養を含まない。
注5:総数には、データ上で病院、診療所別を取得できなかったものを含む。

保険加入

睡眠時無呼吸症候群にそなえる保険選び

睡眠時無呼吸症候群は、自覚症状が少なく、放置されていくことも少なくありませんが、放っておくと症状が進行し、知らぬ間にさまざまな生活習慣病を合併する可能性が高くなります。
また、日中の眠気などから自動車事故を起こす確率も高まることも知られています。
睡眠時無呼吸症候群は、生きるために必要な酸素を睡眠中に取り込むことができなくなるため、「万病のもと」ともいえる病気です。

そのため、医療保険や死亡保険(終身保険・定期保険)でそなえておくのにこしたことはありません。
睡眠時無呼吸症候群を意識して保険を検討する場合は、「症状が進行して他の病気になった場合の入院・手術にそなえる」という考え方が必要になってきます。

睡眠時無呼吸症候群を確定診断するための「終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)検査」では病院に1泊することになります。その場合、医療保険によっては「1泊入院」というあつかいになり、1日分または2日分の入院給付金が受け取れるケースがあります。ただ保険会社によって判断が異なりますので、保険加入の際には給付対象になるかならないか、事前に調べておきましょう。

睡眠時無呼吸症候群の治療の中心となるCPAP(シーパップ)療法は、機器をレンタルして自宅で睡眠中におこなう治療法のため、医療保険の入院保障や手術保障などは適用になりません。治療中は、月に1回の医師の診察が必要ですが、それも通院で済ませられます。

睡眠時無呼吸症候群で治療をしている人は、医療保険や死亡保険(終身保険・定期保険)への加入は困難になります。
なぜなら、症状が進行し、生活習慣病に罹患した結果、入院・手術する可能性が健康な人よりも高くなるからです。ただ、がん保険に関しては、睡眠時無呼吸症候群だからといってがんになる可能性が高まるとはいえないため、お申し込みいただくことが可能です。

ニッセンライフでは、告知項目を簡素化して、持病や既往症がある人でもお申込みいただける「引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)」の医療保険や死亡保険(終身保険・定期保険)をご用意しております。緩和された引き受け基準を満たせば、お申し込みいただくことができます。
※告知項目などの引き受け基準については保険会社によって異なりますので、ぜひ複数の会社をあわせてご検討下さい。
ただしこれらの保険は、通常の保険よりも保険料がやや割高になっているなど、さまざまな制約がつきます。
それでも、睡眠時無呼吸症候群などの持病・既往症の悪化だけでなく、それ以外の病気も保障しているため、保険でのそなえを必要とする方にとっては選択肢のひとつとなりえるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

治療法

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群は治療をしなければ、血液中の酸素濃度が低下して、生活習慣病やうつ病などを引き起こしかねない怖い病気です。

その治療にあたって、最も効果が大きいとされているのが「CPAP(シーパップ)療法」と呼ばれる方法です。
一口でいうと、鼻から空気を送り込み、喉がふさがらないようにする治療法です。

CPAP療法では専用の機器がもちいられます。この機器にはホースとマスクが接続されており、ホースを通じて空気が鼻から入り、喉に対して常に圧力をかける仕組みです。その結果、喉が閉塞するのがさまたげられて、空気のとおり道が確保できます。無呼吸状態にはならずに、睡眠中に十分に酸素を体内に取り込めるというわけです。
日本だけでなく世界的にも普及している治療法で、毎晩必ずCPAPのマスクを装着して寝ると、日々の無呼吸が緩和されます。
ただ、マスクを装着するわずらわしさなどから、治療を途中で断念する人も少なくありません。CPAP治療は「根治療法」ではなく、あくまで症状をおさえる「対処療法」となるため、治療を継続しなければ、無呼吸状態は再び現れます。

また、CPAP以外の治療法もあります。特に軽症の睡眠時無呼吸症候群の罹患者には、マウスピースを装着して、下あごを前にずらすことで、喉の閉塞を防ぐ治療法もあります。
また、扁桃肥大などがある人には、手術治療がほどこされる場合もあります。
ただ、現代の医学では、睡眠時無呼吸症候群に有効な薬剤は開発されていません。

