1. ホーム
  2. 緩和型保険-持病がある方-
  3. こころの病気
  4. 精神疾患

精神疾患

病気解説

精神疾患とは

精神疾患の記事に関する挿絵

たくさんのストレスに囲まれている現在社会において、精神疾患(心の病気)を抱えている方はたくさんいらっしゃいますが、精神疾患というのは研究が難しく、医学的にもまだまだわからない所が多い疾患です。
また、精神疾患は外からは見えにくい病気ですが、誰でもかかる可能性がある病気です。
脳の血管障害、脳の感染症による脳の疾患、頭部外傷により直接脳に与えられた障害によって精神症状が出てくるものもあれば、統合失調症や感情障害(そううつ病)など脳の機能的な問題が原因で起こるものもあります。

精神疾患の症状は病気によってことなり、様々な症状の組み合わせや程度、その症状の期間などから診断されます。
精神疾患の中でも多い症状の一つに「抑うつ状態」があります。その症状とは、つらい・悲しい・憂鬱などの気持ちになり気力が出ないといったような症状です。他にも、幻覚・幻聴症状や強迫症状などがあり、症状の中には健康な人にも生じうるものもあります。
しかし、この症状に該当したからといって、精神疾患であるというわけではありませんので、不安な場合は専門機関に相談してみましょう。

分類 原因
心因性 強いストレスによって起こる。
反応性うつ病や不安神経症などがある。
外因性 脳腫瘍や脳血管障害などの脳の病気、感染症や内臓の病気によって精神障害が起こる。
内因性 脳の機能的な問題によって起こる。統合失調症やそううつ病、うつ病などがある。

近年30代から50代の働き盛りの世代にうつ病や不安障害などが広がっており、重症化して長期休養や退職を余儀なくされる人も増えています。従業員の労災認定件数では、精神障害が脳や心臓の疾患を上回っています。
精神疾患の患者が増えた理由には、うつ病などについての認識が広まり、心療内科や精神科を受診する機会が増えていることもあげられます。

精神疾患は決して特別な人だけがかかる病気では無く、誰でもなりうる病気で、その症状に困るだけでなく、生活上の困難を生じさせることが多々あります。
また、精神疾患と向き合っていくには、医療だけでなく周囲の理解や支援がとても重要になります。

病気データ

精神疾患のデータ

精神疾患の患者数は年々増加傾向にあります。
厚生労働省の「患者調査」によると、平成26年に精神疾患で医療機関にかかっている人は約390万人にのぼり、平成17年の調査との比較でも約90万人ほど増えています。精神疾患にはうつ病、統合失調症、不安障害、認知症、パニック障害などさまざまな病気がありますが、中でもうつ病などの気分障害やアルツハイマー型認知症などを中心に年々増加傾向にあります。

精神疾患を有する総患者数の推移(疾病別内訳)

精神疾患を有する総患者数の推移(疾病別内訳)

出典:厚生労働省「患者調査」より引用・作成

精神疾患における平均在院日数(患者ひとりあたりの入院日数の平均)は短縮傾向にあり、平成元年から平成23年の間に約180日短縮して298日となっており、300日を初めてきりました。
しかし、精神疾患はその他の病気に比べて入院日数が長くなる可能性があることに変わりはありません。

精神病床における退院患者の平均在院日数の推移

精神病床における退院患者の平均在院日数の推移

出典:厚生労働省「病院報告」より

保険加入

精神疾患にそなえる保険選び

精神疾患の記事に関する挿絵

精神障害が重症化すると入院する場合も多く、治療内容が「入院」から「通院」に変化する中で、精神病床の平均入院日数は短縮傾向にありますが、それでも平均291日(2014年)と他の疾病と比べて入院期間は長引く傾向にあります。

