1. ホーム
  2. 緩和型保険-持病がある方-
  3. がん
  4. 子宮がん

子宮がん

病気解説

子宮がんとは

子宮がんの記事に関する挿絵

子宮がんは、子宮の入り口の部分(子宮頚部)の粘膜にできる「子宮頚がん」と、子宮の奥の部分(子宮体部)の粘膜(子宮内膜)にできる「子宮体がん」があります。同じ子宮のがんであっても、子宮頸がんと子宮体がんは、診断・治療・予後いずれに関しても異なることが多いので、子宮頸がんと子宮体がんの違いを正しく理解することが大切です。

子宮頸部や頸管の上皮から発生したがんが、子宮頸がんです。子宮の入り口付近に発生することが多いので、普通の婦人科の診察で観察や検査がしやすいため、発見されやすいがんです。また、早期に発見すれば比較的治療しやすく予後のよいがんですが、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要といえます。

子宮頚がんの原因にはその多くにヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papillomavirus)の感染が関連しており、子宮頸がん患者の90%以上から、HPVウイルスが検出されることが知られています。ヒトパピローマウイルスは、30才未満の女性の15~20%程度に感染しているといわれ、50~80%の女性は生涯に一度は感染することがあるともいわれています。そのためHPVに感染すれば必ず子宮頚がんになるというわけではありません。また喫煙も危険因子の一つとなっています。

一方、子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれるように、胎児を育てる子宮の内側にある、子宮内膜から発生するがんです。まれに子宮の筋肉の層から子宮肉腫が発生しますが、これは、子宮体がんとはまったく違う病気です。

子宮体がんの原因は、卵巣ホルモンのバランスのくずれによって引き起こされるといわれています。エストロゲンという女性ホルモンの刺激が長期間続くことが原因で発生する場合と、エストロゲンとは関係ない原因で発生する場合がありますが、約8割はエストロゲンの長期的な刺激と関連していると考えられています。エストロゲンが関係していると考えられる子宮体がんに関しては、肥満、閉経が遅い、出産経験がないなどの場合に、発症のリスクが高くなることがわかっています。また、乳がんの治療でタモキシフェンという薬剤を投与されていたり、更年期障害の治療でエストロゲンの補充療法を受けていたりする場合も、子宮体がんのリスクが高くなるとされています。

  子宮頸がん 子宮体がん
年齢 30~40代 50~60代
主な症状 月経以外の不正出血や性交時の出血 不正出血
性交渉 影響する  
妊娠・出産 回数が多い 回数が少ない・初産年齢が高い
月経   不順気味・閉経している
その他 ヒトパピローマウイルスに感染している 肥満、高血圧、糖尿病、ホルモン異常がある三親等以内に子宮体がんにかかったことがある人がいる

病気データ

子宮がんのデータ

子宮がんには大きくわけて2種類あり、子宮頸がんと子宮体がんがあります。
厚生労働省によると、子宮がんの総患者数は平成26年には6万1,000人と報告されており、女性のがん患者の中で5番目に患者数が多いがんとなっています。子宮頸がんと子宮体がんの患者数の差はあまりなく、わずかに子宮頸がん患者の方がどの年次においてもやや多いという結果が出ています。

年代別にみてみると、子宮頸がんが20代から患者数が増加傾向にあるのに対して、子宮体がんは40代頃から急激に増加している傾向があることがわかります。これはそれぞれの発症原因が影響しています。

子宮頸がんは主に性交渉で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が原因の一つで、近年日本では性交渉の低年齢化もあり、30歳以下の早期子宮頸がんを発症する人が増えていると考えられています。
一方、子宮体がんは、閉経にともなうホルモンバランスの乱れが影響しており、閉経をむかえる50代ごろから急激に増加しているのです。

子宮の悪性新生物の総患者数(部位別)

子宮の悪性新生物の総患者数(部位別)

出典:厚生労働省 「平成26年 患者調査」より

また、子宮がんは早期に発見し、適切な治療を受けることで治る可能性が高くなっています。
平成18年から平成20年に子宮がんと診断された人の5年相対生存率※1は76.9%(子宮頸がんは73.4%、子宮体がんは81.1%)と比較的高い数値となっています。
死亡率(1年間に人口10万人あたり何人死亡するか)についても平成26年の数値では、子宮全体で9.9、子宮頸部で4.2、子宮体部で3.7と低い数値になっています。
以上のことから、子宮がんの患者数は多いが、早期発見することで治る可能性が高く、死亡する可能性は低いと言えます。

自覚症状がない子宮がんを早期発見するためには、定期的な検査が必要です。特に子宮頸がんは前がん状態をへてゆっくりと進行していくがんです。そのため前がん状態から1年後に進行がんになることはほとんどありません。そのため、厚生労働省は、20歳以上の女性は2年に1回検査を受けることをすすめています。

