がん保険とは「がんの平均入院日数」

がんの平均入院日数と三大治療

もしもがんになってしまったら、治療方法や入院、手術など、がん治癒に向けて決めなければいけない事や、覚悟すべきことがたくさんあります。
入院する事になったらどのぐらいの期間入院するのか、また現在のがん治療の傾向についても、事前に知っておくことで様々な対策を取ることに繋がります。

がんの平均入院日数

がんの平均入院日数

厚生労働省の「患者調査/平成26年」によると、例えば、胃の悪性新生物による平均入院日数は19.3日です。ただしこれば全年齢における平均値で、35~64歳の例で見ると13.9日と比較的短期間であることがわかります。その理由は、現在のがん治療方法が、通院を中心とする治療方法に変わってきたためです。

傷病別・年齢階級別平均在院日数

(単位:日)

傷病名 総数 男性 女性 0~14歳 15~34歳 35~64歳 65歳以上
胃の悪性新生物 19.3 17.8 23.2 5.5 12.1 13.9 21
結腸及び直腸の悪性新生物 18 17.1 19.2 8 10.8 13.5 20
肝及び肝内胆管の悪性新生物 18.8 18.9 18.8 47.8 12.1 15.8 19.3
気管、気管支及び肺の悪性新生物 20.9 19 25.2 10.1 9.8 16.7 22.3
乳房の悪性新生物 12.5 - - 6.8 8.9 15.9 19.8

厚生労働省「患者調査 平成26年度」

がんの三大治療

現代のがん治療の中心は主に「手術(外科治療)」「薬物療法(抗がん剤治療)」「放射線治療」です。これらは、がんの三大治療と言われています(この他の治療方法もあります)。

とくに、「薬物療法(抗がん剤治療)」や「放射線治療」は通院治療で行われることが多く、がんになったら、手術や入院のほかに、長期間の通院が必要になる可能性がある、という事を抑えておく必要があります。

がんの治療方法の例
三大治療 ・手術(外科治療)
・薬物療法(抗がん剤治療)
・放射線治療
その他の
治療例
・薬物療法(ホルモン剤、免疫賦活剤(めんえきふかつざい:免疫力を高める薬剤)等)
・造血幹細胞移植
・免疫療法
・代替療法(健康食品やサプリメント)

このように、がんには様々な治療方法がありますが、医師と相談しながら自分に適した治療方法を選択していくことになります。また最先端の先進医療や自由診療による治療方法もあります。

どれを選べばいいかわからない、他の医師の診断や治療法を再確認したいなどの際にはセカンドオピニオンの積極活用をお勧めします。

免責・禁止事項

このページは、保険、金融、社会保険制度、税金などについて、一般的な概要を説明したものです。
内容は、2018年4月時点の情報にもとづき記載しております。定期的に更新を行い最新の情報を記載できるよう努めておりますが、内容の正確性について完全に保証するものではございません。
掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であってもニッセンライフは一切の責任を負いかねます。
文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。
保険商品等の詳細については、ニッセンライフへお問い合わせください。

有限会社エヌワンエージェンシー

森田直子

がん保険とは「がんの医療費の目安」

がんの医療費はどのぐらいかかるの?

病気やケガに
備える
目次
病気やケガに備える目次

がん保険とは「がん治療」

先進医療と自由診療

ページトップへ