保険のしくみ「生保と損保の違い」

生命保険と損害保険の違いって何?

生命保険は「ヒト」、損害保険は「モノ」の保険

生命保険はその名の通り「人の生命に関する保険」、損害保険は「物が損害を受けた時に補償してくれる保険」です。生命保険は「ヒト」、損害保険は「モノ」の保険と言われますが、「ヒト」と「モノ」の違いだけでなく、保険の対象や保険金の支払い方などに違いがあります。

保険業法によると保険の分類は次のようになっています。

第一分野保険:人の生存又は死亡に関し、一定額の保険金を支払うことを約し、保険料を収受する保険
第二分野保険:一定の偶然の事故によって生ずることのある損害をてん補することを約し、保険料を収受する保険
第三分野保険:人が疾病にかかったこと等の事由により、一定額の保険金を支払うこと又はこれらによって生ずることのある損害をてん補することを約し、保険料を収受する保険

生命保険会社は第一分野保険、損害保険会社は第二分野保険を取り扱い、第三分野保険については生命保険会社、損害保険会社両方で取り扱われています。

生命保険会社が扱う保険は定額払い

生命保険会社で取り扱われる第一分野保険には、人が亡くなったときに払われる終身保険や定期保険、収入保障保険、養老保険などがあります。このような保険に加入することで病気や事故、災害などで亡くなった場合、保険金が支払われます。

第三分野保険としては、医療保険やがん保険、介護保険なども生命保険会社で取り扱われています。医療保険は病気や事故、災害などにより入院・手術した場合、入院給付金や手術給付金、通院給付金などが支払われます。がん保険はがんに限り入院給付金や通院給付金などが支払われます。またがんと診断されたときに所定の一時金を受け取れる給付金などがあります。介護保険は所定の介護状態になった場合に、介護一時金や介護年金などが支払われます。

生命保険会社の場合、支払われる保険金は実際にかかった額ではなく契約した一定額(定額払い)となります。

損害保険会社が扱う保険は原則実損てん補払い

第二分野保険は損害保険会社で取り扱われます。損害保険は偶然の事故や災害によって発生した損害を補償する保険です。自動車保険や火災保険、地震保険、海外旅行保険などがあります。

また第三分野保険として、医療保険やがん保険、介護保険、傷害保険なども損害保険会社で取り扱いがあります。医療保険やがん保険、介護保険については、生命保険会社と同様に給付金が支払われますが、傷害保険については偶然の事故や災害によって発生した傷害についてのみ補償されます。

損害保険会社の場合、支払われる保険金は、原則実際の損害額(実損てん補払い)となります。しかし、第三分野保険に関しては支払われる保険金は定額払いが基本ですが、実際にかかった入院治療費の自己負担分に応じて保険金を支払う実損てん補払いタイプの医療保険やがん保険なども損害保険会社で取り扱われています。

免責・禁止事項

このページは、保険、金融、社会保険制度、税金などについて、一般的な概要を説明したものです。
内容は、2018年4月時点の情報にもとづき記載しております。定期的に更新を行い最新の情報を記載できるよう努めておりますが、内容の正確性について完全に保証するものではございません。
掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であってもニッセンライフは一切の責任を負いかねます。
文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。
保険商品等の詳細については、ニッセンライフへお問い合わせください。

保険のしくみ「リスクと保険」

グルリ360度の図でリスクと保険を理解しよう

保険の
基礎知識
目次
保険の基礎知識目次

保険のしくみ「生命保険の加入率は?」

生命保険の加入率はどれくらい?

ページトップへ