ニッセンライフの火災保険
  1. ホーム
  2. もっと知りたい
  3. おすすめの記事一覧
  4. 子どものための防災対策まとめ。年齢別防災グッズとあわせて解説

子どものための防災対策まとめ。年齢別防災グッズとあわせて解説

2021/08/11
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
子どものための防災対策まとめ。年齢別防災グッズとあわせて解説

子育て世帯で防災を考えるとき、災害時に子どもたちの保護をどうするのかといった問題が出てきます。

筆者宅にも乳児と幼児がいます。

  • 実際に災害にあったときに、子どもを連れてすぐ動けるのか
  • 大きくなってきた子どもには何を伝えておくべきか
  • 子どもがいる家庭の防災グッズに不足はないか

こうした悩みや疑問があり、家族で話し合いを重ねてきました。

そこで、この記事では筆者が実践している子育て家庭向けの防災対策をまとめました。

ステップごとに順を追って実践していけば、もう防災対策で迷うことはありません。
子どものための防災対策で悩んでいる家庭は、参考にしてください。

ステップ1.もっとも大切な防災対策は家族との話し合い

最初にするべき防災対策は、家族との話し合いです。

話し合っておくべき項目を以下の表にまとめました。

話し合う内容子どもに伝えておくこと
1.災害の種類・場所別の対処方法を確認する(地震)
自宅:テーブルや机の下にもぐり、座布団などで頭を守り、揺れが収まるのを待つ
自宅外:かばんや上着などで頭を守りながら、危険なものから離れて公園などの広い場所に逃げる。学校や幼稚園では先生の指示に従う
(火災)
ハンカチで口・鼻を押さえてすぐ逃げる
(川の氾濫・土砂災害)
土砂災害警戒情報に気をつけ、市町村の避難勧告に従う。浸水や暴風で移動が困難な際は、家の中でできるだけ安全な場所に避難
2.市町村で決められている避難場所を把握しておく小中学校など、最寄りの避難場所とそこまでのルートを確認。子どもが迷わず行けるように教えておく
3.災害に備えた各自の役割を決める災害時の役割を家族で決めておく。子ども専用の防災バッグを持ち出す役割、兄弟間で親に連絡する役割など、子どもにも役割を与えておく
4.家の中で危険な場所はないかを確認災害時の転倒・落下に備えて家具の配置をしたり、住宅の補強をしたりするところを、子どもに見せておく。子どもに「家の中で危ない場所」をわからせておく
5.住んでいる町のハザードマップを見るハザードマップで水害や土砂災害が起こりやすい場所を確認しておき、子どもに「家の外で危ない場所」をわからせておく
6.災害時の連絡ルールを決めておく離ればなれになった時はどうやって連絡を取るのか、連絡のルールを決めて共有しておく
7.子どもに災害時に使える連絡手段を教えておく親の連絡先を書いたメモを常時携帯させておく。災害伝言ダイヤル(電話)や災害伝言版サービス(Web)や公衆電話の使い方、和式トイレの使い方を教えておくなど
8.防災バッグの場所と中身。使い方を確認しておく防災バッグの中にある携帯用トイレや防寒具、懐中電灯など、ふだん使わないものの使い方を教えておく

子どもが年中~年長以降になれば、ある程度大人の話も理解できるようになります。
常日頃から「地震や火事が起きたらどうする?」と子どもに問いかけながら、家族全員で話し合いましょう。

以前の筆者もそうだったのですが、防災バッグの用意で安心してしまう家庭は多いです。

しかし防災バッグがあっても、それをいつ・どのタイミングで持ち出すのか。中に何が入っているのかを家族全員が把握しておかなければ、いざというときにうまく活用できません。

警視庁によると、こんな家庭も多いようです。

<警視庁警備部災害対策課のツイート>

災害時の状況を想定して話し合いをしておけば、万一の際に行動しやすいのではないでしょうか。

ステップ2.家族用・子ども用の防災バッグを準備

家族間で話し合いができたら、防災バッグの準備です。

子育て世帯では、家族の防災バッグと子どものための防災バッグをそれぞれ用意しましょう。

<家族の防災バッグ>
総務省によると、家庭用防災バッグで最低限必要なグッズは以下のとおりです。

“印かん、現金、救急箱、貯金通帳、懐中電灯、ライター、缶切り、ロウソク、ナイフ、衣類、手袋、ほ乳びん、インスタントラーメン、毛布、ラジオ、食品、ヘルメット、防災ずきん、電池、水“
引用元「地震などの災害に備えて」(総務省消防庁ホームページ)
https://www.fdma.go.jp/publication/database/activity001.html

このほか、被災された方の体験談をもとに各家庭で必要なものを揃えていきましょう。

警視庁警備部災害対策課のTwitterでは、被災者の意見を元にさまざまな情報共有がされています。こうしたTwitterの情報をたどるのもおすすめです。

子育て世帯では、上記のほかに子ども用の防災バッグが必要です。
ここでは、子どもの年齢別にバッグに入れておきたい防災グッズを紹介していきましょう。

【0歳-1歳】乳児期の防災バッグの中身

乳児期の赤ちゃんは、自分で歩くことも食べることもできません。

そのため乳児期の防災バッグ作りでは、以下のポイントに気をつけて防災グッズを用意しましょう。

<防災バッグ作りのポイント>
ミルクや離乳食の備えは多めにしておく
赤ちゃんを抱っこしながら持ち運びしやすい形のバッグにしておく
<最低限必要な防災グッズ>
紙おむつ(3日~1週間分)
おむつを入れる消臭袋
おしりふき
赤ちゃんの着替え(3日~1週間分)
授乳セット(授乳ケープ、液体ミルク、哺乳瓶など。ミルクは多めにあるといい)
市販のベビーフード・離乳食(1週間分。多めにあるといい)
歯磨きシート・液体歯磨き粉
避難時には赤ちゃんの「愛用品」を入れる