そこで考えたいのが、「病気にかかっていても入りやすい保険」ということになります。

一般的に、精神疾患を発症すると、通常の医療保険や死亡保険(終身保険や定期保険など)への加入は困難になります。
病気そのものが悪化して入院にいたるケースがあるうえ、不眠症や生活習慣病などを発症するリスクが、健康な人よりも高くなるためです。より重症化すれば、自らを傷つけたり、最悪の場合には命を絶ってしまったりする可能性も否定できません。

しかし、保険加入を諦める必要はありません。
精神疾患で通院・服薬中の方でも加入できる可能性がある保険があります。それは「引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)」という保険です。現在入院しておらず、3~5つの簡単な告知項目に該当しなければお申し込みいただけます。

この商品は、”持病や既往症がある方向け”に開発された保険で、通常の保険商品よりも保険料が割増しされているなどの条件がありますが、持病を含めた病気やケガの保障をそなえることができます。
保険会社によっては特定の精神疾患をお持ちの方の引き受けを制限している場合もありますので、まずはお問い合わせください。
※告知項目については保険会社によって異なりますので、ぜひ複数の会社をあわせてご検討下さい

ニッセンライフでは、精神疾患でお悩みの方からの保険加入への相談を受け付けています。これまでに、下記の病気にかかっている方に対して、保険商品をご案内した実績があります。

うつ病・うつ状態・そううつ病(双極性障害)・統合失調症・パニック障害・適応障害・不眠症・自律神経 失調症・心的外傷後ストレス障害(PTSD)・強迫性障害・恐怖症・恐慌性障害・不安神経症・心身症・ 気分障害・摂食障害・神経性食欲不振症(拒食症)・神経性大食症(過食症)

など・・・

精神疾患でも入れる可能性のある医療保険1商品あります。

該当する保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

治療法

精神疾患の治療法

精神障害が重症化すると入院する場合も多く、治療内容が「入院」から「通院」に変化する中で、精神病床の平均入院日数は短縮傾向にありますが、それでも平均291日(2014年)と他の疾病と比べて入院期間は長引く傾向にあります。

精神疾患の治療法として、「薬物療法」や「電気療法」、カウンセリングなどの「精神療法」、社会復帰するためのリハビリやプログラムなどの「社会的治療」があります。
治療専念期・リハビリ期・職場復帰準備期に応じた治療が必要になります。

精神疾患で最も基本となる治療法は薬物療法です。
統合失調症や精神疾患は、脳の機能障害で起こっているのですが、本質的な原因は分かっていないので、まずは薬によって乱れた機能を整えることが重要になります。

薬物療法による症状の改善は、第三者、介護する人の介入や、看護を容易にします。また、精神療法をおこなったり、社会復帰プログラムをおこなったりするためには、多くの場合は薬物療法が必要です。

治療法 効果・方法
薬物療法 幻覚や妄想、不穏、興奮、焦躁、抑うつ、不安、躁(そう)、緊張、強迫、不眠など様々な症状を改善。精神疾患は再発性がある疾患だが、抗精神病薬にも、抗うつ剤にも、気分安定薬にも症状を改善する作用だけではなく、再発予防にも効果がある。
心理療法 物理的または化学的手段に頼らず、教示、対話、訓練を通して、精神障害や心身症の治療そして、心理的な問題や不適切な行いに対して、患者の精神的健康の回復、保持、増進を図るための技法。
心理社会療法 社会生活技能訓練や、集団療法、アクセプタンス&コミットメント・セラピー(認知行動療法、または臨床行動分析)
電気けいれん療法 頭部(両前頭葉上の皮膚に電極を当てる)に通電することによって人為的にけいれん発作を起こさせ治療をおこなう。
光療法 高照度の光を浴びる治療法。
一部の睡眠障害やうつ病に効果があるとされる治療法の一つ。
脳深部刺激療法 脳の一部が機能不全を起こしている患者の脳に、適切な電気的または磁気的な刺激を継続的に送ることによって、症状の改善をはかる治療法。
経頭蓋磁気刺激法 8の字型の電磁石による急激な磁場の変化によって、弱い電流を組織内に取り入れることにより脳内のニューロンを興奮させる治療法。

よくある質問

「精神疾患」に関する相談例

持病や既往症がある方向けの保険商品をご案内しているニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、精神疾患と、診断を受けた方からのご相談が数多くあります。
主な質問とその回答例をご紹介します。

気分が不安定なときに、睡眠薬や安定剤を飲んでいるだけで日常生活に支障はありません。ほかの持病もありません。保険に加入出来ますか?

