死亡に関する保険「終身保険」

終身保険ってどんな保険?

一生涯にわたる死亡保障が得られる保険、それが終身保険です。その特徴やメリット、どんな人に向くか、トレンドについて整理しておきましょう。

終身保険の特徴やメリットは?

終身保険はその名の通り、保障が終身(一生涯)続く保険のこと。医療保険にも終身タイプの保険がありますが、一般的には終身型の生命保険(死亡保険)のことをいいます。定期保険と同じように、死亡・高度障害保障を確保する保険です。

また、終身保険は万が一のときの死亡・高度障害保障に加えて、途中解約した場合は解約返戻金があります。解約返戻金については、通常、早い時期に解約するとその金額は少なく、時間の経過とともにその金額は大きくなります。掛け捨て型の定期保険に対し、終身保険は貯蓄性があるので、資産形成の選択肢として使われることもあります。貯蓄性があることはメリットですが、同じ死亡保険金額を保障する定期保険に比べると保険料は高くなります。

終身保険には、通常の「終身保険」のほかにも、「低解約返戻金型終身保険」、「積立利率変動型終身保険」、「変額終身保険」とさまざまなタイプが存在します。保険料の支払い方法も、「有期払い」、「終身払い」、「一時払い」の3つのタイプがあり、支払い方法を選べる商品と、一時払い終身保険のように選べない商品があります。

現在、有期払いの終身保険は「低解約返戻金型」が主流です。

図表1 払込み方法で見た終身保険のイメージ


図表1 払込み方法で見た終身保険のイメージ

終身保険はどんな人に向く?

保障設計において、終身保険はどんな人に向く商品でしょうか。4つの例を挙げてみます。

1・保険料が安くても掛け捨て保険はイヤという人
掛け捨ての定期保険は好きになれない。そんな人には、掛け捨てにならない終身保険が向きます。

2.死亡保障が途中でなくなるのが不安な人
一生涯の死亡保障がある終身保険が向いています。将来、自分の葬儀費用や相続対策に役立てることができます。

3・子どもがいない共働き夫婦
高額の死亡保障は必要ないが、自分の葬儀費用くらいは準備しておきたいという場合にも、この保険は向いています。ある程度、長生きをしても、残された家族に一定の資金を残すことができます。

4・資産運用が苦手な人
保障は保障、資産運用は株や債券で運用するという人もいるでしょう。でも、そんなことは面倒で苦手という人は、資産形成の一つの手段として考えてもいいでしょう。ただし、いつの場合も解約返戻金が払込保険料を上回るわけではありませんので、資産として利用する場合は注意が必要です。

特に、低金利が長引き、終身保険の貯蓄性は一段と下がっているので、その点も承知しておきましょう。低金利の影響をダイレクトに受ける一時払い終身保険は、販売を中止している会社もあります。

免責・禁止事項

このページは、保険、金融、社会保険制度、税金などについて、一般的な概要を説明したものです。
内容は、2018年4月時点の情報にもとづき記載しております。定期的に更新を行い最新の情報を記載できるよう努めておりますが、内容の正確性について完全に保証するものではございません。
掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であってもニッセンライフは一切の責任を負いかねます。
文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。
保険商品等の詳細については、ニッセンライフへお問い合わせください。

死亡に関する保険「逓減定期」

逓減定期保険ってどんな保険?

死亡保険
目次
死亡保険 目次

死亡に関する保険「引受基準緩和型定期保険」

引受基準緩和型定期保険ってどんな保険?

ページトップへ