とくに重要なのが、いつも使っている「愛用品」です。
普段使っているガラガラ、ママの匂いがするブランケット、寝るときに欠かせないぬいぐるみなど、赤ちゃんが安心するものを入れておくことをおすすめします。

慣れない避難生活で夜泣きやグズリが続けば、親も消耗してしまいます。
親子のメンタルを保つためにも、赤ちゃんの愛用品は必ず持ち運ぶようにしましょう。

【2歳-5歳】幼児期の防災バッグの中身

幼児期になるとおむつが外れ、親の言うことを理解できるようになってきます。

そのため幼児期の防災バッグ作りでは、以下のポイントに気をつけて防災グッズを用意しましょう。

<防災バッグ作りのポイント>
おむつ外れの状況にあわせてバッグの中身をこまめに見直す
「何かあったらこのバッグを持ち運ぼうね」と、防災バッグの存在を伝えておく
絵本やおもちゃで不安を緩和できるようにしておく
<最低限必要な防災グッズ>
紙おむつ(3日~1週間分。子どもの成長にあわせて調整)
おむつを入れる消臭袋
おしりふき
子どもの着替え(3日~1週間分)
子ども用の非常食・水・携帯用トイレ(多めに入れておく)
子ども用の衛生用品(歯磨き・歯ブラシなど)
絵本、お絵かき用のノート、おもちゃ、ゲーム、ぬいぐるみなど
子ども用マスク

話がわかるようになってくるとは言っても、まだまだ子どもです。
親と離れることで食欲がなくなったり、眠れなくなったりする可能性も考えられます。
乳児期と同様に絵本やおもちゃなど、子どもが落ち着くもの・好きなものをバッグに入れておきましょう。

【6歳以降】小学生の防災バッグの中身

6歳以降の小学生時期には、大人用の防災バッグとほぼ同じグッズを揃えておけばいいでしょう。

ただ、しっかりしているとは言ってもまだ小学生。
避難場所では暇を持てあましたり、不安になったりすることもあるでしょう。

東日本大震災の被災経験者によると、長期間の避難生活は退屈で、持っていたトランプやオセロといったゲームが非常に役立ったそうです。

コンパクトで持ち運びやすく、複数人で遊べるゲームは避難生活に役立つはず。
こうした「時間をつぶせる」系の気軽なゲームも入れておくといいでしょう。

また小学校高学年の女の子がいる場合は、生理用品も欠かせません。
生理がきていない場合でも、念のために多めに生理用品を入れておけば万一の際は安心です。

ステップ3.防災意識を高める防災遊びを日常に取り入れる

ステップ3.防災意識を高める防災遊びを日常に取り入れる

災害は、思いがけず起こります。

常日頃から災害の意識を持っておかなければ、とっさに動くことはできません。
防災について話し合うだけではなく、日常的な遊びで子どもの防災意識を高めることが大切です。

<日常的にできる防災遊び>
花火や子どもと行う料理の際に、火の危険性と使い方を教えておく
防災意識が芽生える塗り絵や絵本を遊びに取り入れる
各市区町村の「防災塗り絵」参考↓
https://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/bosai/bo_college/nerimaru_nurie.html
http://kyotobousai-c.com/images/nurie01.pdf
災害時に使える簡易トイレやスリッパを新聞紙で作ってみるなど、万一の際を想定した手作り遊び
懐中電灯やラジオなど、普段使わない防災グッズを使った遊びをしてみる

国土交通省では、子どもの防災教育に使える素材や教材を集めたページを開設しています。
「防災教育ポータル」

多数の教育現場でも取り入れられている防災教育。
自宅でも日常的に行えば、親子で災害への意識を高めていけるのではないでしょうか。

まとめ

子どもがいる家庭の防災対策でもっとも重要なのは、家族全員で同じ意識を持つことです。

せっかく立派な防災バッグを用意しても、その存在を知っているのは大人だけ。
こんな状態では、万一大人とはぐれた場合に子どもだけで迅速に動くことができません。

子どもを守るためには、常日頃から家族全員で話し合い、災害時にどう動くのかをシミュレーションしておく必要があります。

子育て世帯では、以下のステップに従い防災対策を取り入れてみてください。

  • 家族で話し合う
  • 防災バッグを準備する
  • 防災遊びで防災意識を高める

子どもは大人が思っている以上に賢いものです。
日常の遊びに防災も取り入れていけば、万一の災害に役立つ「生きる力」が鍛えられるのではないでしょうか。

防災グッズで身を守る備えができたら、次は保険を見直してみませんか?

複数社の火災保険の一括見積をしたい方はコチラ

一括見積り作成を依頼する
出典

「災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~」(首相官邸ホームページ)
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html

「災害用伝言ダイヤル(171)」(NTT東日本)
https://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/

掲載内容は執筆時点の情報であり、変更される場合があります。
出典に記載されているURLは、執筆時のリンク情報のため、アクセス時に該当ページが存在しない場合があります。

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク

【引受保険会社】

  • ジェイアイ傷害火災保険株式会社

  • 損害保険ジャパン株式会社

  • 東京海上日動火災保険株式会社

  • 楽天損害保険株式会社

  • ソニー損害保険株式会社

  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

  • SBI損害保険株式会社

【注意事項】

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、ニッセンライフまでお問い合わせください。
この比較表示には保険商品内容の全てが記載されているわけではありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。また、必ず、「契約概要」やパンフレット等で保険商品全般についてご確認ください。