1. ホーム
  2. 緩和型保険-持病がある方-
  3. からだ(身体)の病気
  4. 腎不全

腎不全

病気解説

腎不全とは

腎臓は、人の握りこぶしぐらいの大きさの臓器で、背骨を挟んで背中側の左右に1個ずつあります。
腎臓は血液中を流れる体内の老廃物をろ過して、尿として体外に排出したり、体内の水分量やその成分を調節したりする働きがあります。
また、造血に関わるホルモンの産生にも関わるため、腎臓が悪くなると貧血になります。

腎不全とは、こうした腎臓が本来持っているはたらきが果たせなくなった状態をいいます。

ただ、正式な病名ではなく、あくまでも腎臓の機能が(一時的にまたは慢性的に)失われた「状態」を指す言葉です。

腎臓病の初期の段階ではほとんど自覚症状はありません。しかし、症状が悪化する(ステージが進行する)につれて腎不全のさまざまな症状が発現してきます。
腎不全は症状経過から、「急性腎不全」と「慢性腎不全」にわけられます。

急性腎不全は、薬で腎臓に目詰まりが起きる、結石や腫瘍などで腎臓から先の流れが悪くなるなど、何らかの原因によって腎臓の働きが急速に低下し、老廃物がうまく排出されない状態です。症状としては老廃物の蓄積による倦怠感、頭痛、全身のむくみ、不整脈、吐き気、意識障害などが主です。
原因によりますが、早期に適切な治療をおこなえば、腎臓の機能を回復させることが可能な場合もあります。

一方、慢性腎不全では、長期的な変化で徐々に悪くなっていくので、ある程度悪くなってしまうと完全に元通りに治ることは困難です。
腎機能が正常の60%未満になると、浮腫(むくみ)や疲労感、発熱、貧血、高血圧などの症状が出てくることが多くなります。また、薬が体に留まりやすくなりますので、普段の飲み薬を少なめにしなければならないケースも出てきたりします。

さらに病状が悪化し、腎臓の機能が大きく低下した状態が慢性腎不全で、人工透析や腎臓移植が必要になる事態におちいります。透析治療を開始する目安は、おおむね腎機能が正常時の10%以下になったときとされています。
(もしくは、水分のバランスがとれないときや、尿毒症の症状がつらいときなどでも、透析を必要とすることがあります)

腎臓の機能は不可逆性(一度悪化すると回復させることできない)があり、症状が進むと多くは慢性腎不全に移行します。
ただ、慢性腎不全になっても、適切な治療によって、透析の開始時期などを遅らせることが可能な場合もあります。たとえば、腎不全の原因となった病気の治療(糖尿病や高血圧など)や生活習慣の改善、食事療法などによって、病状の悪化を緩やかにすることができる場合があります。

病気データ

腎不全のデータ

厚生労働省の「平成26年 患者調査」によると、腎不全の総患者数は30万5,000人、慢性腎不全は29万6,000人と推定されています。
腎臓病は生活習慣と加齢によって発症するリスクが高くなる病気であり、年齢別の総患者数をみると50代から増加し、70代でピークをむかえていることがわかります。

腎不全のデータ

出典:厚生労働省 「患者調査」 より

腎臓は一度悪くなってしまうと完治することは困難といわれており、腎臓の機能が大きく低下した慢性腎不全になると、人工透析や腎臓移植が必要になる事態におちいります。
現在、日本において慢性透析療法を受けている人は、平成25年末で約31万4,000人、2016年で約32万9,000人と推定されています。

患者数 施設調査による集計

出典:一般社団法人 日本透析医学会 統計調査委員会
「図説 わが国の慢性透析療法の現況」 より ※


※ 統計調査結果は日本透析医学会により提供されたものですが、結果の利用、解析、結果および解釈はニッセンライフが独自におこなっているものであり,日本透析医学会の考えを反映するものではありません。

腎臓移植においては、一般社団法人 全国腎臓病協議会によると、平成24年度末では献腎移植が192件、生体腎移植が1,413件となっており、献腎移植を待つ移植希望登録者数の1万2,840人(平成26年2月末現在)に対して、年間1%強の人しか献腎移植を受けられない現状が明らかになっています。

