医療保険「先進医療給付金のしくみ」

先進医療の費用の相場と先進医療保障のしくみ

ここ数年、先進医療や先進医療給付金などの言葉を保険会社のCMなどでよく耳にします。
しかし、実際どんな医療が先進医療なのかご存知でしょうか?
ここでは先進医療と先進医療給付金について解説していきます。

先進医療とは?

先進医療とは?

先進医療とは、大学病院などの医療機関で研究・開発された医療技術のことで、厚生労働省が保険対象にするか検討している医療とも言われています。
先進医療の安全性と治療効果は確保されているため、治療を受けたい人もいるでしょう。
しかし、費用は健康保険の適用外のため、治療費は全額自己負担になってしまう上に、一般的な治療費より高額となる場合があります。健康保険適用外で高額な技術料が必要になる場合がある先進医療は、実際にどのくらいかかるのでしょうか。

表1)

先進医療 年間実施件数 上位順 (1~5位)

先進医療技術名 1件あたりの先進医療費用 平均入院期間 年間実施件数
多焦点眼内レンズを用いた水晶帯再健術 58万1,224円 1.2日 14,433件
前眼部三次元画像解析 3,484円 0.3日 11,595件
陽子線治療 276万5,086円 12.6日 2,319件
重粒子線治療 314万9,172円 7.0日 1,558件
Eウイルス感染症迅速診断
(リアルタイムPCR法)
1万4,607円 58.2日 255件

中央社会保険医療協議会 総会(第384回)
平成29年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告について
出典:厚生労働省 平成29年度 先進医療の実施報告から計算(平成28年7月1日~平成29年6月30日)

治療法によって費用も様々ですが、がん治療で陽子線治療や重粒子線治療をする場合は、高額になる傾向があります。

先進医療給付金は必要?

先進医療特約は、医療費が高額になる傾向にあるため、付加しておくことをおすすめします。特約を付帯しておけば先進医療しか病気を治す術がない方や、よりよい医療を受けて治したい方は先進医療の給付を受け取ることができます。
先進医療給付金の多くは、技術費用実費と同額が支払われ、通算2000万円が上限となっています。また、特約の保険料の多くは、100円程度と低い金額です。したがって、治療の選択幅を広げるためにも、先進医療特約を付加しておくことをおすすめします。
保険期間は、終身型と更新型があります。一生保険料が上がらないのが終身型。更新型は、更新ごとに保険料が上がる可能性はありますが、必要な時期だけ備えられ、保障の見直しを一定期間ごとにできる使い勝手の良さがあります。どちらかご自分にあった方を選ぶとよいでしょう。

先進医療技術を受けられる医療機関は決まっています。

先進医療はどこの病院でも実施しているわけではありません。つまり受けられる医療機関は決まってしまっているため、病院が遠い場合には、交通費や宿泊費がかかってしまうことを念頭に置きましょう。
先進医療給付金は、技術料実費と同額の給付金が支払われるタイプが多い中、一時金をプラスして給付するタイプもあります。一時金は、病院までの交通費や宿泊代などの負担分として活用することができます。
お住まいの地域によっては、遠くの病院まで行かざるを得ないケースもあるでしょう。そのような方は、先進医療に一時金が付くタイプの保険を選んでみてはいかがでしょうか。
※「先進医療」とは、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。 また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。

免責・禁止事項

医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

AFH234-2018-5179 5月23日(200523)

K&Bプランニング

小澤美奈子

医療保険「手術給付金のしくみ」

手術給付金のしくみと給付額

医療に
関する保険
目次
医療に関する保険 目次

医療保険「通院給付金のしくみ」

最近は通院治療が主流?通院給付金のしくみ

ページトップへ