ホーム > 保険を学ぶ > 緩和型保険 > 持病があっても入りやすい保険のメリット

持病がある方の保険選び

持病があっても入りやすい保険のメリット

持病の悪化や再発も保障。病気の種類や病歴の告知は一切不要!

持病がある方が入りやすい「引受基準緩和型保険」のメリットは、持病が悪化した場合や持病の再発にもそなえられることです。

この保険は、通常の保険よりも保険料が割増になっているなどの条件はありますが、持病の悪化や再発も保障します。

また、保険申し込みの際に必要な「告知書」も、通常の保険であれば通院や投薬の有無、過去の病歴など8~10項目程度の質問事項(告知項目)に回答することになりますが、「引受基準緩和型保険」の場合、 この告知項目は3~5項目となり、その内容も簡素化されています。

例えば…

  1. 過去3カ月以内に医師から入院・手術を勧められていますか?
  2. 過去2年以内に入院・手術をしていますか?
  3. 過去5年以内にがんまたは肝硬変で治療を受けていますか?

保険会社によって異なる告知項目

病気の種類や入院・手術の詳細について告知する必要は一切なく、すべて「はい」「いいえ」で回答できるものになっていますが、告知項目は保険会社によって異なります。

持病がある方の保険選び

通常の保険、持病があると入れない?

緩和型
保険
目次
緩和型保険目次

持病がある方の保険選び

健診で要再検査…今から保険に入れる?

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