1. ホーム
  2. 緩和型保険-持病がある方-
  3. がん
  4. 肺がん

肺がん

病気解説

肺がんとは

肺がんの記事に関する挿絵

肺は胸の大部分を占める臓器で左右に1つずつあり、右肺は上葉・中葉・下葉の3つに、左肺は上葉と下葉の2つに分かれています。肺の中では気管支が木の枝のように広がり、その先には肺胞(はいほう)があります。

肺がんとは、空気の通り道である気管、肺の入り口で左右に分かれる気管支、血液中の酸素と二酸化炭素を交換する肺胞が何らかの原因でがん化したものです。進行すると、がん細胞が周りの組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパ液の流れに乗って広がっていきます。転移しやすい場所は、リンパ節、脳、肝臓、副腎、骨です。

肺がんは、「がんの性質」や「がんの発生場所」によっていくつかの種類に分類されます。

まず、がんの性質によって「非小細胞(ひしょうさいぼう)肺がん」と「小細胞(しょうさいぼう)肺がん」の2種類に大きく分けられます。
一方、「がんの発生場所」による分類では、肺の入口付近の「肺門部」(太い気管支などがある)と、肺の奥の「肺野部」(先端の細い気管支や肺胞などがある)にできる肺がんとにわけられます。

肺がんの組織型とその特徴

組織分類 多く発生する場所 特徴
非小細胞肺がん 腺がん 肺野 肺がんの中でもっとも多い
症状が出にくい
扁平上皮がん 肺門
(肺野の発生頻度も高くなってきている)
咳や血痰などの症状が現れやすい
喫煙との関連が大きい
大細胞がん 肺野 増殖が速い
小細胞がんと同じような性質をしめすものもある
小細胞肺がん 小細胞がん 肺門・肺野
ともに発生する
増殖が速い
転移しやすい
喫煙との関連が大きい

出典:国立がん研究センター がん情報サービス 「肺がん 基礎知識」 より

肺がんは早期ではほぼ無症状です。
病状の進行とともに、咳(せき)、痰(たん)、血痰、発熱、呼吸困難、胸痛などの呼吸器症状があらわれます。しかし、これらは必ずしも肺がんに特有のものではないため、他の呼吸器疾患と区別がつかないこともあります。複数の症状がみられたり、長引いたりして気になった場合は早めに医療機関を受診することが大切です。

肺がんの最大の原因は「喫煙」です。喫煙者が肺がんになるリスクは、非喫煙者と比較すると男性で4.8倍、女性で3.9倍にもなるという研究結果もあります。※1
さらに、喫煙者の周囲にいる人がタバコの煙を吸う「受動喫煙」でも、肺がんの発症リスクが高まることも知られています。

喫煙以外では、慢性閉塞性肺疾患や、職業(アスベスト、ラドン、ヒ素、クロロメチルエーテル、クロム酸、ニッケルなどの有害化学物質にさらされた環境下での作業をともなう)、大気汚染、肺がんの既往歴や家族歴、年齢などが発症する危険性を高めると考えられています。

※1 厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)
「平成17~19年度総合研究報告書(たばこに関する科学的知見の収集に係る研究)」より

病気データ

肺がんのデータ

厚生労働省によると、気管、気管支および肺の悪性新生物の総患者数は年々増加傾向にあり、平成26年では14万6,000人となっています。

年齢・性別ごとにみると、女性に比べて男性の患者数が多い傾向があります。これは、肺がんの原因の一つである「タバコ」が大きく影響していることが考えられます。
同じく厚生労働省の「国民健康・栄養調査」をみると、女性よりも男性の方が喫煙をしている人の割合が高く、女性が平均で8.5%であるのに対して男性は32.1%となっています。

気管、気管支および肺の悪性新生物の総患者数(年齢・性別)と喫煙率(年齢・性別)

>気管、気管支および肺の悪性新生物の総患者数(年齢・性別)と喫煙率(年齢・性別)

出典:総患者数:厚生労働省 「平成26年 患者調査」より 
喫煙率:厚生労働省 「平成26年 国民健康・栄養調査」より

日本での死亡原因で一番多いのががんですが、がんの中でも肺がんはもっとも死亡率が高いがんです。
罹患者数が比較的に多いこともありますが、部位別の死亡率を見ると、1年間のうち人口10万人あたり、男性が86.1となっておりもっとも高い数値が出ています。女性では2番目に高い33.4となっています。

平成26年 部位別がん死亡人数

1位 2位 3位 4位 5位
男性
5万2,430人

2万9,854人
大腸 ※1
2万7,026人
肝臓
1万8,510人
膵臓
1万7,060人
女性 大腸 ※2
2万3,073人

2万1,408人
膵臓
1万6,415人

1万5,677人
肝臓
1万18人
男女計
7万3,838人
大腸 ※3
5万99人

4万5,531人
膵臓
3万3,475人
肝臓
2万8,528人

出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」
※1 大腸を結腸と直腸にわけた場合、結腸4位、直腸5位
※2 大腸を結腸と直腸にわけた場合、結腸3位、直腸7位
※3 大腸を結腸と直腸にわけた場合、結腸3位、直腸6位

