その他損害保険商品「ゴルファー保険」

ゴルファー保険ってどんな保険?

ゴルフのプレー中に起きた事故やけがを補償してくれるゴルファー保険。ゴルフをする人には加入をおすすめします。

自分・他人・道具・ホールインワンの4つが補償対象

ゴルファー保険はその名のとおり、ゴルフをする人がプレー中の「万が一」に備えて入る保険です。ゴルファー保険またはゴルフ保険という名称で多くの保険会社が取扱っていますが、いずれも主な補償対象は下表の4つです。

表 ゴルファー保険の補償

自分への補償 ゴルフのプレー中に受けた事故やけがが補償される。ゴルフコース内で転んで足をくじいた、自分の打ったボールが木に跳ね返って頭に当たってけがをした、など。
他人への補償 プレー中に自分が原因で他人にけがを負わせた場合を補償。自分が打ったボールが前の組の競技者に当たってしまった、素振りをしていてクラブが同行者に当たってしまってけがをさせてしまった場合など。
道具の補償 ゴルフ用品の破損や盗難などが補償される。ゴルフクラブが折れてしまった、ゴルフバッグを盗まれた場合など。
ホールインワンの補償 ホールインワンをすると、同行者や友人を招いてパーティを開く、記念品を配ることが慣例となっているが、この費用を補償。多くの保険会社ではホールインワンおよびアルバトロスが対象とされている。

補償されるのは損害の実費分のみ

ゴルファー保険で補償されるのは損害の実費分、つまりけがの治療費やホールインワン記念パーティにかかった金額分です。日額10,000円などの入院給付金が支払われる医療保険などとは異なり、実損以上には出ません。

けがの治療費なら病院の領収書が必要で、ホールインワン記念パーティの場合は各種支払いを証明する請求書など、必要な書類が保険によって詳しく決まっています。事前に内容をよく確認しておきましょう。特にホールインワンが認められる条件は、キャディ付きのプレーに限る、キャディの他に第三者の証明が必要など、細かい規定があるので確認しておきましょう。

ゴルフ当日または前日に入れる保険もある

確率は高くはないとはいえ、ゴルフは他人に大きなけがを負わせてしまう可能性のあるスポーツです。頻繁にゴルフをする人ならぜひ加入したいですが、迷うのはつきあいで年1〜2回しかしないという人です。実はそのような人に向く短期のゴルファー保険もあります。

1年契約が一般的なゴルファー保険ですが、3泊4日や最短1日、つまりゴルフをするその日だけ有効な保険もあるのです。しかも、保険会社によっては、前日申込みや当日申込みが可能な商品もあります。急なお誘いや、会社のコンペに参加することになったら、お守り代わりに気軽に入れるゴルファー保険で万が一に備えましょう。

免責・禁止事項

このページは、保険、金融、社会保険制度、税金などについて、一般的な概要を説明したものです。
内容は、2018年4月時点の情報にもとづき記載しております。定期的に更新を行い最新の情報を記載できるよう努めておりますが、内容の正確性について完全に保証するものではございません。
掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であってもニッセンライフは一切の責任を負いかねます。
文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。
保険商品等の詳細については、ニッセンライフへお問い合わせください。

ページトップへ