保険加入

子宮がんにそなえる保険選び

子宮がんの記事に関する挿絵

子宮がんは女性がかかるがんの中でも、患者数が多いがんとなっていますが、早期に発見し治療をおこなえば、根治が望めるがんでもあります。20代ごろからかかるリスクも高くなっているがんであるため、20歳以降は2年に1回のがん検診をオススメします。

では、子宮頸がんや子宮体がんと診断された方や、過去に婦人科系のがんに罹患したことがある方の保険選びのポイントはどこにあるのでしょうか。

万が一がんになってしまった場合、保険を検討するのは難しくなります。
なぜなら、がんは日本人の死亡原因の第一位の病気です。子宮頸がんと子宮体がんは女性のがんとしては増加傾向にあります。医療技術の進歩などから早期発見であれば、根治するケースもありますが、がんになると長い闘病生活に入ったり、根治手術をしても転移や再発などのリスクは無視できません。健康な人と比べると、入院や手術、死亡する確率がとても高くなるため、がんになった方は、終身保険や定期保険など死亡保険や医療保険、がん保険など通常の生命保険に加入するのは非常に難しくなります。

そのため、ニッセンライフでは通常の保険よりも加入条件の基準(引受基準)が緩く、告知項目が簡素化された「引受基準緩和型保険」または告知が不要な「無選択型保険」をご案内しています。

引受基準緩和型保険は、通常の保険より、申し込みをする際に必要な告知項目の数が少なく、内容も簡素化されているため、持病や既往症がある方でも申し込みができる保険です。

引受基準緩和型保険の告知例(※保険会社によって告知内容は異なります)

  • 過去3ヶ月以内に医師から入院・手術をすすめられていないか
  • 過去2年(1年)以内に、入院・手術をしていないか
  • 過去5年以内にがん・肝硬変と診断されていないか

子宮がんにかかったことがある方でも、治療を終えてから5年間、再発・転移がなく完治しており、上記の質問にすべて「いいえ」であれば申し込みができます。
通常の保険よりも保険料が割増しになるなどの条件がありますが、持病に対する保障はもちろん、持病以外の病気やケガも保障の対象となっています。

引受基準緩和型医療保険への加入が難しい方には、無選択型保険もあります。 無選択型保険とは、健康上の理由で保険に加入できなかった方でも無審査・無告知で誰でも入れる保険のことです。誰でも加入できる分、保険料が高く、保障内容に制限があり、加入を検討するときには注意しなければいけません。そして保険種類によっては年齢や職業、加入限度額によっては加入できない場合もあります。
無選択型保険に加入したあとでも、健康状態がよく引受基準緩和型の告知項目に該当しなければ、再度検討する事も可能です。

ニッセンライフでは、治療状況や健康状態をうかがったうえで、複数の保険会社の中からご加入いただける可能性の高い保険商品をご案内しています。ぜひ、ご相談下さい。

子宮がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

治療法

子宮がんの治療法

子宮がんの記事に関する挿絵

子宮がんの治療方法は、様々な検査をおこない病期(ステージ)や年齢、合併症の有無など患者さんのそれぞれの病状に応じて選択されます。子宮がんは手術・放射線治療・化学療法を組み合わせて治療をおこなう集学的治療が一般的で、病期によって治療法が異なります。

手術

早期子宮頸がんや子宮体がんの一般的な治療法は、手術です。がんの広がりによって、手術の方法(術式)が変わります。術式の違いは、切除する範囲の違いで、病期が進むと切除する範囲を広げなくてはなりません。 しかし、切除範囲を広げると、手術による障害が起こります。この2つの点を考慮して適切な術式を選択します。

放射線治療

放射線治療は、がんの根治を目的としておこなう場合と、手術後に再発の危険性を減らす目的などの補助的におこなう場合、再発した場合や手術ができない場合があります。
いずれの場合にも、子宮頸がんに対する放射線治療については、化学療法(抗がん剤治療)と併用した同時化学放射線治療が、放射線治療単独よりも有効性が高いことが証明されてきています。
子宮体がんについても病気の広がりを正確に診断し、放射線治療や化学療法などを追加するかどうか判断します。

化学療法

子宮頸がんに対する抗がん剤治療は、主に遠隔転移のある場合や、再発した場合におこなわれ、子宮体がんに対する抗がん剤による治療は、手術ができない場合や、がんが再発した場合におこないます。また、手術後に、高リスクと判定された患者さんにおこなうと、再発の危険性を減らす効果があることがわかっています。

ホルモン療法

子宮体がんでは、早期の場合手術をしないでホルモン療法をおこなうこともあります。手術をしない段階の診断で、子宮内膜異型増殖症もしくはI期であり、子宮を摘出しないで治療したいと希望する若年の女性の場合に選択されることがあります。
また、再発の危険性の高い症例に対する補助的な治療として、あるいは化学療法の効果が不十分な場合や、全身状態が不良で化学療法をおこなうことができない場合に、化学療法にかわる全身的治療としておこなわれることもあります。