肺がんを予防するためには、まずは生活習慣を見直すことが重要です。
もっとも重要なことは、「喫煙をしないこと・タバコの煙をさけること」です。喫煙をしている人はまずは禁煙をしましょう。自分で禁煙をすることが難しければ、禁煙外来などもあるので受診してみることをオススメします。また、タバコを吸わない人であっても、タバコの煙にさらされることによって、肺がんのリスクが高くなることが、科学的に明らかとなっています。

禁煙をおこなう事のメリットとして、すぐに現れるものと長期的に現れるものがあります。
禁煙をして20分以内で心拍数と血圧が低下し、1年経過すると冠動脈精神疾患のリスクが喫煙者に比べて半分以下に低下します。
10年以上経過すると、肺がんのリスクが喫煙者に比べて半分以下になり、口腔、咽頭、食道、膀胱、頸部、すい臓がんのリスクも低下するといったデータもあります。

肺がんだけではなく、さまざまな生活習慣病を予防するためにも、禁煙を心がけましょう。

保険加入

肺がんにそなえる保険選び

肺がんの記事に関する挿絵

がんは、日本人の死亡原因第1位の病気です。特に肺がんは、がんの死亡原因トップです。
医療技術の進歩により、早期発見できれば根治するケースもありますが、再発や転移などの可能性がある病気です。

一般的にがんにかかったことがある方が、通常の医療保険や死亡保険に加入することは、入院や手術または死亡する確率が健康な方よりも高いため、非常に難しくなります。そのため、ニッセンライフでは通常の保険よりも加入条件の基準(引受基準)が緩く、告知項目が簡素化された「引受基準緩和型保険」または告知が不要な「無選択型保険」をご案内しています。

「引受基準緩和型保険」は、通常の保険よりも保険料が割増しになるなどの条件がありますが持病や既往症がある方でも申し込みができる保険です。持病が悪化した場合の保障はもちろん、持病以外の病気やケガも保障の対象です。
通常の保険より、申し込みをするときに必要な告知項目の数が少なく、内容も簡素化されています。

引受基準緩和型保険の告知例

  • 過去3ヶ月以内に医師から入院・手術をすすめられていないか
  • 過去2年(1年)以内に、入院・手術をしていないか
  • 過去5年以内にがん・肝硬変と診断されていないか

肺がんにかかったことがある方でも、治療を終えてから5年以上、再発・転移がなく完治しており、上記の質問にすべて「いいえ」であれば申し込みができます。
また、上記の告知項目は保険会社によって異なり、2年以上前の入院・手術・放射線治療を一切問わない保険もあります。

「引受基準緩和型保険」への加入が難しい方には、申し込みの際に告知をする必要のない「無選択型保険」もあります。
無選択型保険とは、健康上の理由で保険に加入できなかった方でも無審査・無告知で誰でも入れる保険のことです。誰でも加入できる分、保険料が高く、保障内容に制限があり、加入を検討するときには注意しなければいけません。そして保険種類によっては年齢や職業、加入限度額によっては加入できない場合もあります。
無選択型保険に加入したあとでも、健康状態がよく引受基準緩和型の告知項目に該当しなければ、再度検討する事も可能です。

ニッセンライフでは、治療状況や健康状態をうかがったうえで、複数の保険会社の中からご加入いただける可能性の高い保険商品をご案内しています。ぜひ、ご相談下さい。

肺がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

治療法

肺がんの治療方法

肺がんの記事に関する挿絵

①鑑別診断
健康診断などで肺に異常が認められた場合、がんの疑いがあるかどうかを検査します。
主な検査項目は、胸部CT検査です。がんの大きさや場所、リンパ転移があるかどうかも確認ができます。

②診断確定
鑑別の結果、がんの疑いが強い場合は気管や気管支の病変を観察するとともに、細胞の一部を採って顕微鏡で調べる「病理検査」がおこなわれます。
主な検査項目は、鼻や口から気道に挿入する専用の内視鏡である「気管支鏡検査」や皮膚の上から細い針を刺して、肺の細胞を採取する「経皮的針生検」などです。

③診断確定後
がんの進行度を調べ、治療法を決めるための検査をおこないます。
主な検査項目は、「頭部MRI検査」、「腹部CT・超音波(エコー)検査」、「骨シンチグラフィー」、「PET」などです。

肺がんの「組織型」や「病期(ステージ)」はこうした複数の検査をへて決定されます。その上で、患者の年齢や全身状態、合併症の有無などを考慮して、肺がんの治療方針が決められます。

肺がんのそれぞれの治療法の特徴については以下のとおりです。実際に治療を受けるときには、担当医にしっかり治療法の説明を聞き、自分にあった治療法を選ぶようにしましょう。

