保険を見直すには?「損害保険を見直すのはどんなとき?」

損害保険はいつ見直せばいいの?

損害保険は、時々見直す必要があります。どんなタイミングで見直せばいいのか、考えてみましょう。

更新の前には必ず見積もりを比較

損害保険では、何といっても更新時が見直しのタイミングとして挙げられます。

自動車保険では1年契約が中心ですが、中には、3年や7年といった長期契約が可能な損保会社もあります。同じ1年更新のタイプでも、利用状況によって安くなる商品があるかもしれませんので、更新前には複数の見積もりを取った上で、しっかり比較するようにしましょう。

火災保険も、1年から10年の間で契約できますが、更新時には必ず見直しをしたいもの。例えば、火災になったときの仮住まい費用が出る特約の有無など、細かな違いがあります。よりニーズに合った火災保険がないか、保険料の比較ではどうかなど、見積もりを取って選びたいものです。

リスクが変化した時にも見直しを

自動車保険に関しては、誰が乗るのか、仕事で使うのか、走行距離はどうか、車両保険を付けるかどうかなど、利用状況によっても保険料は違います。また、例えば、「30歳未満不担保」としていた車を、大学生の息子が乗りたいといいだしたときなど、利用状況が変わってリスクが変化した場合などは、更新前であっても見直す必要があります。

あるいは、火災保険に水災不担保で入っていたものの、昨今の台風の増加や大型化を受けて、やはり水災も補償に加えたいと思うこともあるでしょう。特約のみの付加ができないことも多く、そんな場合は、保険期間中であってもいったん解約をして、見直す必要があります。

他にも、スポーツを始めた、子どもが自転車に乗り始めたなどの変化があった際には、忘れずに補償をカバーしたいものです。

長期契約で保険料率が変化する時なども見直しを

2015年には火災保険が値上げし、2017年は地震保険の値上げなどがありました。 長期契約をしている保険で、保険料が値下げした場合、途中で解約をして入り直した方が得になる場合があります。逆に、値上げすることがわかった場合、長期契約で満期が近ければ、あえて解約をして入り直して、値上げ前の保険料が適用される期間を延ばすのも手です。このとき、保険料の比較をして有利なものを選ぶべきなのは当然です。

こうした変更点などがないか、更新時期に関係なくアンテナを貼っておくことも大事です。できれば、わが家の保険リストを作成し、毎年、内容を更新するだけでも点検になります。

こんな時は損保の見直しを!
□加入している保険の更新が近づいたとき
□家族のリスクに変化があったとき
□長期契約で保険料率が変化するとき
□できれば、毎年年末などに点検を

免責・禁止事項

このページは、保険、金融、社会保険制度、税金などについて、一般的な概要を説明したものです。
内容は、2018年4月時点の情報にもとづき記載しております。定期的に更新を行い最新の情報を記載できるよう努めておりますが、内容の正確性について完全に保証するものではございません。
掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であってもニッセンライフは一切の責任を負いかねます。
文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。
保険商品等の詳細については、ニッセンライフへお問い合わせください。

保険を見直すには?「生命保険を見直すのはどんなとき?」

生命保険はいつ見直せばいいの?

保険を
見直すには?
目次
保険を見直すには?目次

保険を見直すには?「生命保険の見直しのながれ」

生命保険の見直しのながれを知っておこう!

ページトップへ