1. ホーム
  2. 保険を学ぶ
  3. 死亡に関する保険
  4. 三大疾病終身保険

死亡に関する保険「三大疾病終身保険」

三大疾病終身保険ってどんな保険?

終身の死亡保険に加えて、三大疾病にそなえられる保険です。その特徴やメリット、どんな人に向くか、そして、そのトレンドについて整理しておきましょう。

三大疾病終身保険の特徴やメリットは?

三大疾病とは、がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中をさします。日本人の死因の上位を占めており、他の病気に比べて入院が長引いたり治療費が高額になるリスクがあります。通常の死亡保障だけでなく、この三大疾病にもそなえることができるのが三大疾病終身保険です。保険会社によっては三大疾病保険、特定疾病保険などと呼ばれています。

この保険は三大疾病にそなえられますが、病気にかかっただけでは保険金給付の対象にはなりません。がんだけは、「がん(悪性新生物)と診断された」だけで保険金が支払われますが、上皮内がんは支払いの対象外のケースがほとんどです。

注意したいのは急性心筋梗塞と脳卒中の場合です。急性心筋梗塞は、「初診日を含めて60日以上の労働制限が必要な状態が続いたと医師に診断されたとき」、脳卒中は「初診日から60日以上、言語障害・運動失調・麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が続いたと医師に診断されたとき」などと、比較的厳しい条件があります。1日入院すると入院給付金が支払われるような医療保険とは、全く違う保険なので注意しましょう。また、この給付条件は保険会社によって違いがありますので、どんなときに保険金が受け取ることができるのか、しっかりチェックしておくことが必要です。

三大疾病終身保険のイメージ図


三大疾病終身保険のイメージ図

三大疾病終身保険はどんな人に向く?

三大疾病終身保険はどんな人に向く商品なのでしょうか。
がん・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になったとき、治療費や介護費用、生活費にあてるための保険金(一時金)を用意しておきたい人、そして、死亡保障もあるので家族のため、自分の葬儀代などにそなえたい人に向いています。

給付条件が緩和されている商品や特約を付加できる商品も!

三大疾病にかかった場合の保険金の給付に、比較的厳しい条件がある保険ですが、上皮内がん(上皮内新生物)と診断された場合でも一部保険金が受け取ることができるなど、給付条件が緩和されている保険もあります。また、入院給付金などの特約を付加できる保険もあるので、給付条件とあわせてチェックしてみましょう。

免責・禁止事項

このページは、保険、金融、社会保険制度、税金などについて、一般的な概要を説明したものです。
内容は、2019年11月時点の情報にもとづき記載しております。定期的に更新を行い最新の情報を記載できるよう努めておりますが、内容の正確性について完全に保証するものではございません。
掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であってもニッセンライフは一切の責任を負いかねます。
文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。
保険商品等の詳細については、ニッセンライフへお問い合わせください。

子どもマネー総合研究会

執筆 小川千尋

トップへ