保険を見直すには?「生命保険を見直すのはどんなとき?」

生命保険はいつ見直せばいいの?

生命保険は、時々は見直す必要があります。どんなタイミングで見直せばいいのか、考えてみましょう。

必要保障が変わるライフイベントで見直す

必要保障が変わるライフイベントで見直す

生命保険は、契約が済んだらあとは何もしなくていい、というわけではありません。必要な保障に影響するようなライフイベントがあったときには、見直しが必要です。その例として、次のようなものが挙げられます。

☑社会人になった
自立を機に自分で保険に入りましょう。葬儀費用や奨学金残債程度の死亡保障と、医療保障・がん保障をカバーしましょう。

☑結婚した
お互いに葬儀費用+αの死亡保障と医療保障をカバーしましょう。入っていた保険がある場合は、保険金受取人を配偶者に変更します。また、女性は妊娠すると医療保険に入りにくくなるので、婚約時点で医療保障をつけましょう。

☑子どもが誕生
最も大事な見直しのタイミングです。夫婦ともに死亡保障を厚くして、医療保障や就業不能保険などにもしっかり入りたいもの。また、子どもの教育費の準備用に、学資保険(こども保険)も入りましょう。実際には、妻の妊娠がわかった時点で見直しを。

☑マイホーム購入
住宅ローンを借りてマイホームを購入すると、通常は団体信用生命保険に加入し、万一のことが起きた時はローンが相殺されます。そのため、死亡保障を減らすことができます。逆に、ローンを背負うことで入院や就業不能のリスクは高まります。

☑子供が自立した
子供が社会人になって扶養を外れると、死亡保障額を減らすことができます。代わりに、老後に向けて個人年金保険に加入する、医療保険・がん保険の見直しをする、なども必要です。

そのほかにも次のようなタイミングでも見直しが必要です。

☑会社員から自営業になった、自営業から会社員になった
☑離婚したとき
☑親を扶養・介護することになった
☑相続対策が必要になった(あるいは必要だったことに気づいた)
☑保険の新商品・新サービスが登場した その他

思い当たるものがある場合には、早めに見直しをしましょう。

「定期点検」も1つの方法

上記のようなライフイベントが特になくても、定期的に保険の「点検」をすることは大事です。特に保険に変更が出なくても、内容を確認する意味もあります。

・オリンピックの年に点検
・子どもの卒業年に点検
・毎年、年末に家計の決算時に点検

ご家庭でルールを決めておくといいでしょう。また、保険料が家計の負担に感じられる時なども、見直しのタイミングといえそうです。

免責・禁止事項

このページは、保険、金融、社会保険制度、税金などについて、一般的な概要を説明したものです。
内容は、2018年4月時点の情報にもとづき記載しております。定期的に更新を行い最新の情報を記載できるよう努めておりますが、内容の正確性について完全に保証するものではございません。
掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であってもニッセンライフは一切の責任を負いかねます。
文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。
保険商品等の詳細については、ニッセンライフへお問い合わせください。

保険を見直すには?「保険の見直しはなぜ必要?」

保険って見直さなくてはいけないの?

保険を
見直すには?
目次
保険を見直すには?目次

保険を見直すには?「損害保険を見直すのはどんなとき?」

損害保険はいつ見直せばいいの?

ページトップへ