ただし、子宮を残すということによる再発のリスクや、ホルモン療法による副作用のリスクなどを考慮する必要があります。

子宮頸がんと子宮体がんの病期ごとの治療法一例のまとめ

病期 子宮頸がん 子宮体がん
a1 ●手術
円錐切除術
単純全摘出術
準広汎全摘出術(+リンパ節郭清)
●手術
単純子宮全摘出術
両側付属器(卵巣・卵管)切除術
(所属リンパ節切除術)
【術後再発リスク判定】
●低リスク→なし

●中リスク、高リスク
→化学療法
放射線治療
ホルモン療法
a2 ●手術
広汎子宮全摘出術
準広汎全摘出術
●同時化学放射線療法
●放射線治療
b
●同時化学放射線療法
●放射線治療
●手術
同上
●化学療法
(抗がん剤治療)

●放射線治療
a
b ●抗がん剤治療
●緩和的局所療法・緩和医療

よくある質問

子宮がんと保険に関する相談例

持病や既往症がある方向けの保険商品をご案内しているニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、子宮がんと、診断を受けた方からのご相談が数多くあります。
主な質問とその回答例をご紹介します。

3年前に自治体の子宮頸がん検診を受けて、細胞診をおこないました。その結果、前がん段階の「異形成」と診断され、経過観察中となっています。今後、がん化するのが心配なので、がん保険か医療保険への加入を検討しています。

回答はこちら

持病や既往症の悪化や再発を保障する「引受基準緩和型」の医療保険・がん保険であれば、お申し込みいただける可能性はあります。

異形成で通院・経過観察中の方は、通常の医療保険やがん保険への加入は難しくなります。今後がん化して入院・手術する可能性が健康な人よりも高くなるからです。ただし、告知項目が3~5項目と少なく、持病や既往症の悪化や再発を保障する「引受基準緩和型」の医療保険・がん保険であれば、お申し込みいただける可能性はあります。

10年前に子宮体がんになり、子宮の全摘手術を受けました。その後、5年間は定期検査に行っていたのですが、再発・転移などはありません。最後に検査してから5年間は過ぎています。保険に加入出来ますか?

回答はこちら

はい。持病・既往症の再発や悪化を保障する「引受基準緩和型医療保険」や「引受基準緩和型終身保険」などをご案内できます。

持病・既往症の再発や悪化を保障する「引受基準緩和型医療保険」や「引受基準緩和型終身保険」などをご案内できます。
(例)
引受基準緩和型 医療保険の場合
「過去2年以内に入院・手術・放射線治療を受けていない」など
引受基準緩和型 終身保険の場合
「過去5年以内にがんの診察・検査・治療・投薬を受けていない」など
告知項目は保険会社によっても異なります。ぜひ複数の保険商品を比較してご検討ください。

1週間前の会社の集団検診で、子宮頸がんの疑いが指摘されました。精密検査の結果、がんということが判明したら保険には加入出来ないのでしょうか。

回答はこちら

前がん段階の異形成などであることが分かり、「医師から入院・手術を勧められていない」のであれば、引受基準緩和型の医療保険をご案内出来る場合があります。

万が一、がんと診断されれば、その時点での医療保険・がん保険・死亡保険(終身・定期保険)などへのお申し込みは非常に難しくなります。ただ、前がん段階の異形成などであることがわかり、「医師から入院・手術をすすめられていない」のであれば、引受基準緩和型の医療保険をご案内出来る場合があります。

両親ともがんで入院・手術をしたので、私もがんになるのではないかと不安です。今のところ大きな病気はしたことなく、入院・手術の経験もありません。どんな保険がいいでしょうか。

回答はこちら

現在健康で、持病や既往症がない方は、通常の医療保険、がん保険、死亡保険(終身保険・定期保険)などをご案内できます。

現在健康で、持病や既往症がない方は、通常の医療保険、がん保険、死亡保険(終身保険・定期保険)などをご案内できます。お客様のご希望をおうかがいし、複数の保険商品の中から、最適な商品をご提案させていただきます。

相談する

ニッセンライフでは、子宮がんの方の保険加入のご相談を受け付けています。ぜひお気軽にお電話下さい。

電話で相談する

電話にて相談する

ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが対応いたします。保険でお悩みな点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポートいたします。

電話番号

0120-880-081

受付時間

月曜~金曜:
9:00~20:00
土曜・祝日:
9:00~18:00

※日曜は休み

対面で相談する

電話にて相談する

ニッセンライフのコンサルタントもしくは提携している共同募集代理店のコンサルタントが直接お会いし、お客様のライフプランに関するご相談や、ご家庭の問題解決策として保険のご提案をいたします。

電話番号

0120-308-887

受付時間

月曜~金曜:
10:00~19:00

※土日祝は休み

メニュー