保険のしくみ「リスクと保険」

グルリ360度の図でリスクと保険を理解しよう

保険はさまざまなリスクに備えることで、家庭の安心をキープできるものです。保険でカバーできる保障(損害保険は補償)は多岐にわたります。生命保険と損害保険のそれぞれでカバーできる範囲を知り、わが家の備えは万全かをチェックしましょう。

生命保険でカバーできるのは主に「いのち」と老後!

生命保険でカバーできるのは、主に「いのち」と老後です。いのちに関わる保険は、一家の大黒柱の死亡に備える保険と死亡と生存の両方に備えられる保険に大きくは分かれます。前者は定期保険や逓減定期保険、収入保障保険です。一定期間の高額な死亡保障を割安な保険料で得られます。後者は、2つに分かれます。1つは、死亡に備えつつ、何らかの資金準備も兼ねられる終身保険、養老保険、こども保険(学資保険)です。終身保険と養老保険は主に老後資金、こども保険(学資保険)は子どもの教育資金を準備するための保険です。もう1つは、どちらかというと生存(治療費の準備)に重きを置いている三大疾病保険などです。三大疾病とは、がん・急性心筋梗塞・脳卒中です。

老後に関わる保険は、老後資金を準備するための個人年金保険、要介護状態になったときの費用に備える介護保険です。

損害保険は自動車・財産・賠償・レジャーの補償をカバー!

損害保険でカバーできるのは、自動車、財産、賠償、レジャーなどです。自動車保険は、車を持っている人は加入が義務付けられている強制保険(自賠責=自動車損害賠償責任保険)と加入は任意であるものの入っておくべき自動車保険があります。財産の保険は、建物と家財の火災保険、建物と家財の地震保険です。持ち家の人は両方、賃貸住まいの人は家財に加入します。

賠償の保険は、賃貸住まいの人は借家人賠償責任保険、一家に1つは入っておきたい個人賠償責任保険があります。個人賠償責任保険は、自動車保険か火災保険などの特約としてつけるのが一般的です。レジャーの保険は、ゴルファー保険や (国内・海外)旅行保険など、さまざまな保険が存在します。

備えは万全?グルリ360度の図でチェックしてみよう

生命保険と損害保険の両方でカバーできるのは、入院とけがです。入院でかかる医療費の備えは医療保険で、入院や自宅療養で収入ダウンや途絶の備えは所得補償保険でできます。けがについては、主に損害保険会社で販売している傷害保険がカバーします。

これまで説明してきたことを、わかりやすくしたものが下の「家庭の安心 グルリ360度 備えは万全ですか?」です。みなさんの家庭の備えはできているか、現在、加入している保険を塗りつぶして確認してみましょう。

グルリ360度の図

グルリ360度の図

資料提供:損害保険ジャパン日本興亜株式会社

免責・禁止事項

このページは、保険、金融、社会保険制度、税金などについて、一般的な概要を説明したものです。
内容は、2018年4月時点の情報にもとづき記載しております。定期的に更新を行い最新の情報を記載できるよう努めておりますが、内容の正確性について完全に保証するものではございません。
掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であってもニッセンライフは一切の責任を負いかねます。
文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。
保険商品等の詳細については、ニッセンライフへお問い合わせください。

保険のしくみ「保険のしくみ」

保険の基本的なしくみとは?

保険の
基礎知識
目次
保険の基礎知識目次

保険のしくみ「生保と損保の違い」

生命保険と損害保険の違いって何?

ページトップへ