手術

手術による外科治療は、肺がんの基本的な治療法で、一般に非小細胞肺がんのⅠ~Ⅱ期(症例に応じてⅢA期)と、小細胞肺がんのⅠ期で特に有効です。

手術で注意しなくてはいけないのは、肺の切除によって肺の体積が小さくなるため、切除する範囲が大きい時は、術後に呼吸機能が低下する恐れがあることです。そのため、もともと肺の機能が低下している人は、手術を断念したり、縮小手術でおこなわれたりする場合もあります。

主な手術方法

標準術式 腫瘍を肺葉(肺を構成する「葉」のこと)ごと切除する「肺葉切除」をおこなう
縮小手術 区域切除 切除範囲を小さくするために、肺区域ごと切除する
部分切除 腫瘍を周囲の肺組織と一緒に切除する
肺全摘術 片側の肺すべてを切除する
胸腔鏡手術 開腹するのではなく、胸に数カ所の小さな穴を開けて、そこから電子スコープが付いた胸腔鏡を挿入して病変を切除する

放射線治療

高エネルギー粒子の流れで発生させたX線を腫瘍に照射して、がん細胞を傷つけることで治療する方法です。

化学療法(抗がん剤治療など)

抗がん剤治療とは、がんの進行を遅らせたり、腫瘍を小さくさせたりする効果があります。近年は、がん細胞の増殖にかかわる分子を標的として、その作用を阻害する働きがある「分子標的薬」など新しいタイプの薬剤の開発も進んでいます。

緩和ケア

「緩和ケア」とはがん治療には肉体的な痛みや精神的な悩みなどの苦痛を和らげてQOL(生活の質)を向上させることを目的におこなわれます。従来はがん患者の終末期のケアをいうイメージが強かったですが、現在はがん治療の初期段階から緩和ケアをおこなう考え方が定着しつつあります。

よくある質問

肺がんと保険に関する相談例

持病や既往症がある方向けの保険商品をご案内しているニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、肺がんと、診断を受けた方からのご相談が数多くあります。
主な質問とその回答例をご紹介します。

7年前に初期の肺がんと診断され、入院・手術をしました。その後、定期的に診察・検査をしていますが、再発などなく、健康で毎日を過ごしています。とはいえ、今後、入院したり手術をしたりするかもしれないので、医療保険かがん保険に加入したいのですが。

回答はこちら

通常の医療保険への加入は大変難しくなりますが、告知条件を緩和した「引受基準緩和型医療保険」のご案内ができる場合があります。

過去にがんと診断された方は、通常の医療保険への加入は大変難しくなりますが、告知条件を緩和した「引受基準緩和型医療保険」のご案内ができる場合があります。

半年前に肺がんで入院・手術をして退院しました。現在は通院で抗がん剤治療を受けています。今後肺がんが悪化したり、ほかの病気になるかもしれないので、入院・手術、万が一の場合にそなえておきたいと思います。加入できる保険はありますか。

回答はこちら

保険料が割増しされている商品になりますが、告知が不要な「無選択型医療保険」であればお申し込み可能です。

申し訳ありません。保険のお申し込み時点で、がんなど治療中の病気がある方は通常の医療保険やがん保険、生命保険(終身保険・定期保険など)への加入はできません。持病や既往症がある人向けには、引受基準緩和型の医療保険がありますが、「過去2年以内に入院・手術・放射線治療を受けていない」などが加入条件になっているため、お申し込みいただくことはできません。ただし、保険料が割増しされていますが、告知が不要な「無選択型医療保険」であればお申し込み可能です。

祖父も父も肺がんで亡くなったため、私もがんになるのではないかと不安で、保険への加入を検討しています。肺がんの治療では、粒子線治療が先進医療になっていると聞きました。こうした最先端の治療の費用までカバーしてくれる医療保険やがん保険はありますか。

回答はこちら

はい。多くの商品は医療保険やがん保険には先進医療特約が付帯できます。

はい。多くの商品は医療保険やがん保険には先進医療特約が付帯できるものがあります。この特約を付帯すれば、がんの粒子線治療など所定の先進医療の費用を保障することが可能です。

相談する

ニッセンライフでは、肺がんの方の保険加入のご相談を受け付けています。ぜひお気軽にお電話下さい。

電話で相談する

電話にて相談する

ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが対応いたします。保険でお悩みな点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポートいたします。

電話番号

0120-880-081

受付時間

月曜~金曜:
9:00~20:00
土曜・祝日:
9:00~18:00

※日曜は休み

対面で相談する

電話にて相談する

ニッセンライフのコンサルタントもしくは提携している共同募集代理店のコンサルタントが直接お会いし、お客様のライフプランに関するご相談や、ご家庭の問題解決策として保険のご提案をいたします。

電話番号

0120-308-887

受付時間

月曜~金曜:
10:00~19:00

※土日祝は休み

メニュー