なお、自分が睡眠時無呼吸症候群かどうかの検査や、その後の治療などは、病院の呼吸器内科やスリープクリニック(睡眠障害専門クリニック)などでおこなえます。家族などから「イビキがひどい」「睡眠中に呼吸が止まっている」などといわれたら、睡眠時の血中酸素の状態や脈拍数、呼吸状態などを調べる検査を実施することをオススメします。

よくある質問

「睡眠時無呼吸症候群(SAS)と保険」に関する相談例

持病や既往症がある方向けの保険商品をご案内しているニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、睡眠時無呼吸症候群の方からのご相談が数多くあります。
主な質問とその回答例をご紹介します。

睡眠時無呼吸症候群の治療で、CPAP療法を1年前から続けています。経過は良好で無呼吸の症状は抑えられていますが、今後、ほかの病気になることが怖いので、医療保険または終身保険に入りたいと思っています。加入できる保険はありますでしょうか。

回答はこちら

現在、持病で治療中の方は健康な方に比べ通常の医療保険や死亡保険(終身・定期保険など)へのご加入がむずかしくなります。

ただし、持病・既往症がある人向けの「引受基準緩和型」の医療保険や死亡保険にご加入いただける場合があります。(1)過去3ヶ月以内に医師から入院・手術をすすめられた (2)過去1年(2年)以内に、入院・手術を受けた (3)過去5年以内にがんや肝硬変と診断された―など、3~5項目の簡単な告知項目にすべて「いいえ」であればお申し込みいただけます。

長距離トラックの運転手です。会社からの指導で睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を受けたところ、結果があまり良くなく、病院での精密検査を受けるように言われました。万が一、無呼吸症候群になっている場合に備えて、医療保険に加入しておきたいのですが…。

回答はこちら

申しわけありません。睡眠時無呼吸症候群など病気の可能性を指摘されている方は、医療保険には加入いただけない可能性が高いです。

ただし、精密検査の結果次第では、通常の医療保険または持病・既往症がある人向けの「引受基準緩和型医療保険」をご案内できる可能性がありますので、検査結果が判明してから改めてご連絡下さい。

3年前に睡眠時無呼吸症候群との確定診断を受けて、CPAP療法を続けています。持病で治療中の場合は、通常の医療保険や死亡保険への加入が難しいと聞きました。いったん治療を中断して、保険に加入してから治療を再開しようと思いますが、そんなことは可能でしょうか。

回答はこちら

いったん発症した持病の治療を中断したからと言って、持病が完治したわけではありません。そのため、CPAP療法をストップしても通常の医療保険や死亡保険には加入いただけない可能性が高いです。

持病や既往症がある方には、引受基準緩和型の医療保険や終身保険をご案内しています。こちらの商品をご検討下さい。

いびきが酷いとの妻からの指摘を受けて睡眠時無呼吸症候群の検査を受けたところ、軽度の睡眠時無呼吸症候群との診断を受けました。自覚症状などは全くなく、病気一つすることなく毎日健康で過ごしているのですが、なぜ通常の保険には入りにくくなるのでしょうか。

回答はこちら

無呼吸症候群は睡眠中に、気道が閉塞して一時的に呼吸が止まる怖い病気です。

治療をしないと、生活習慣病や不眠症、うつ病などさまざまな疾病を発症する可能性が高くなることが分かっています。ですので、現在症状がなくても適切な治療を受けなくてはなりません。保険への加入をご希望の場合は、持病や既往症がある方向けの引受基準緩和型の保険をご検討ください。

相談する

ニッセンライフでは、睡眠時無呼吸症候群の方の保険加入のご相談を受け付けています。ぜひお気軽にお電話下さい。

電話で相談する

電話にて相談する

ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが対応いたします。保険でお悩みな点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポートいたします。

電話番号

0120-880-081

受付時間

月曜~金曜:
9:00~20:00
土曜・祝日:
9:00~18:00

※日曜は休み

対面で相談する

電話にて相談する

ニッセンライフのコンサルタントもしくは提携している共同募集代理店のコンサルタントが直接お会いし、お客様のライフプランに関するご相談や、ご家庭の問題解決策として保険のご提案をいたします。

電話番号

0120-308-887

受付時間

月曜~金曜:
10:00~19:00

※土日祝は休み

メニュー