回答はこちら

過去2年以内に入院や手術がなく、医師からも入院・手術などをすすめられていなければ、「引受基準緩和型」の医療保険や終身保険をご案内できる可能性があります。

これまでに精神疾患などの病気と診断されたことはありませんか? もしあれば正確な病名をお伝えください。その上で、過去2年以内に入院や手術がなく、医師からも入院・手術などをすすめられていなければ、「引受基準緩和型」の医療保険や終身保険をご案内できる可能性があります。現在、服薬中の方は、通常の保険への加入は難しくなります。

うつ病で1年ほど通院しています。引受基準緩和型の医療保険は入院・手術の保障が中心のようですが、通院の保障はありますか?

回答はこちら

保険会社によっては、「入院後の通院保障」を特約として付帯できる医療保険を取り扱っています。

引受基準緩和型の医療保険の多くは、入院・手術の保障が中心となります。ただ保険会社によっては、「入院後の通院保障」を特約として付帯できる医療保険を取り扱っています。詳細はカスタマーコンタクトセンターにお問い合わせください。

統合失調症と診断され通院しています。医師からは半年前に入院するように勧められましたが、自分では大丈夫だと思ったので断りました。引受基準緩和型医療保険の告知を見たところ、すべての項目が「いいえ」でした。保険に加入できますか?

回答はこちら

すべて「いいえ」で保険に加入できたとしても、保障開始前に医師から勧められていた入院や手術は保障対象外となります。

告知書に対してすべて「いいえ」で保険に加入できたとしても、保障開始前に医師から勧められていた入院や手術は保障対象外となります。十分ご注意ください。

不眠症で通院しています。先日ニッセンライフから引受基準緩和型医療保険と無選択型医療保険のパンフレットが届きました。無選択型は告知が不要で簡単なので、無選択型に申し込むべきですか?

回答はこちら

無選択型の医療保険は告知が不要で、どなたでも申し込めるため、保険料が割増しされていて保障内容にも制限がございます。

無選択型の医療保険は告知が不要で、どなたでも申し込めるため、保険料が割増しされていて保障内容にも制限がございます。まずは、引受基準緩和型の商品にお申し込みいただけないかご検討ください。

20代の男性です。統合失調症で現在休職中です。どんな保険に加入できますか?

回答はこちら

現在休職中の方でも、引受基準緩和型の医療保険に加入できる可能性があります。

引受基準緩和型の保険でご案内出来る可能性がございます。告知や保険会社の引受制限に該当する場合は、告知が不要な無選択型の医療保険をご案内させていただいています。

相談する

ニッセンライフでは、精神疾患の方の保険加入のご相談を受け付けています。ぜひお気軽にお電話下さい。

電話で相談する

電話にて相談する

ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが対応いたします。保険でお悩みな点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポートいたします。

電話番号

0120-880-081

受付時間

月曜~金曜:
9:00~20:00
土曜・祝日:
9:00~18:00

※日曜は休み

対面で相談する

電話にて相談する

ニッセンライフのコンサルタントもしくは提携している共同募集代理店のコンサルタントが直接お会いし、お客様のライフプランに関するご相談や、ご家庭の問題解決策として保険のご提案をいたします。

電話番号

0120-308-887

受付時間

月曜~金曜:
10:00~19:00

※土日祝は休み

メニュー