保険加入

腎不全にそなえる保険選び

腎不全は、いったん発症すると適切な治療を続けても「完治」は難しい病気です。
高血圧や糖尿病など生活習慣病が原因の腎不全であれば、生活習慣の改善や投薬治療などで症状の悪化を防ぐことは可能です。
しかし、その一方で、一部の腎炎などでは治療をおこなっても腎不全が悪化して透析が必要になることもあります。

そのため、腎不全の人が通常の医療保険やがん保険、死亡保険(終身・定期保険など)に加入することは非常に困難です。

なぜなら、持病の悪化の可能性があり、入院・手術(または死亡)のリスクが高い人の加入は、もともと想定されていないからです。

しかし、保険への加入を諦める必要はありません。
持病や既往症がある人でもお申し込みいただける「引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)」の医療保険や終身保険をご用意しているからです。この引受基準緩和型保険は、通常の保険商品よりも保険料は割増しされていますが、3~5つの簡単な告知項目(質問事項)をクリアできれば、腎不全を発症して通院中・投薬中の方でもご検討いただけます。

ある会社の「引受基準緩和型保険」の告知項目

  1. 過去3ヶ月以内に医師から入院・手術をすすめられていないか
  2. 過去2年(1年)以内に、入院・手術をしていないか
  3. 過去5年以内にがんまたは肝硬変で治療を受けていないか

これらの告知項目にすべて「いいえ」であれば、持病や既往症のある人でもお申し込みいただくことは可能です。なお、告知項目は保険会社によって異なります。

引受基準緩和型の保険商品は、保険加入後に腎不全が悪化したことによる入院・手術(商品によって保障内容は異なります。終身保険の場合は「死亡」となります。)を保障する上、腎不全以外の病気やケガによる入院・手術なども保障します。ただし、保険料が割増になっているなどの条件があるため、注意が必要です。

腎不全でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

治療法

腎不全の治療法

腎不全とは、腎臓が本来持っている老廃物のろ過機能や体内の水分量の調節機能などが、何からの原因によって機能しなくなり、身体にさまざまな不調をもたらす状態をさします。

腎不全には急性と慢性があり、急性腎不全は薬物療法や食事療法など適切な治療を迅速におこなえば症状が回復する場合はありますが、慢性腎不全では腎臓の機能を完全に回復することはできません。
それどころか、放置していれば症状は悪化していき、腎機能が廃絶してしまいます。

ただ、腎不全の原因となる疾患(糖尿病や高血圧など)の治療や、生活習慣病の改善、薬物療法などでの治療で症状の進行を遅らせられる可能性があります。

腎不全の症状が進行し、腎機能が正常時の10%以下になったときには、そのままでは機能回復は困難で、透析や腎臓移植などの治療が必要となります。

透析は、慢性腎不全の患者に対する治療法で、血液を一度体の外に出してフィルターにかけて、水分や老廃物の除去などをおこない、腎臓が失った機能を肩代わりする治療法です。透析療法には「血液透析」と「腹膜透析」の2種類があります。それぞれ病状に応じて適応が異なりますが、日本で透析療法をしている人のうち、90%以上は血液透析をおこなって治療しています。

血液透析 腕の血管から体内の血液を取り出して、透析器(人工腎臓)に通して、きれいにろ過してから再び体内に戻す治療法。
腹膜透析 腹部にカテーテルという管を入れて透析液を流し、体内の腹膜を利用して血液をきれいにする治療法。

透析以外に、慢性腎不全の治療として腎移植があります。
腎移植とは、ほかの人から腎臓を1つもらって、体内に移植することで、腎臓の働きを回復させる治療法です。親族などから腎臓提供される「生体腎移植」と、脳死・心停止した人から腎臓提供を受ける「献腎移植」の2つの方法があります。

