保険商品のしくみ「生命保険と損害保険の両方にまたがる保険商品」

病気やけがに備える保険は、生保にも、損保にも

保険会社が扱う保険の種類は、生保固有の分野(第一分野)、損保固有の分野(第二分野)が保険業法によって決められています。しかし、病気やけがなどに関する保険は第三分野として、生保会社、損保会社の両方で扱われています。

表 保険商品の取扱い分野

生命保険
(第一分野)
損害保険
(第二分野)
傷害保険・医療保険など
(第三分野)
保険取扱い 生命保険会社 損害保険会社 生命保険会社および損害保険会社
保険事故 人の生存・死亡 偶然な事故 傷害・疾病など
保険金支払い 定額払い 実損払い 定額払いおよび実損払い

日本損害保険協会 損害保険Q&A「Web版そんぽQ&A」より

医療保険は、病気やけがによる入院などを保障(補償)

医療保険は、病気やけがによる入院などを保障(補償)

医療保険やがん保険、介護保険は、生保会社から多くの商品が発売されています。

医療保険は、病気やけがによる入院や手術などに対して給付金が受取れる保険です。入院給付金は「1日5,000円、1入院あたり60日、通算1,000日」といった支払日数の制限があります。保険期間が一定の定期タイプと、保険期間が一生涯の終身タイプがあります。

一方、がん保険は、「がん」に対象を絞って、がんと診断されたときの診断給付金、がんで入院した場合の支払日数無制限入院給付金など受取れる保険です。治療のための給付金が一時金で支払われるタイプや、治療のためにかかった実費を負担するタイプなどもあります。

また、介護保険は、介護が必要な状態になり、その状態が一定期間継続した場合に一時金や年金が受取れる保険です。「介護が必要な状態」の判定基準が公的介護保険の要介護認定に連動する商品もあります。保険期間が一定の定期タイプと、一生涯を保障(補償)する終身タイプがあります。

傷害保険は、「急激・偶然・外来の事故」によるけがが対象

傷害保険や所得補償保険は、多くの損保会社で扱われています。

傷害保険は、「急激・偶然・外来の事故」によるけがで、入院や通院、手術、後遺障害、死亡の場合などに保険金が受取れる保険です。普通傷害保険、交通事故傷害保険、海外旅行傷害保険など、いくつかの種類があります。

所得補償保険は、病気やけがで働けなくなった場合に補償を受けられる、損保会社で扱われる保険です。生保会社にも、病気やけがで働けなくなった場合の保険として「就業不能保険」があります。

免責・禁止事項

このページは、保険、金融、社会保険制度、税金などについて、一般的な概要を説明したものです。
内容は、2018年4月時点の情報にもとづき記載しております。定期的に更新を行い最新の情報を記載できるよう努めておりますが、内容の正確性について完全に保証するものではございません。
掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であってもニッセンライフは一切の責任を負いかねます。
文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。
保険商品等の詳細については、ニッセンライフへお問い合わせください。

保険商品のしくみ「代表的な損害保険商品」

代表的な損害保険商品にはどんなものがある?

保険の
基礎知識
目次
保険の基礎知識目次

保険商品のしくみ「保険会社以外の保険商品」

共済組合でも保障(補償)商品を販売している

ページトップへ