ホーム > 保険を学ぶ > 緩和型保険 > 健康状態によって入りやすい保険が違うのはなぜ?

持病がある方の保険選び

健康状態によって入りやすい保険が違うのはなぜ?

持病がある人と持病がない人で入りやすい保険が違う理由は、保険制度にあった!

一般的に、持病がある方は、持病のない健康な方を対象とした通常の保険に加入することは難しくなります。

保険制度は、保険会社が契約者から集めた「保険料」を原資に運営されています。
病気やケガ、事故にあった場合に、集めた保険料から保険会社が「保険金」を適切に支払うため「保険料の総額」と「保険金の総額」は同等でなければなりません。

しかし、病気にかかる可能性は年齢や性別など人によって異なるため、保険事故(保険会社が保険金や給付金を支払う出来事)が発生する確率の高い人と確率の低い人が同じ保険に加入すると、保険会社が支払う保険金や給付金は公平ではなくなるため、保険制度が安定しないことになります。

過去に大きな病気にかかった方や現在治療中の方、将来入院や手術を受ける可能性の高い方が健康な方と同じように通常の保険に加入することが難しくなるのは、このような理由があるからです。

緩和型
保険
目次
緩和型保険目次

持病がある方の保険選び

告知書は正しく書いて加入の選択肢を広げる

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