腎移植の手術を受けることで腎機能が回復して、大きく生活の質(QOL:クオリティーオブライフ)が改善する可能性がある一方で、移植した腎臓の働きが悪化して再度透析が必要になることもあります。また、手術後に拒絶反応を防止するために免疫抑制剤を服用する必要があり、感染症などのリスクもあります。

よくある質問

「腎不全と保険」に関する相談例

持病や既往症がある人向けの保険商品をご案内しているニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、腎不全の方から多くのご相談があります。
主な質問とその回答例をご紹介します。

3年前に慢性腎不全と診断され、服薬治療および食事療法を続けています。日常生活には支障はなく、入院や手術もしておりません。ただ今後、病気が悪化することを考えると心配で、医療保険に加入しておきたいと思っていますが、入れる保険はありますでしょうか。

回答はこちら

腎不全と診断されて治療中の方は、通常の医療保険などへの加入は困難です。

腎不全と診断されて治療中の方は、通常の医療保険などへの加入は困難です。症状が悪化して入院・手術する可能性が健康な人よりも高くなるからです。ただ、「過去3ヶ月以内に医師から入院・手術をすすめられていない」「過去1年(2年)以内に、入院・手術をしていない」「5年以内にがんや肝硬変と診断されていない」など、3~5項目の簡単な条件をすべてクリアできれば、「引受基準緩和型医療保険」のご案内は可能です。この商品は、持病・既往症がある方向けの専用商品となっております。

末期の腎不全と診断され、現在、週に3回の頻度で透析治療を受けています。万が一に備えて終身保険などの死亡保険に加入したいと思います。私でも入れる終身保険はありますでしょうか。

回答はこちら

告知項目が3~5項目と少なく、持病や既往症がある人向けの「引受基準緩和型終身保険」をご案内できます。

告知項目が3~5項目と少なく、持病や既往症がある人向けの「引受基準緩和型終身保険」をご案内できます。通常の終身保険よりも保険料は割高になりますが、持病や既往症を原因として万が一の事態となった場合(死亡した場合)にも保障します。

約1年前に急性腎不全になり、緊急入院しましたが、幸いなことに大事には至らず、現在は生活習慣の改善や食事療法などで健康を保っています。ただ今後のことを考えて、医療保険を検討したいと思っています。加入できる医療保険はありますか。

回答はこちら

腎不全になった方は、通常の医療保険に加入することは難しくなります。症状が悪化したり、再発する可能性があるからです。

腎不全になった方は、通常の医療保険に加入することは難しくなります。症状が悪化したり、再発する可能性があるからです。しかし、持病・既往症がある方向けの引受基準緩和型医療保険であればお申し込みいただける可能性があります。ただし、退院してから一定期間を経過しないとご加入いただけないなど、保険商品によってお引き受けの条件は異なりますので、詳しくは当社のカスタマーコンタクトセンターにお問い合わせ下さい。

糖尿病性腎症から末期の腎不全になり、現在は透析治療を続けています。通常の医療保険には加入できないのは分かっているのですが、がん保険に加入することはできるのでしょうか。

回答はこちら

申し訳ございませんが、腎不全の方は通常のがん保険への加入も困難です。

申し訳ございませんが、腎不全の方は通常のがん保険への加入も困難です。ただし、告知内容を簡素化した引受基準緩和型のがん保険であればご加入いただける可能性はあります。

相談する

ニッセンライフでは、腎不全の方の保険加入のご相談を受け付けています。ぜひお気軽にお電話下さい。

電話で相談する

電話にて相談する

ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが対応いたします。保険でお悩みな点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポートいたします。

電話番号

0120-880-081

受付時間

月曜~金曜:
9:00~20:00
土曜・祝日:
9:00~18:00

※日曜は休み

対面で相談する

電話にて相談する

ニッセンライフのコンサルタントもしくは提携している共同募集代理店のコンサルタントが直接お会いし、お客様のライフプランに関するご相談や、ご家庭の問題解決策として保険のご提案をいたします。

電話番号

0120-308-887

受付時間

月曜~金曜:
10:00~19:00

※土日祝は休み

メニュー